other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

子供のころに「アメリカ横断ウルトラクイズ」の優勝賞品で無人島が贈られるというシーンがあり、子供心になんて豪快で、なんと夢のあるプレゼントなんだと思ったものです。あのころのテレビには夢がありましたね。

世界には実際に購入することの出来る無人島が数多く存在しています。その価格は高額なものが多くなっていますが、中にはなんと日本円で1,000万円程度で購入できてしまう無人島もあるのです。

 

家を買う感覚で購入できる無人島もありますが、実際に購入してみようと思った際に、気を付けるべきことはどんなことがあるのでしょうか。

今回はそんな、無人島購入の際に気を付けるべきことを5つ厳選して、詳しく見てみたいと思います。

 

購入時にローンを組むことができないことを理解する

16251485_220094145f_b

Photo by Hamed Saber 

無人島の中には1,000万円台のものもあるとはいえ、その額はやはり高額。できればローン購入をしたいという方も多いと思いますが、無人島は基本的にローンを組んで購入することはできません。

ですから、キャッシュで購入金額を用意できるという方しか無人島を購入できないということですね。

 

無人島にも固定資産税等がかかる

2066899599_b0527a8801_b

Photo by Joe Shlabotnik

無人島は、もちろん固定資産に含まれますから、購入する際には島の代金だけでなく固定資産税、登記料といった各種費用がかかります。

基本的には家を購入した場合と同じだけの登記料が発生すると考えておいたほうが良いでしょう。固定資産税は当然毎年かかりますから、維持費の一部に含まれますね。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事