その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

ニューヨーク。それは誰もが知る世界の大都市。

経済の中心であり、様々な人種が集まる坩堝であり、世界的な観光地でもあります。

これまで10ヶ国以上の海外旅行に行きましたが、いつも違う経験がしたいと思って行き先を変えていました。けれど、このニューヨークにだけはまた行きたくなるのです。

この街にはここでしか味わうことのできなかった不思議なパワーがありました。

 

ある少女の物語

4441155157_3d7449b5c7_o

photo by Camdiluv ♥

そんなニューヨークに行きたいと思ったきっかけは、本屋で出会ったある一冊の本でした。タイトルを忘れてしまいましたが、ある少女の物語です。

彼女は一人ニューヨークに降り立ち、ある露天のホットドッグを食べていました。周りを見ながらとっても美味しそうに食べる少女。

そんな時、近くにいたおじさんが少女に声をかけました。そのホットドッグがそんなに美味しいのかい?すると、彼女はこう叫びました。

 

「I’m in New York!I’m in New York!」

 

彼女は言いました。それだけで幸せよ。この街にいるだけで幸せなの。いるだけで幸せってどういうことなんだ。その瞬間、次の旅先が決まりました。

 

すべての価値観が肯定される街

本屋から1ヶ月。

上司に頼み込んで休みを勝ち取り、ニューヨーク・ラガーディア空港に僕はいました。「Welcome to New York」を見て、本当に来たんだと実感。

 

空港に降り立った瞬間、そこにはアジア人、ヨーロッパ人、アフリカ人、アメリカ人、ありとあらゆる人種がいました。当たり前ですが、それが普通です。

日本では外国人がいると、まだ「日本人」と「外国人」という枠組みで見てしまうのはないでしょうか。

 

でも、ニューヨークでは「外国人」として見られてる感じがあまりない気がきました。それが普通なのですから。東京に地方の人が集まってくるくらいの感覚なのかな。

すべての価値観を受け入れる。それがまさに「Welcome to New York」なのではないでしょうか。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング