tabippo
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。旅の途中は心配性な性格が功を奏しトラブルやスリの遭遇を回避して帰国。

なばなの里

photo by PIXTA

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」本でも紹介されいているフラワーテーマパークの「なばなの里」。

春や夏には広大な敷地にチューリップやバラ、紫陽花、菖蒲等などが咲き誇る花祭りが開催され、秋にはコスモスや巨大ダリアなど秋の花々が見頃を迎え、そして冬の時期には国内最大級のウィンターイルミネーション。

四季を通して展望台からは素晴らしいパノラマを眺めることができます。2014年度は好評につき3月31日までの開催が、GW明けまで延長されたそう。

もはやウィンターイルミネーションではなくなりつつある人気っぷりです!

いなべ市農業公園 梅まつり

photo by  PIXTA

三重県は伊勢神宮だけじゃないんです!桜よりも一足早くその姿を見せてくれるピンク色の大絶景。東海地方最大級の梅林公園には、100種類・4500本の梅たちが咲き誇ります。まるでカラフルなパッチワークで作られた絨毯のような光景は、訪れた人の心に潤いを与え、自然と笑顔になれるスポット。

見頃の3月中旬には梅まつりも開催され、毎年賑わいをみせています。薄紅と白が折り重なる梅林の中を散歩して見上げるのもよし。新しくできた見晴らし台からカメラを構えるのもよし。

四日市工業地帯の夜景

photo by PIXTA

近頃「工場萌え」という言葉ができる程じわじわきている工場ブーム。近未来的な夜景は、FF7のミッドガルを彷彿とさせます。なんと宿泊プラン付きの四日市コンビナート夜景クルーズも開催されている程なんです!

夜景の後は四日市名物「とんてき」を。香りのきいたニンニクと濃厚なたれでソテーされた分厚い豚肉を、たっぷりのキャベツと合わせて召し上がれ!

 

城下町 伊賀上野

photo by PIXTA

古くから城下町として栄えてきた伊賀上野。伊賀忍者発祥の地としても有名で、実際に忍者が使っていたからくり屋敷を見学できる伊賀流忍者博物館屋があります。様々な仕掛けをくの一が実演してくれたり、手裏剣体験や意外と(!?)迫力のある忍者ショーが楽しめます。伊賀に来たら忍者の非常食、名物の「かたやき」をお土産にぜひ。

また、自然好きな人には「伊賀の里モクモク手作りファーム」もオススメ。自然・農業・体験をテーマにした、エコロージーファームです。あ、豚さんたちのレースもあるのでお見逃しなく。

ナガシマスパーランド

photo by PIXTA

「東の富士急、西のナガシマ」とも言われている、日本有数の絶叫マシーンの宝庫。全世界のテーマパーク別の年間利用者数でなんと16位にランクインしています。国内では東京ディズニーリゾート、USJに次ぐ利用者数なんです!高度、速度、落差、総走行距離でギネス認定された「スチールドラゴン」は、絶叫好きならば乗車必須。

さらに!この夏、新しいアトラクションが登場します。うつぶぜの状態で走行し、まるで空を飛んでいるような体験ができる世界最大級の超大型フライングコースター「アクロバット」。これは早く体験してみたいっ!周辺にはアウトレットや温泉、国内最大級の屋外プールが集まっているのも嬉しい!

世界遺産 熊野古道

2260484250_f1bd397ca1_zphoto by merec0

「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されている熊野古道。三重・和歌山・奈良・大阪に跨がっています。「道」が世界遺産になることは大変珍しいことで、他にはスペインの「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」があります。

三重に属する伊勢路は、伊勢神宮や熊野三山へ向かう信仰の道。熊野古道の特徴である石畳に竹林の道、熊野灘を一望できるコース、日本一と言われている丸山千枚田を眺望できるコース等、風光明媚な景色を楽しめるのが魅力です。

三重の魅力を伝えたい!

photo by Misaki Naka

いかがでしたか?あまり知られていない三重県の魅力。三重は古くから、自然・美食・歴史に恵まれてきたため、「美し国(うましくに)」と呼ばれてきました。ぜひこの夏は都会を離れて自然豊かな三重県に遊びに来てだーこ!(来て下さいね!)

tabippo
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。旅の途中は心配性な性格が功を奏しトラブルやスリの遭遇を回避して帰国。

RELATED

関連記事