ライター

トラベルライター、旅する着付師 1989年生まれ、文化服装学院卒業後、映画や舞台の衣裳会社で5年間、歌舞伎や日本舞踊の舞台、auの三太郎CMなどの着付けを担当。 忙しい日々の中、初めての海外一人旅で行ったベトナム・サパの少数民族の暮らしを見て、人生の価値観が大きく変わる。帰国後、退職し縁あってTABIPPOのライターとして活動中。 人生のテーマは「変わり続けること」 不安定の中にある安定するポジションを手探りで模索しながら、生きてます。

お土産売り場に並ぶちょっと不気味な少女の頭の置物。なんか頭から紐が出てるの見えますか?

気になったので頭から出てる紐を引っ張ってみたら…

IMGP8655

photo by namiki yosuke

なんとベロが出ました。

 

欲しい…ですよね?

 

こんな神様みたことありますか?

微笑みの国ミャンマー #ミャンマー#myanmarboy#myanmartrip #Myanmar #myanmarphotos#strange

並木 洋輔さん(@namikiyoosuke)が投稿した写真 –

なんなんですかね、この格好は。新しいヨガのポーズでしょうか?見るからに挑発しています。

これでもなんかの神様みたいです。

まあこの神様には「どうしたら幸せになれるかな?」って質問しても「I don’t know」しか、返ってこないと思いますが。

 

ミャンマー最大の聖地で見つけた、変なおっさん

IMG_6993

photo by namiki yosuke

ふぅ〜、疲れた。みたいなやりきった顔してますが、この人絶対なんにもしてないと思います

建設中にあからさまにサボってる奴いるから、隅っこに彫ってみるか、と彫刻師の方の遊び心で作られたんじゃないでしょうか。

サボりすぎて肩から生えてきた植物も枯れてしまってます。

shutterstock_104608109

photo by shutter stock

ちなみにこのおっさんの像は、ミャンマー最大の聖地「シュエダゴン・パヤー」の中のどこかにいるので、訪れた方はぜひ探してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

ミャンマーってどんな国か、あまりイメージが湧かない国だったと思うのですが、少しは雰囲気が伝わったでしょうか?

僕が見て感じたミャンマーは人が温かくて、でも気温は暑過ぎで蚊が多くうざったかったけど、見るもの全てが新鮮で、なんだか憎めなくて一週間過ごしてみたら、とっても愛着の湧く大好きな国になりました。

これで興味が湧いた少し変わったセンスを持った方には、ぜひ訪れてみることをオススメします!

ライター

トラベルライター、旅する着付師 1989年生まれ、文化服装学院卒業後、映画や舞台の衣裳会社で5年間、歌舞伎や日本舞踊の舞台、auの三太郎CMなどの着付けを担当。 忙しい日々の中、初めての海外一人旅で行ったベトナム・サパの少数民族の暮らしを見て、人生の価値観が大きく変わる。帰国後、退職し縁あってTABIPPOのライターとして活動中。 人生のテーマは「変わり続けること」 不安定の中にある安定するポジションを手探りで模索しながら、生きてます。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング