editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

オランダに旅行に行ったら、何をしたいですか?

絶景を見る旅もいいし、現地の美味しいグルメも堪能したい。本記事ではPAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されている、オランダでしたいことをまとめました!

読んだあとは、きっとオランダに行きたくなっているはず。

オランダでしたいアクティビティ


photo by ①Ayu Takayama ②Wakaba Takei ③Gaspar Janos/shutterstock.com

①サイクリングルートを疾走

世界で最も自転車に乗りやすいアムステルダム。川沿いの自転車専用道路を颯爽と駆け抜ける

②一風変わったレンタサイクル

荷カゴが木の箱? 自転車大国オランダで、ちょっと変わった自転車をレンタルしてサイクリングへ

③アムステルダムの運河クルーズ

水の都をぐるっと一周できて観光におすすめ。船の上から優雅な街並みや暮らしを眺めたい


photo by ①Kenichi Shinohara ②Kenichi Shinohara

①アムステルダムで水の上に宿泊

「BOTEL」や「プリンセンボート」のような一風変わったホテルに宿泊してダッチデザインを味わう

②中が気になるキューブハウス

ブロックパズルみたいなホテル! 傾いた箱が連なる斬新なホテルに泊まって、不思議な体験をする

あえて、オランダの穴場スポットを訪れる


photo by ①Maki Hosaka ②Kishivan/shutterstock.com

①絶景フラワーパークキューケンホフ公園

東京ドーム約8個分もの広さの花の公園。春の開園時期にチューリップ畑の中でパシャり

②迫力満点の風車キンデルダイク

国を救った運河沿いに建ち並ぶ19基の風車群。大きな風車の前でいかにもオランダ! という写真を撮る

オランダ観光のお土産を買う

ミッフィーの生まれ故郷「ユトレヒト」で、大好きなグッズを物色する


photo by Asami Umezono
町の中は、お菓子からホテル、銅像、ゴミ箱までミッフィーだらけ。世界でたった1つのミッフィー信号機なるものもある。中でもオススメは「ヴィム・ヴァン・デル・バイル」という切手屋。セントラルミュージアムでは原作者ディック・ブルーナの移築されたアトリエが見学でき、日本語で映像を見ることもできる。

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事