コスト半額、楽しさ倍増! モーターバイクタクシーで一人旅を楽しむコツ

Pocket はてブ

Hi! 踊る旅人フォトグラファー、ナプシーです。旅は感じるもの、繋がるもの、クリエイトするもの。私の目から見た世界を、皆さんにシェアさせてください。

私は一人旅派。自由に行きたい場所を決めて、いつでも予定変更できますが、一人旅だと困るのが旅の予算です。お一人様だと何かと高くつくのが難点。今回は、モーターバイクタクシーで一人旅を楽しむためのコツをご紹介します。

 

安い!楽しい!モーターバイクタクシーって何?

photo by shutterstock

公共交通機関が発達していない途上国の旅行の際、タクシーは便利な交通手段。しかし一人旅の場合、いかに安いタクシー代とはいっても1日チャーターすると5000円以上にはなってしまいます。

数日間の旅行ならまだしも、毎日がスペシャルな長旅だと少しきついですよね。タクシー代を浮かせる手段としては、同じ宿の一人旅の人に声をかけるなどいくつかコツはありますが、わがままに自分のペースで回りたい場合には、それもちょっとストレスです。

そこでオススメなのがモーターバイクタクシー。

 

モーターバイクタクシーはその名の通り、バイクの後ろに乗せて好きな場所へ連れて行ってくれるサービスです。バイクの種類にもよりますが、1人〜2人で利用できます!つまり三人乗り。節約中の長旅カップルにもオススメです。

短距離での利用をした方も多いのではないかと思いますが、実はこのモーターバイクタクシー、半日貸切などでもなかなか使い勝手が良いのです!今回はモーターバイクタクシーの5つのメリットと、安全な利用方法についてお知らせします。

 

メリット1. 料金がタクシーの半額以下のモーターバイクタクシー!

photo by shutterstock

ガス代も維持費も安いモータータクシー。乗れる人数も一人か二人なので、料金設定がかなり安いです。また会社に所属せずフリーで行っている人が多いので、延長時間なども融通がきくことが多い。

例えば、私がミャンマーで夕方からのチャーターをした時、車のタクシーは4000円程度、モーターバイクタクシーは1500円でした!

 

時間も距離もルールなし。この時は、すこし郊外にあるお祭りに連れて行ってもらい、「いたいだけいていいよ」と4時間ほど駐車場で待っていてくれたのです。

しかも予定より遅くなってしまい、運転手の方に申し訳なかったな……と思っていたら、ホテルに着く前に遠回りをして、夜の市内観光サービスまでしてくれました!申し訳なさすぎて、流石にチップを受け取ってもらいましたが……。

彼なりの営業なのかもしれませんが、それにしても温かすぎる。翌朝もフライトまでの短い時間を使って、格安で朝日のスポットに連れて行ってもらいました。

 

メリット2. 専属カメラマンになってくれる。バーチャル彼氏?


photo by Napsy

ドライバーさんによっては、頼めば観光についてきてくれることもあります。快適一人旅の困ったポイントその2は、写真を撮ってくれる人がいないこと!毎回人に頼むのも大変だし、他人にカメラを預けるのは心配ですよね。

ドライバーさんが一緒にいれば、そんな悩みは解決!シャッターポイントには詳しいし、困ったら現地の言葉で助けてくれるし、重たい荷物だって持ってくれる、リアル彼氏より優しいかも⁉︎


photo by Napsy

この子は寺院のお供え用のお花を売っているところ。現地の子ども達との2ショットだって、その国の言葉で交渉してくれる。

「この真っ白な寺院は朝日の時間に行くとオレンジ色に染まって綺麗だから」と、わざわざ明け方にアレンジしてくれたことも。なんとロマンチックなんでしょう!うん、彼氏より頼りになること間違いなし!

 

メリット3. バイクタクシーは窓がないから、風景写真も撮りやすい!


photo by Napsy

タクシーをハイヤーしたら、窓が汚くて写真が撮れない〜。かといって窓を開けると、自分の車がガス臭い〜。 冷房が効かないって怒られる〜。そんな経験ありませんか?

途上国の車の窓は、大抵クリアではありません。暑いので窓は開けたくないし、移動中はただの休憩時間になりがちです。退屈でウトウト寝てしまい、せっかくの風景を見損なうことも。

でもモーターバイクタクシーなら、いつでもシャッターチャンス!窓もないし、目線も高いし、左右も見渡せるのでカメラ好きにはたまりません。

 

モーターバイクは、道行く人との距離がとても近いです。スクールバスの子ども達が手を振ったり、時には牛の群れに巻きこまれたり。移動中もアクティビティとして楽しめる、それがモーターバイクタクシーです。

大自然の中なら、つねに風をあびていられるので暑さも感じません。日焼け対策と夜の寒さ対策に、長袖の上着をお忘れなく!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

Napsy
踊る旅人フォトグラファー
オランダと日本に拠点を持つ、アートディレクター/ フォトグラファー。 趣味は、世界の酒と牡蠣めぐり、Salsa,Swing,Kizomba のダンスを通じ て夜遊びとフェス参り(EDM も)。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

バイク・ツーリング

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品