writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

今回はネパールの世界遺産全4ヶ所を紹介します。世界最高峰エベレストの麓で、古い寺院や町並みと自然が残るネパールを代表するスポットばかりなので、ぜひ訪れてみてください。

■ネパールの詳細情報
・首都:カトマンズ
・言語:ネパール語
・通貨レート:1 円 = 0.9 ネパール・ルピー
・物価:水1Lで20ルピーくらい。チャイ5~8ルピー。インスタントラーメン10~20ルピー。安宿シングル100くらいから。
・治安:「十分注意してください。」世界治安危険度ランキング : 84 位 / 163カ国 ネパールの外務省危険情報
・フライト時間:直通なし:バンコク経由や香港経由などがあり最低9時間
・時差:−3.15時間
・チップの有無:必要(特にガイド、ポーター)。気持ちチップ。
・英語:都会などでは英語は通じる。
・ビザ:観光ビザ必要(15・30・90日間滞在可能)。パスポート残存期間は入国時点で6ヶ月以上。余白最低1ページ以上。在日ネパール大使館
・電圧とコンセント:220VでB型、C型

 

*編集部追記(2016/02/03)
2015年に公開した記事に新たに加筆しました。

 

サガルマータ国立公園

ヒマラヤ山脈を含む山岳地帯にあるサガルマータ国立公園。サガルマータという名前はネパール語で「世界の頂点」という意味であり、その名の通り世界最高峰のエベレストは敷地内に聳え立っています。

珍しい高山植物や、ジャコウジカやレッサーパンダなど他ではなかなか見られない動物を見ることができ、登山だけでなくトレッキングも楽しむことができます。

サガルマータ国立公園

photo by Göran Höglund (Kartläsarn)

サガルマータ国立公園

photo by Göran Höglund (Kartläsarn)

 

カトマンズ盆地

昔から交易と文化の中継地となってきたカトマンズ盆地。ネワール族の伝統的な居住地でもあり、貴重な歴史を持つ3都カトマンズ・パタン・バクタプルからなります。

もともと湖であったカトマンズ盆地の土は肥沃で緑に恵まれており、周りを囲むヒマラヤ山脈の美しい景観は人々を惹きつけて止みません。ナガルコットの丘からは美しい朝日が見えることでも有名です。

カトマンズ盆地

photo by Jorge Díaz

カトマンズ盆地

photo by Mike Behnken

カトマンズ盆地

photo by Lyle Vincent

 

仏陀の生誕地ルンビニ

仏陀誕生の神話の舞台となっているのがタライ高原にある小さな村、ルンビニです。物語によると釈迦族の王妃マーヤーが懐妊した後、ルンビニにあった無憂樹の枝に手をかけると、右腋から仏陀となる赤子が生まれたと言われています。

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事