other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

単語や文法を必死に勉強して、一つ一つの言葉の意味がわかっていても、なんだかうまく英語を話せない。そのように感じている方は、もしかしたら、ネイティブがよく使う英語フレーズをあまり知らないのかもしれません。

英語の教科書で紹介されるような例文ではなく、友達や同僚との何気ない会話に使うフレーズがわからなければ、なかなか会話に入り込むのが難しいもの。

英語での感情表現を理解することは、外国人と良好な人間関係を築くのに必要不可欠です。そこで今回は、日常会話でネイティブがよく使うフレーズを、シーンごとにまとめて55選ご紹介していきます!

*編集部追記
2016年12月の記事に追記しました。(2017/09/28)
2017年9月の記事に追記しました。(2018/10/02)
2018年10月の記事に追記しました。(2019/06/29)

海外で実際に使った時のエピソード

日本人が学校と習う英語とネイティヴが使う英語には、実はなかなか差があります。例えば私は「How are you?(お元気ですか?)」というフレーズに対して「I’m fine, thank you. And you?(元気です。そちらはどうですか?)」という定型文で答えてしまいがちでした。ですがこれって、ネイティヴから聞いたら結構不思議なフレーズなんです。

ネイティヴの人たちは、「How are you?(お元気ですか?)」に対して「I’m good / ok.(いい感じだよ。)」「Not too bad. What about you?(まあまあだね。そっちは?)」など、バラエティーに富んだフレーズで言葉を返します。

また「How are you?(お元気ですか?)」を「Hello.(こんにちは)」と同異義語のようにとらえて、質問には答えずそのまま会話を進める人もいます。

ネイティヴの使う英語は学校で習えるものではありません。記事内のフレーズやYouTubeの動画などを見て学び、どんどん新しいフレーズを使っていくようにしましょう。

挨拶やお別れの時に使う英語フレーズ

ハイタッチする男性たち
photo by shutterstock

How’s it going?
調子どう?

How’re things?
どんな感じ?

What’s up?
最近どうよ?

Not much.
特に(変わらない・何もない)。

It’s good, you?
いいよ、でそっちは?

See you next time.
また今度ね。

See you later.
じゃああとで。

電車で手を振る男女
photo by shutterstock

See you next Monday.
来週の月曜日にね。

Take care!
気をつけて / おつかれさま

Catch you later!
また、あとで!

会話の中で使う英語フレーズ

カフェタイムを楽しむ女性
photo by shutterstock

check it out.
要チェックだよ。

freak out.
びっくりした / 驚いた

Aabsolutely.
完全に / 絶対に / 全くその通り!

got it.
わかったよ。

chill out
落ち着こう。

so what?
だから何? / それがどうしたの? / どうでもいいじゃん!

gonna〜.
これから~するつもり。

no way
ありえない! / 信じられない! / マジで?

hang out
たむろする / 遊ぶ

take it easy
気楽にする / リラックスする / 落ち着く

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング