無人島を購入する際に注意する5つのこと

Pocket はてブ

 

地元の漁業組合などに協力金を支払う必要がある

3114124409_ea8e3ecf31_b

Photo by thienzieyung

無人島だからといって、人とのかかわりを隔絶してしまうことはなかなかできないもの。無人島に無断で入られてしまったりしないように、地元の漁業組合などと協力して安全を守ってもらう必要もあるでしょう。

 

漁業組合の方などとコネクションができれば、生活にあたって様々な便宜をはかってもらえることもあると思うので、近所付き合い的な感覚で大切にしておいた方が良いですね。また、近海で海産物を自分で獲る場合にも許可が必須なので、漁業組合とのかかわりは必須だと言えるでしょう。

 

電気や水道は自分で用意する

4379404732_5dcce3fa56_o

Photo by kwc909

 無人島には当然人が住んでいませんから、電気・水道といったインフラに関してはすべて自分で用意する必要があります。

電気はソーラーパネル、水道は井戸を掘って用意するといった手段が最も安価で済みますが、それでも500万円程度の追加の出費は必須になることを覚えておきましょう。

 

島からの交通手段を考えておく

11251753284_26d74637cb_b

Photo by Dimitry B

 無人島には当然、島からの移動手段もありません。すぐ近くに本島があるような場合には泳いで渡るという方もいるとは思いますが、小型のボートなどを用意しておく必要があることも覚えておきましょう。

前述した漁業組合との協力関係を築けていれば、漁が終わった際に船に乗せてもらうということも可能になってくると言えますね。

 

まとめ

いかがでしたか。無人島というと人里離れた絶海の孤島を思い浮かべてしまうと思いますが、実際に住むとなるとほかの人の協力は欠かすことができません。

無人島に住みたいという場合には、まずはその無人島が所属する自治体や漁業組合に掛け合ってみて、必要に応じて協力を要請できる関係性作りから始めた方がよいでしょう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

mery_72
北海道札幌市在住。北海道を中心に国内旅行が好きでよく旅をしています。北海道は移動が大変な反面、素晴らしい景観や自然がそこかしこにあり、日がな車を走らせています。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

南の島特集

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品