台湾にある3つの夜市で女子大生が食べ歩きに挑戦してみた

Pocket はてブ

最近お酒、足りてますか?こんにちは、ミカエルです。先日、スペインのサンミゲル市場でただひたすらベロベロに酔っ払うだけの記事を書き、なんとなく好評だったので、ミカエルの酒場巡り第二弾を勝手に企画しました。

今回は、酒好きの聖地「台湾の夜市」です!絶対楽しいじゃん!ビール、絶対おいしいじゃん!というわけで、本日もお酒好きな皆さまのおつまみになる記事をお届けできるよう、頑張ってリポートいたします。

ちなみに訪れたのは台北の「士林夜市」と「饒河街夜市」と、台中の「逢甲夜市」。夜市の屋台すべて食べ倒すつもりで、ご紹介します。飲むぞ〜!じゃなくて、食べるぞ〜!オー!

 

台湾の夜市とは?いつ行くのが良い?

photo by Abe saxophone

昼間は気温が高く過ごしにくいことから、夕方から夜に開かれる市場のこと。17時頃からスタートし、夜遅くまで多くのお客さんで賑わっています。早い時間に行くと人も少なくすいているのですが、なんとなく少し活気がないような寂しい雰囲気……。

少し暗くなって18時を過ぎれば人も増えてきて混んできますが、やはり夜市らしいのは活気のある夜の時間。ぜひ暗くなって来てから訪れてみてください。

 

台湾の夜市に持っていくべき持ち物

夜市ではお店がびっしりと並び、食べるスペースが十分にないことも少なくありません。衛生面を考えると、ウェットティッシュやハンドジェルなどを持参すると良いでしょう。

食事の前に手を拭いたり除菌したりするだけでなく、気になる人はお箸やスプーンなどをウェットティッシュで拭いてから利用すると良さそうです。

 

台湾の夜市を一緒にめぐる相方をご紹介

s_P1070697

今回の旅のお供は、肉まんの薄皮が前歯にはりついて気になっているこの人。神奈川県出身の林田さん(26歳)です。わたしの台湾弾丸旅に文句一つ言わずについてきてくれた、現代のブッダです。

それより、この「肉まんの薄皮が前歯に張り付く」現象、わかる人います?めっちゃわかってほしい。わかんない人はコンビニで肉まん買って食べてみてください。「これかwww」って絶対なる。

s__DSC0025

ほら。絶対みんななるから。絶対。

今回は、この「肉まんの薄皮が前歯にくっつきやすいコンビ」でお送りしていきます。

 

台北の夜市といえばここ!「士林夜市」

s_P1070209 (1)

最初に訪れるのは、夜市の代名詞「士林夜市」。何がすごいって、その規模です。とにかく広範囲に渡って屋台が並んでいるので、きっと何回訪れても毎回新しい発見が見つかるはず。最寄駅は、MRT淡水信義線(レッドライン)の「劍潭」駅。みんなゾロゾロと夜市に向かっていくので、人ごみについていけば着きます。

 

探索スタート 1.美食なんちゃらって文字を発見

s_P1070234 (1)

この上の文字「美食なんちゃら」って書いてある看板が、世界で唯一「地下にある天国」への入り口です。市場の一階部分は、雑貨やフルーツなどが売っているお土産コーナーなので、買い物も楽しみたい方はぜひ。

 

2.やっぱりまずは1周回ってみる

この天国は1周ぐるっと回れるようになってます。士林先生は夜市ビギナーに優しい。サンミゲル市場同様、まずは酔っ払う前にお店の様子を伺いましょう。

S__27795458

この店の数、思わずサンミゲル先生もひれ伏すレベル。

s_P1070136s_P1070157

メニューも、とにかくバラエティに富んでます。日本語で書いてあるのはかなり有難い。日本人もかなり見かけたので、流石の士林先生。知名度がピカイチ。

 

3.とにかくメニューが多くてめっちゃ悩む

s_P1070141 (1) s_P1070134 (1) s_P1070146

ちょっと得体の知れないものも多いけど、全部美味しそう。とにかくメニューが多いし、あちらこちらに美味しそうな料理が並んでるしで、士林先生は全く休む暇を与えてくれません。とにかくキョロキョロキョロキョロ…

s_P1070150

と、そこでお好み焼きみたいなやつを発見。何がすごいって、お好み焼き的存在を次々と作り上げていく、その手捌き。俊敏に、且つ力強く、しかし美しく、まるでその動作が生まれた時から授かっていたかのような貫禄です。見とれた。

s_P1070154

牡蠣オムレツというらしい。あんた、めっちゃ美味しそうやん。

 

5.入店

というわけで、牡蠣オムレツに一目惚れして早速入店。

s_P1070179

の前に、ちょっと言いたいことが。…いや、いいんだけど、全然いいんだけど、期待した私が悪いんだけど、さっきの牡蠣オムレツの写真との差、すごくない?あの写真の盛れ様は、女子高生が自分の本当の顔はこっちなんだだと錯覚したくなる近年のプリクラ機、もしくは読者モデルたちが無言で口をパクパクさせてる動画「snow」と互角やん。盛れた写真を見て、期待に胸を膨らませていた男性陣が実物を見て愕然とする気持ちも、さすがにわかるレベル。

 

6.いざ、実食

さてさて、大好物の牡蠣とエビが入ったオムレツをいよいよ実食。

s_P1070183

ドキドキ。

s_P1070184

ぱくっ

s_P1070186

「・・・・・・・」

あまり士林先生のこと、傷つけたくはない。だけど、言わねばならん、それが私の仕事だから。

あんまり(タレが)美味しくなかった。

(会社が出した公式的な「牡蠣オムレツに対する見解」ではなく、あくまで「個人の意見」です。育ちと生まれによって個人差があります。美味しい牡蠣オムレツを見つけたら教えてください。)

 

7.市場の外は食べ歩きが楽しい

こんな終わり方じゃ、士林先生に申し訳なさすぎる。しかも人生初の夜市、これで終わらせるわけにはいかない。というわけで、次は市場の外に出てみることに。

s_P1070236

もし食べ歩きが楽しみたいのであれば、屋外での屋台巡りがおすすめ。先ほど訪れた市場の地下街は、ゆっくり腰を下ろして食事がしたい人におすすめです。

市場の外は、とにかく様々な屋台がずらーっと軒を連ねる、「屋台の大名行列」。ちょっとカッコイイ言い方したかっただけなので、「屋台は移動しねえ」とかいうツッコミは控えてください。あと写真の下手さについても。

s_P1070228

日本のお祭りのように、射的などの屋台もたくさんあります。地元の子たちは年中お祭り気分が味わえるんだから羨ましい限り。

s_P1070222

青年たちが的に当たって抱き合いながら大喜びしてる瞬間。微笑ましい。微笑ましすぎる。私にだってお祭りでヨーヨーすくいして喜んでたときはあったんだけどなあ…

 

8.胡椒餅に挑戦

台湾へ訪れる前に、デザイナーななからおすすめされていた「胡椒餅」をついに発見。

s_P1070256

釜の壁面に具材を入れて丸めた生地をペタペタと貼り付けて焼きます。釜焼き版肉まん、といったところでしょうか。これは期待を裏切らないはず…

s_P1070270

熱すぎてびっくり、の図。

s_P1070277

なるほど、胡椒餅という名の通り、めちゃくちゃ胡椒が効いてます。豚肉の餡がジューシーですごく美味しい。あかん、これは危険。これはビールが止まらないやつ。市場でてから速攻セブンにてビールを調達した自分、まじ褒めたい。

s_P1070300

尋常じゃない熱さの肉汁。戦闘力は、小学生の頃ハマっていたゲーム『ポケモン金』で、友達からもらった99レベルのホウオウよりも遥かに上です。

s_P1070284

※やけどには、くれぐれも気をつけて下さい。

 

9.買い物も楽しい士林夜市

市場の周りには、若い女性向けの洋服屋さんがたくさんありました。日本でいうと竹下通り的な存在でしょうか。女子同士でいけば、間違いなくショッピングも楽しい。

s_P1070237

士林夜市で見つけた、犬服屋さん。可愛すぎません?まじで可愛い本当に可愛い。日本でわたしの帰りを待つ愛犬に着せてあげたかったんですが、初日に訪れたので「他の夜市にもあるっしょ〜」って思って買わなかったら、二度と巡り会えませんでした。

s_P1070237

このゼニガメとアライグマとか、可愛くないですか?え、やばくないですか?可愛すぎてもう世界征服できちゃうんじゃないかってくらい絶対可愛い、やばい。台湾に今度行かれる方、お願いなので代行で買ってきてください。死ぬ気でお礼します。本当に待ってます。

 

台中の大規模夜市「逢甲夜市」

s__DSC0449

お次は、台中のなかで最大規模といわれている「逢甲夜市」。

6日間の滞在中、彩虹眷村という超フォトジェニックな場所に行きたい、という相方からの女子力高めなご要望に応えるべく、台中に日帰りで行きました。

探索スタート 1.ビールを買う

s__DSC0442 (1)

完全に現地人に紛れ込んでいてわかりにくいですが、早速ビール飲んでます。

ありがたいことに台湾はセブン、ファミリーマートなどのコンビニが日本と同じくらい多いので、みつけたらビール補給地と言わんばかりに毎回買ってました。しかも500mlが大体40元なので、150円しない。そりゃ飲むわ。

 

2.人多すぎ問題が深刻

s__DSC0392

いつもなら酔っ払う前にカメラを構えるところ。ですが、この日の逢甲夜市は激混みMAX…。人が多すぎると、周りの屋台に気を取られているうちに危うく大事なビールをかけそうになるので、撮影も一苦労。

(決して、屋台の写真を撮ってなかった自分への言い訳じゃありません)

ビール片手に歩いてたら、フライドチキン屋台に並ぶ行列を発見。ビール持って歩いてるだけで、どんなおつまみでも手に入る夜市、最高すぎやしませんか?

しかもフライドチキンを待ってたら、その屋台の目の前にはエビ焼きの屋台が。はい、ちょうどシーフード、欲してました。購入。

 

3.人多すぎ問題が深刻

s__DSC0404

いっつも料理の写真は欠かさないのに店構えを撮り忘れる自分の仕事力のなさ、どうにかしたい2017。

エビの方は、屋台に生のエビがいっぱい並んでいて、横にあるメニューから好きな味付けを選びました。私たちはスパイシーなレモン味をチョイス。

s__DSC0402

最高のおつまみを目の前に、悦に浸る私。食べる前にビール2本空けてます。一体、この日何本飲んだんだろう…

s_P1080029

※くれぐれも、エビの触覚には気をつけましょう。

 

4.探索も楽しい

s__DSC0456 (1)

逢甲夜市は、学生の街と言われているだけあって街全体が賑やかな印象。なので、夜市だけではなく周辺探索も楽しいです。

ちなみに、訪れたのが12月24日のクリスマスイヴだったからなのか、とにかく台中駅からの道路が混んでいて、通常なら10分で着くらしい道のりが行きも帰りも30分以上かかりました。台湾人はクリスマスを夜市デートするのが鉄板なのかな…

バスもあるんですが、住宅街を通る迂回経路らしく、そちらもかなり時間がかかるそう。今回の中でアクセス難易度は一番高かった…

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ミカエル
ビールは主食
24歳。編集者として勤めながら、フリーライターをしています。文字を書くか、お酒を飲むか、の日々(大抵後者)。 TABIPPOのメディア事業部ではライター/編集者として、その後プロダクト事業部では…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

お酒

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品