世界の美術館・博物館ランキング

Pocket はてブ

みなさんは旅行先で美術館や博物館を訪れる事がありますか?

海外の美術館や博物館には日本では見られないような珍しいものがたくさんあったり、入場料もかなり安かったりするので、海外に行った際には行く人も多いのではないでしょうか。

私は元々歴史が好きなので、「あ!これ世界史の資料集に載ってたやつだ!」なんて、実際に自分の目で見るとなんだか嬉しくなっちゃいます。

 

今回はトリップアドバイザー日本人に人気の海外観光スポット 2015美術館・博物館 ランキングをご紹介します。

旅行先の海外で、生の芸術に触れるのも良いですね♩

 

第10位 ウフィツィ美術館 (イタリア フィレンツェ)

5761932983_b83f6617f3_b

photo by Kevin Poh

16世紀のフィレンツェを支配したメディチ家の家主コジモ1世がヴァザーリに設計を依頼し、元々は行政事務所として利用するために建てられました。

イタリアのフィレンツェにあり、イタリアルネサンス絵画で有名な美術館。ボッティチェリ、ミケランジェロ、ラファエロなどルネサンス絵画の巨匠たちの作品が多く展示されており、2,500点ほどの作品が収められています。

■詳細情報
・名称:Uffizi Gallery
・住所:Piazzale degli Uffizi 6, 50122, Florence, Italy
・アクセス:フィレンツェSMN駅から徒歩15分、ドゥオモから徒歩6分
・開館時間:火曜~日曜 8:15~18:50(最終入場は16:45)
・休館日:月曜、1/1、5/1、12/25
・電話番号:055 238 8651
・料金:6.5ユーロ(18歳未満は無料)
・公式サイトURL:http://www.uffizi.firenze.it/

 

第9位 大英博物館 (イギリス ロンドン)

11271619826_9787af24f7_b

photo by William Warby

18世紀から19世紀にかけて世界各国から集められた発掘品や美術品が約800万点収蔵されている、世界最大博物館のうちのひとつ。

館内はとても広く、全部網羅しようとすると何時間もかかってしまいます。途中で疲れてしまわないように、ある程度ルートや見たいものを事前に決めておくと良いかもしれません。

 

私は古代エジプトの「死者の書」を見たとき、テンションが上がりました!(高校時代、なぜか友達とオシリスの話で盛り上がっていたので)

■詳細情報
・名称:British Museum
・住所:Great Russell Street, London WC1B 3DG,England
・アクセス:地下鉄Tottenham Court Road駅またはRussell Square駅から徒歩10分
・開館時間:毎日10:00~17:30、金は20:30まで延長
・休館日:1月1日、12月24~26日
・電話番号:+44 (0)20 7323 8299
・料金:無料(特別展のみ有料、寄付は受け付けています)
・公式サイトURL:https://www.britishmuseum.org/

 

第8位 秦始皇兵馬俑博物館 (中国 西安)

11523531473_d0acb5bd54_b

photo by edward stojakovic

兵馬俑とは、古代中国で死者を埋葬する際に副葬された俑のうち、兵士や馬にかたどられたもの。1974年、地元の住人が井戸を掘ろうとしていたところ、偶然発見され世界的な大ニュースとなりました。

この遺跡は21世紀現在でも研究が進められており、秦の始皇帝の生前の生活をそのまま来世へ送ろうとしたものである可能性が高いと言われています。

 

兵馬俑と聞くと「行こうよう!兵馬俑!」というキャッチコピーのコマーシャルを思い出すのは私だけ?(古い?)

■詳細情報
・名称:The Museum of Qin Terra-cotta Warriors and Horses
・住所:710600 中国西安秦陵北路 (以前の名称 The Terracotta Army,Terra Cotta Warriors and Horses)
・開館時間:8時30分~17時00分
・電話番号:029- 81399127
・料金:65元
・公式サイトURL:http://www.bmy.com.cn/

 

第7位 プラド美術館 (スペイン マドリード)

2189125123_c7105bd90f_b

photo by Brian Snelson

1785年にカルロス3世が自然科学に関する博物館を作ろうと、フアン・デ・ビジャヌエバに設計させた建物。しかし実際には博物館としては使われず、フェルナンド7世によって美術館となり、現在では8,000点もの作品が展示されています。

16〜17世紀のスペイン王室に関する絵画や、フランドル派、イタリア絵画など様々なジャンルの作品が展示されているので、飽きる事なく楽しむことができます。

 

前回スペインに行った時はバルセロナしか行けなかったので、次回はぜひマドリードへ行きたい!

■詳細情報
・名称:Museo Nacional del Prado
・住所:Calle Ruiz de Alarcon 23, 28014 Madrid,Spain
・アクセス:地下鉄2号線Banco de España または1号線Atocha 徒歩7分
・開館時間:9:00~20:00
・休館日:月曜、1月1日、聖金曜、5月1日、12月25日
・電話番号:902107077
・料金:10 ユーロ
・公式サイトURL:https://www.museodelprado.es/

 

第6位 ルーブル美術館 (フランス パリ)

2518655703_440a81df64_b

photo by Edwin Lee

1793年に正式に王室所有のものとして開館された、世界で最も入場者数の多い美術館。フランス王フィリップ2世が要塞として建てたルーブル城に収容されています。

ナポレオンが全盛期の頃は、戦利品として各国の多くの美術品を収奪していたため「ナポレオン美術館」と改名された事もありましたが、ワーテルローの戦いで敗れた後は元の持ち主に返還されました。

 

「モナリザ」を近くで見た時も、あの吸い込まれそうな独特な雰囲気に感動しましたが、私は「ハンムラビ法典」を見た時に「これが“目には目を、歯には歯を”か!」と感動したのを覚えています。数時間では全然足りず、一日中滞在したかったです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アート・美術館

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品