writer
牛丸 博貴 世界を放浪中

信州育ちの21歳。 上高地の雪解け水と自家製の果物で育ちました。職探し、そして新婚旅行で訪れる国を探すために世界を放浪中。信州そばとおやきが大好きです。よろしくお願いします! 今はメキシコ、世界遺産の街"グアナファト"にてサルサとスペイン語の修行中。

日本では恋人と過ごすか仕事をするかというのが一般的なクリスマス。

しかし海外では家族と過ごすのが一般的です。メキシコでもクリスマスは家族と過ごすのが一般的ではありますが、メキシコのクリスマスはちょっと変わっています。

今回はそんなメキシコの一風変わったクリスマスをご紹介します。

 

年明けまで続くながーいクリスマス

christmas-1058667_960_720

photo by jill111

国民も80%以上がカトリック教徒のメキシコのクリスマス期間は12/16〜1/6の約20日間にわたっており、メキシコでは年明けまでクリスマス気分。

この期間をメキシコでは”Navidad(ナビダ)”や”Posada(ポサダ)”と呼んでいます。この期間中メキシコでは至るところでパーティーが行われており、とても賑やかな期間となっています。

 

このちょっと前にある祭り、メキシコの守護聖母・褐色のマリア”Guadalupe(グアダルーぺ)”の生誕日の12/12頃から街にはイルミネーションが飾り付けられ、とても華やかで綺麗な街並みになっていきます。

 

パーティーになくてはならない”Piñata(ピニャータ)”

16682457978_078144140d_b

photo by D-Stanley

12月の初め頃から、あらゆる店には”Piñata”と呼ばれるくす玉のようなものが並べられはじめ、レストラン、カフェ、ホテルなど至るところにかざられています。

このくす玉の中にはお菓子やフルーツが大量につめらており、パーティーの際に、子どもたちが順番に目隠しをして、高いところに吊るされたPiñataを割るという遊び。

writer
牛丸 博貴 世界を放浪中

信州育ちの21歳。 上高地の雪解け水と自家製の果物で育ちました。職探し、そして新婚旅行で訪れる国を探すために世界を放浪中。信州そばとおやきが大好きです。よろしくお願いします! 今はメキシコ、世界遺産の街"グアナファト"にてサルサとスペイン語の修行中。

RELATED

関連記事