writer
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

日本最北端の有人島、礼文島にある「桃岩荘」ってご存知ですか?

「礼文島に面白い宿があるよ」旅仲間から情報を手に入れた私は、どんな宿なのか気になり、礼文島に向かうことにしました。そこで私が見たものとは。

数々の宿に泊まってきましたが、「桃岩荘」を超えるほどの宿は今までありませんでした。

旅人に聞いた面白い宿

4099cb6fa372-49eb-4c49-a585-f9df65fc6afe_m

photo by RORO

小笠原諸島のユースホステルでヘルパーをしていた時に、お客さんがよく話題にしていた宿泊施設がありました。その宿は礼文島にあり、小笠原のユースホステルの常連客にはとても有名な宿でした。

※ヘルパーとは、給料が出ない代わりに、宿とご飯を3食提供してくれるボランティアヘルパーのことです。

 

よく話題に出てくるので詳細を聞いてみると、「礼文島の桃岩荘ユースホステル」という宿の話をしていました。桃岩荘独自のミーティングがあったり、踊りがあったり、船で出航する際にお見送りをしてくれたりと、普通の宿とは少し変わった宿だという情報を手に入れました。

面白そうだなと思った私は、友達と一緒に桃岩荘に行く計画を立てました。

日本最北端の有人島に行ってみた

photo by pixta

まず礼文島に行くために北海道を北上し、稚内へと向かいました。新千歳空港から車を走らせ、約10時間ほどで稚内の港へ着きました。北海道広すぎます。

そして稚内から礼文島へのフェリーに乗り込みます。ちなみに稚内から利尻島、ロシア行きのフェリーも出ています。

 

稚内から礼文島までは約2時間ほどで到着。礼文島は稚内の西方60kmの日本海上に位置する島で、200種類以上の花が咲いていることから、「花の浮島」とも呼ばれています。

中島みゆきの「銀の龍の背に乗って」のPVや、映画「北のカナリアたち」の舞台にもなっている場所です。

歓迎モード全開

409982c384ac-a2e8-4ac6-a6e0-dcb614d63419_m

photo by RORO

港に着いてすぐに、桃岩荘と書いてある旗を見付けました。

「おかえりなさい」来たばかりの私たちに、まるで地元に帰ってきたかのように、優しい笑顔で温かく迎えてくれたのが印象的でした。

 

桃岩荘名物の「ブルーサンダー号エース」に乗り込み宿に向かいます。「発車オーライ」と言わないと、いつまで経っても出発してくれません。

ハイテンションのヘルパーさんに苦笑いしながら、宿へと出発しました。

途中、トンネルを通過する時に「知性・教養・羞恥心」この3つを捨てなければいけません。これは桃岩荘ルールの一つ。

歌って踊るミーティング

海が目の前にある宿に到着します。玄関を開けると、賑やかな演奏が始まり「おかえりなさい」と元気よく出迎えてくれます。一瞬驚きますが、ここは笑顔で「ただいま」と言ってあげましょう。

宿の中は、真ん中に囲炉裏があり、田舎の家に遊びに来たような懐かしい雰囲気が漂っています。

40993839dcc9-7b4c-459a-83d4-bb7b0596abf4_m

そして夜になると桃岩荘名物のミーティングが始まります。ミーティングだから、宿の説明をしたり観光名所を案内してくれるのかと思いきや、その予想は大幅に違っていました。

ヘルパーさんたちが女装をしたり、コスプレをしたり、演劇をしたりと、ミーティングとはとても思えない内容でした。毎日演劇の内容が変わり、お客さんもコスプレさせられる、参加型のミーティングです。

4099fdc8a823-d9f7-494d-9a05-54415a92301f_m

途中からお客さんも一緒に歌ったり、踊ったり、一つ一つがとても賑やかです。ちゃんと礼文島の観光案内もしてくれます。最後に、五つの赤い風船の「遠い世界に」をみんなで熱唱し、ミーティングは終了です。

初めは勢いがすごくて圧倒されていましたが、ヘルパーが真剣に歌っている姿に感動したのを覚えています。こんな賑やかなミーティングを体験したのは初めてでした。

writer
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

RELATED

関連記事