TABIPPO社員
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

頑張るわたしにご褒美!簡単サクサク「米粉の型抜きクッキー」


vol.4の今回はとっても簡単でサクサク食感が楽しい「米粉の型抜きクッキー」のレシピをお届けします。では、今日のレシピに必要な材料です。



材料はこれだけ。今日は袋の中で生地をまとめていくので、洗い物も少なくいつもに増して楽チンおやつ作りです。

では、早速作ってみましょう!

①米粉とアーモンドプードルを袋の中で混ぜます


簡単に全体が混ざればOK!

②袋の中に油を入れてよく揉むように混ぜまず



油を先ほどの粉物を混ぜた袋に追加して、もみもみ。完全にまとまるわけではないので2枚目の写真くらいほろほろとまとまれば問題ありません。時間が経つにつれて油が粉に馴染んでしっとりしてきます。


ちなみに今回のレシピから菜種油を新しいものに。何度か使ったことがある油ですが鮮度も味も良く、お気に入り。

今までより黄金色でメープルシロップに色が似ています。お気に入りの油やお砂糖が見つかると、お料理やお菓子作りも断然楽しくなります。

③砂糖にオーツミルクとメープルシロップを加えて混ぜ合わせる


今回のレシピではオーツミルクを使用しています。豆乳やお家にある牛乳などお好みのミルクを使用してください。

メープルシロップは今回100%pureのものを使用しています。ただ、スーパーで売られているメープルシロップはお砂糖などが追加されているものもしばしば。それでも大丈夫ですが、100%pureなものの方が自然の落ち着いた甘さと香りがありおすすめです。

④粉物に③で混ぜたものを加えてまとめる


最初は水分が少ないかな?と思うまとまり具合ですが、時間が経つにつれて油が全体に馴染んでくるので、10-20分ほど時間を置いてみてください。まとまりやすくなります。

⑤生地を均等に伸ばし、型抜きをする



生地を袋の状態で均等に伸ばし、型抜きをしていきます。生地の厚さはお好みで。わたしは1cmくらいの少し厚目で型抜きし、サクサクに仕上げるスタイルです。

⑥あとは、160°に予熱したオーブンで20分前後焼くだけ


焼く時間は目安です。お家のオーブンの様子を見ながら焼いてください。いい感じの色になってきたら、サクサクの米粉のクッキーの完成です!


ぜひ今週末のおやつに、簡単サクサク「米粉の型抜きクッキー」を作って、わたしへのご褒美時間にしてください。


今回の旅の写真は、冒頭にもあげた小笠原諸島です。わたしは今週末はちょっぴり自分をひと休みさせてあげて、お日様に当たってお散歩をしてみたり、ぼーっと空を眺めてみたりと自然に溶け込む時間を過ごしてみようかなと思っています。みなさまも素敵な週末をお過ごしください。

All photos by Nana

他のレシピはこちら

TABIPPO社員
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング