こんにちは、TABIPPO編集部の伊藤美咲です。いつもは個々で旅に出ているTABIPPOメンバーですが、今回は「メディアマーケチーム」の合宿と題してチームメンバーで2泊3日の旅に出てきました。

今回の行き先は、熊本県の阿蘇と宮崎県の高千穂! 全国各地にいるTABIPPOメンバーは、普段基本的にオンライン上でやりとりしているので、こうして直接顔を合わせて集まるのが実は貴重な機会だったりします。

今回旅したメディアマーケチームの8名。年齢も居住地もさまざま

旅する中で、その地域の魅力を味わうのはもちろん、チーム内の交流も深める良い旅になりました。今回はそんなチーム旅行の楽しみ方をお届けすると同時に、TABIPPOにはどんなメンバーがいるのかもご紹介したいと思います。

ぜひ、TABIPPO自体のことも、さらに興味を持っていただけたら嬉しいです。一緒に働く新しい仲間も絶賛募集中なので、気になる方は最下部の情報をご覧ください!

TABIPPOメディアマーケチームのメンバーたち

主に、本メディア「TABIPPO.NET」運営や公式SNSの運用を担当しているのが、私たち「メディアマーケチーム」です。まずはひとり残らず個性豊かすぎるメンバーを、ご紹介したいと思います。(訪れた旅館でそれぞれが選んだ浴衣とともに…!)。

Photo by Shigeki Naganuma

まずは女性メンバー。左からALLYさん(以後ありー・ディレクター)、さっちゃん(デザイナー)、(ライター)、あすなさん(ライター)、なな(デザイナー)。

Photo by Asuna Igari

男性メンバーは、左からぬまさん(ディレクター)、はやと(マーケティングディレクター)、嵐さん(ディレクター)。

この8名で旅をしてきました。今回は残念ながら参加できなかった編集者の伊佐知美さんも、一緒に楽しく働くメンバーです。

普段の拠点は千葉、長野、和歌山、熊本など、みんな日本全国にバラバラ。ときどき海外へ出向くメンバーもいるので、日本どころか世界中バラバラになることも少なくありません(笑)。

TABIPPOのオフィスは東京都心にありますが、東京拠点は私だけでした…珍しい!契約形態も、正社員や業務委託が半々くらいで、みんながフレキシブルに働いています。

阿蘇へゴーゴー!

メンバー紹介もしたところで、ここからは旅の様子をお届け。全国各地から熊本空港に集合した後、阿蘇のブランド牛「あか牛」をランチでいただくべく、「よかよか亭」へ。

ひさびさのメンバーとの旅行に盛り上がる移動中の車内では、「ゴーゴー!阿蘇ゴーゴー!」と絶景に向かって叫ぶ嵐さんや、「あか牛ってどういう区分なんだろう… 和牛って4種類しかいないらしいよ」なんて、ご当地の知識が気になるぬまさんによる、ご当地クイズ大会などが繰り広げられていました。

よかよか亭に着くなり、ドカンと掲げられてあるあか牛丼のきらびやかな姿を見て、空腹な一同はしばし静寂に…。ドキドキしながら、それぞれがメニューリストを広げます。

Photo by Shigeki Naganuma

「あか牛丼」や「あか牛ハンバーグ」など各々好きなものを注文し、地域の味を堪能!

あすなさんのフィット感がすごく可愛い。 Photo by Shigeki Naganuma

続いて、チーム一向は、阿蘇北外輪山の最高峰である「大観峰」へ。

Photo by Shigeki Naganuma

天気にも恵まれ、阿蘇の街並みや阿蘇五岳を一望できました。みんなで同じ景色を見て、思い出を共有できるって素敵〜!

いつも画面越しでミーティングをしているメンバーとも、しっかりと濃厚な時間を過ごせました。旅を大事にする会社ならではの楽しみ方ですね。

いい笑顔!Photo by Shigeki Naganuma

すぐ座るメンバーたち。Photo by Shigeki Naganuma

この日は比較的のんびりとした旅程だったので、ゆっくりと景色を楽しめました。

冬の大観峰は一面にススキが生い茂っていましたが、あすなさんが「夏だと山が緑になって、また違った景色が楽しめるね」と言っていたので、次は夏に来ようと思っています。

Photo by Asuna Igari
旅中は、ぬまさんやあすなさんがたくさん写真を撮ってくれました。改めて… そんな2人のことを紹介したいのですが、

ぬまさん
ぬまさんの職業は、フリーランスのカメラマンだと思われるほど、仕事で撮影される機会も多く、写真自体もものすごく美しいのですが、実は、社員として広告運用などを担当してくれています。みんなが作ったイベントやコンテンツが、より多くの人、確実に届いて欲しい相手の目に止まるように数値を追ったり、リサーチ/アプローチするのがお仕事。みんなが苦手な細かな整理タスクも、毎回頼もしい限りです。
あすなさん
あすなさんのキャリア歴はなんと、もともと学校で勤める教員職! いろいろと新しいライフスタイルを考え直す中で、フリーランスのライターに転職したのだとか。TABIPPOでは業務委託のメンバーとして、さまざまな記事の執筆をしながら、旅以外にビューティー系のメディアでも執筆しています。

(こんな風にそれぞれの職業も働き方も豊かなので、旅の間に紹介をはさんでいきます。しかも、なぜか浴衣の写真…!)

ちなみに、道中では22年の夏に、都内から熊本へ移住したありーさんイチオシの「ASO MILK FACTORY」の飲むヨーグルトやクッキーも購入しました。

Photo by Shigeki Naganuma

ありーさん
ありーさんも業務委託のメンバーで、もともと出版社で女性ファッション誌を作っていた編集者。今は、TABIPPOのようなWEBメディアのコンテンツを企画段階からディレクションしたり、企業との広告物の制作やアーティストの写真集などを作ったりしています。東京での仕事をメインに活動しているのに、離れた場所に移住しても「コミュニケーションを丁寧に取れば、意外とストレスなく仕事ができているよ」とのこと。

今回はこういった機会で、みんなが「熊本に行ってみたい!」と話し合って、全国各地から熊本へ集まってくれたので喜んでいました。

道の駅でも同じお土産を発見し、再び購入する女子陣。Photo by Shigeki Naganuma
今回の旅では、ディレクターのありーさんが記事に落とし込むイメージを常々考えつつ、ライターである私とあすなさんに相談。

デザイナーのななとさっちゃんが「こんな絵がいいね」とさらにアイデアをくれて、みんなで連携して旅を形にしていきます。

なな
ななはハタチ頃からのインターンを経て業務委託メンバーに変化するなど、ライフスタイルに合わせた働き方での変遷が幾度かあり、現在はTABIPPOの社員に。長野の穏やかな村で旦那さんとスローライフを送りながら、デザインを担当しています。バナーなどのクリエイティブ制作のほかに、新しいプロジェクトやパッケージのLP、サイトデザインなども行うデザイナーとして、さまざまなコンテンツを生み出しています。
さっちゃん
さっちゃんも同じくデザイナー! ご両親のお仕事の関係でチリで育った、ラテンの陽気な心を持った、あたたかいママ社員。TABIPPOのお仕事に携わっているあいだに、2人ものお子さんを元気に出産し、在宅で育児をしながら、基本的に普段はリモートワークで参加しています。(でも、この間のタイ・バンコクで行われた社員の海外合宿に、子供2人を連れて参加していたのを見て、こんなライフスタイルって本当に憧れだし、TABIPPOって素敵な会社だなと改めて思いました)。

せっかくの会える機会なので、メンバー全員での集合写真を撮るのも、ひとつのイベントです。

阿蘇駅前には、熊本県出身の尾田栄一郎先生による漫画『ONE PIECE』のウソップ像が。Photo by Shigeki Naganuma

みんなで「阿蘇へ行ったら絶対に見たいね!」と言っていたウソップ像とも集合写真を撮ることができて、喜ぶメンバーも。いま新しい仲間を募集している私たちにぴったりな漫画の世界に溶け込めました。こういった場所ではしゃぎながらも「みんなSNSで旅の内容をリアルタイムでもどんどん発信しようね〜」と声掛けをしてくれるのは嵐さんです。

嵐さん
上の集合写真で、誰よりも控えめに腕をあげる嵐さんはSNSを運用する社員。こちらの姿のまま、旅中も仕事中も冷静で落ち着いています。(でも、関西人らしいツッコミのキレ味は誰よりも抜群)。今回の道中でも「ゴーゴーって言ってるのは、この旅プロジェクトのハッシュタグを考えから!」と抜け目のない仕事っぷり。TABIPPOでつぎつぎと新開催されていくイベントの告知や、私たちが制作したコンテンツのシェアを、ターゲットに刺さりやすい形で行ってくれています。

(そして、この記事を書く私の自己紹介もここで)。いつもこういった取材に行く時は、スマホでメモを取ったり、インタビューの際には録音をして後から内容を聞き返したりします。今回は、TABIPPOのメンバーと、楽しく旅の時間を過ごすというのも目的だったのと、同じくライターの仲間や、一緒に普段記事を作成しているメンバーが揃っていたので、リラックスして旅を楽しめました。

伊藤美咲(私です)
私も業務委託メンバーのライターです。TABIPPOではこういった旅のレポートを書くこともあれば、記事広告などの取材執筆、インタビューなども行います。外部では、好きな音楽についてや食などのエンタメジャンルでも執筆。とことん好きを仕事でも追求できるのは、ライターという職業の好きなところです。TABIPPOの取材で、こうやって実際に旅先へ出向く仕事も大好きです。

続いて私たちが向かったのは、どこまでも広がる大草原と馬に出会える「草千里ヶ浜」。

Photo by Asuna Igari

Photo by Shigeki Naganuma

体力抜群のはやとが「ちょっと走ってきて!」とメンバーから言われ、想像以上に遠くまで全力疾走していました。

はやと
はやとは、チーム内最年少ながらメディアマーケチームを統括する優秀なボスです。22年の新入社員として入社したとは思えない働きっぷり。彼はデンマークにある“人生のための学校”と称される全寮制の学校に留学したあとに、TABIPPOにジョインしました。「人生の豊かさとは…?」を深ぼるTABIPPO主催のスクール「POOLO」でも、マネージャーとして運営に携わっていました。

さて、にぎやかな旅の夜は飲まないとね!ということで、阿蘇市内の居酒屋「よりみち」で乾杯。最高な会社です。

Photo by Shigeki Naganuma

Photo by Shigeki Naganuma

さっちゃんが「阿蘇で必ず食べたい」と言っていたからし蓮根や、私がリクエストしていた馬刺しなど、熊本名物を中心にいただきました。

それぞれミーティング中やオンラインのやり取りでは知らなかったプライベートの話や、外部での仕事のこと、さらには恋愛の話…などなど、普段あまり話さないことまで語り合う良き時間に。

しかし、まだまだ夜は終わらない!!ということで、宿に戻ってからも浴衣に着替えて、卓球でバトルをすることに。(会社の旅行らしいですね笑)。

Photo by Shigeki Naganuma

適当に組んだペアで戦っていたのですが、意外と(?)みんないい勝負をしていました。

点が入って喜んでいるなな。可愛い。Photo by Shigeki Naganuma

この後、ゆっくり浸かった温泉では、女性メンバーによる止まらないガールズトークが繰り広げられたのも大事な思い出。なにを話したかは秘密です。

高千穂へゴーゴー!

さて、今度は阿蘇から1時間ほど車を走らせ、高千穂に到着。ぬまさんの友人である現地在住の町おこし人にコーディネート&引率してもらったスポットを周ります。

(阿蘇の旅もですが、特に高千穂で旅のレポートはより詳しく、別の記事として後日公開する予定なので、ぜひそちらもお楽しみに)!!!

記事執筆のためにずっとメモを取るあすなさん。こんな風に私たちは旅中に楽しく仕事をしています。 Photo by Shigeki Naganuma

高千穂に来たら外せない観光スポットである「高千穂峡」へも行きました。

Photo by Shigeki Naganuma

個人的に滝がめちゃくちゃ好きなので、すごく楽しみにしていたスポット。自然に囲まれながら水の流れる音を聴くのがたまらなく好きです。かなり癒される。

Photo by Asuna Igari

真剣なグーチョキパー勝負で2〜3人ずつに分かれて、ボート体験!

お互いに写真を撮り合ったり手を振りあったりと、和気藹々と楽しみました。すでにもう1回行きたいなあ。こういった旅中のアクティビティがあることで、チームの結束力がより強くなった気がします。

また、私個人的に、今回の旅を通じて感じたのは、景色や文化財などを見たときに発する感想や視点が、一人ひとり違ったこと。

見たことのないものや新しい景色を目にすることで広がる世界もあるけれど、仲間と旅して対話することで視野が広がることもあるんだな〜と思っていました。

ちなみに、旅の合間にはきちんと作業タイムも確保!これがTABIPPOらしい働き方です。

こちらは1日目に宿泊した宿。盛り上がった居酒屋前にはこんな表情も…!Photo by Asuna Igari

2日目に女性メンバーが宿泊したゲストハウス Photo by Asuna Igari

2泊3日の旅を終えて

草千里ヶ浜にて。良い写真すぎる。 Photo by Shigeki Naganuma
みんなで囲炉裏を囲んでランチをしたシーンも。楽しかったなあ。Photo by Shigeki Naganuma

記事を書きながら改めて旅を振り返っていたのですが、本当に良い旅だったなあ、としみじみ思います。

今回の旅を通じて、同じ経験をしたりお互いのことを話したりすることでチームの仲がより深まったし、仕事へのモチベーションも向上しました。チームで旅するって最高。

次のチーム旅行ではどこに行けるのか、今から楽しみです。

https://twitter.com/arashitabi/status/1597914847232294912?s=20&t=iSFXoh6iHu10dGbdMmajlw

【株式会社TABIPPO】一緒に働く仲間を募集中です

さて、われわれTABIPPOは、一緒に働く仲間を絶賛大募集中です!!!

2025年までの中期ビジョンとして、全社で「新しい旅のスタンダードで、観光復興のリーディングカンパニーになる」を掲げているので、そんなビジョンを楽しく熱くみんなで実現していくべく、さらに会社を盛り上げながらTABIPPOのネクストステージを共創できる仲間を募集しています。

こんな人を探しています🔥
・価値観やライフスタイルに合わせて、自由な働き方ができる。
・自らのミッションに対して自主性、そして責任を持って向き合うことができる

そんな素敵なメンバーに出会えることを、私たちは楽しみにお待ちしています。募集に関する詳細や応募フォームは、以下のリンク先よりご確認ください

ご応募はこちらから

ピンときた方は、遠慮なくお問い合わせくださいね。ぜひ、私たちと一緒に旅を広めましょう!みなさまからのたくさんのご応募お待ちしています。

編集部

1996年東京生まれ。ステキな人やモノを広めるライター。2019年にフリーライターとして独立し、インタビュー記事、地方取材記事、イベントレポート、プレスリリースなどの執筆を手がける。短期間でサクッと行く旅と音楽が好き。普段は多国籍なシェアハウスで暮らしています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング