ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

北ウェールズを代表する山岳、スノードン山を登る「スノードニア登山鉄道(Snowdonia mountain Railway)」


スノードニア国立公園で最も有名と言っても過言ではないスノードン山。標高1085メートル、イングランドとウェールズの最高峰で、日本で例えるなら富士山のような山です。

スノードン山を訪れるためだけに北ウェールズに足を運ぶ人も多く、イギリスでハイキングを楽しむならここ!と現地のハイキングファンもおすすめするほど。


そんなスノードン山を楽々と登ることができるのが「スノードニア登山鉄道」。機関車トーマスの原作にもなったカルディー・フェル登山鉄道のモデルであることとしても有名です。


スノードニア登山鉄道に乗れば、ふもとのスランベリス(Llanberis)からスノードン山頂まで登ることができます。


チケットは公式サイトより事前予約が必須です。予約時間の30分前には現地に到着し、スノードンチケットオフィスにてチケットを受け取りましょう。周りにはお土産ショップや軽食、コーヒーなどを楽しめるカフェも併設されているので、早めに到着して時間を潰すことも可能です。


山頂までの片道は約1時間弱。美しい山道をのんびりと車内から眺めながら頂上までたどり着けるなんて夢のようですよね。もちろん、頂上では休憩時間もあり、鉄道を降りて景色を堪能して過ごすこともできます。


山の天気は変わりやすい上に、イギリスの中でも降水確率の高いスノードン山。筆者が訪れた時はあいにくの暴風雨で頂上付近での停車となってしまいましたが、荒涼な大地の姿を楽しむことができました。


お土産ショップに販売していたポストカードでは、晴れの日の様子も見ることもできます。なかなか予測しづらい山のお天気、雨の日も晴れの日も、どちらでも楽しめるよう心構えをして挑んでみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Snowdon Mountain Railway
・住所:Llanberis, ランベリス Caernarfon LL55 4TU
・地図:
・営業時間:9時〜(公式サイトにて運行状を要確認)
・電話番号:+441286870223
・料金:大人往復32ポンド(約5000円)
・所要時間:2時間〜
・オススメの時期:5月〜9月
・公式サイトURL:https://snowdonrailway.co.uk

石造りの可愛い観光地「ベトウス=ア=コーエド(Betws-y-Coed)」


森の中にポツリと現れる小さな村、「ベトウス=ア=コーエド」。


石造りの村は全体的に統一感があり、まるで絵本の世界に入り込んだかのような気持ちを味わえます。


お土産ショップやアウトドア用品店をはじめ、カフェやレストラン、宿泊施設も充実しているので、ハイキングを目的に訪れる人々の拠点としても大人気。駅の周辺は可愛らしい装飾が施され、しっかりと観光地化されています。


駅には改札がなく出入りが自由になっており、線路を挟んだ反対側にはコンウィバレー鉄道博物館(Conwy Valley Railway Museum)と呼ばれる昔ながらの博物館が併設されています。


今ではなかなか手に入らないような機関車のおもちゃや関連グッズはもちろんのこと、蒸気機関車の運行もしており、子連れでも楽しめる村です。


スリグイ川に架かる石造りの橋、ポントアピアブリッジ(Pont-y-Pair Bridge)など自然を感じることができる場所も多く、老若男女、あらゆるニーズに答えてくれます。

■詳細情報
・名称:Betws-y-Coed
・地図:
・オススメの時期:5月〜10月

無料で学べる国立博物館「ナショナルスレートミュージアム(National Slate Museum)」


「ナショナルスレートミュージアム」は、山の中にたたずむ無料の国立博物館。機関車好きや子連れにもおすすめのスポットです。


機関車の歴史を学びつつ、まるで工場見学に来たかのような充実感溢れる展示品を観賞できます。入館無料ですが、事前に公式サイトで来館の予約が必要です。

■詳細情報
・名称:National Slate Museum
・住所:Llanberis, Caernarfon LL55 4TY
・地図:
・営業時間:10時〜17時
・電話番号:+442920573700
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://museum.wales/slate/

森林でアクティビティ「ジップワールドFフォレスト(Zip World Fforest)」


北ウェールズでアクティビティを楽しみたいたい方におすすめしたいのがここ、「ジップワールドFフォレスト」。さまざまなアトラクションが用意されている森の中のアウトドアパークです。


筆者が特におすすめなのは、森の中を走り抜けるローラーコースター。ジップワールドFフォレストのメインアトラクションです。


1人20ポンド(約3000円)で3回乗車することができます。乗車前にローラーコーターの扱いや乗り方の説明があり、2人乗りも可能なので親子はもちろんカップルや友達とも盛り上がること間違いなし。ローラーコースターには無料でビデオカメラを設置でき、撮れた映像は乗車後に8ポンド(約1200円)で購入可能です。

■詳細情報
・名称:Zip World Fforest
・住所:A470, Betws-y-Coed LL24 0HX
・地図:
・営業時間:9時〜17時
・電話番号:+441248601444
・料金:入場無料(アトラクションにより価格が変動するため公式サイト要確認)
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:5月〜9月
・公式サイトURL:https://www.zipworld.co.uk/location/fforest

マイナスイオンに癒やされる「スワローフォールズ(Rhaeadr Ewynnol Swallow Falls Waterfall)」


北ウェールズ有数の美しい景観といえば、スワローフォールズ。


滝の入り口は森の中に不意に現れるため少しわかりづらいですが、「スワローフォールズホテル(Swallow Falls Hotel)」という名前のホテルの目の前なので、ホテルを目印にするといいかもしれません。


2ポンドをゲートに入れると扉が開きます。コイン、またはカードでの支払いのみで、紙幣の取り扱いはしていませんでした。


全体的にしっかりと整備がされていて、ウォーキングコースや階段があります。階段を降るとよりいっそう近くで滝を見ることができ、写真スポットとしてもおすすめです。


滝の音と緑の自然を感じて、マイナスイオンをたっぷりと吸い込むのにぴったりなスポット。国立公園をたくさん歩いて疲れたときの休憩がてら立ち寄るのもいいかもしれませんね。

■詳細情報
・名称:Rhaeadr Ewynnol Swallow Falls Waterfall
・住所:Snowdonia National Park, Swallow Falls, Betws-y-Coed LL24 0DW
・地図:
・営業時間:24時間
・料金:2ポンド (約300円)
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:5月〜9月
・公式サイトURL:http://www.betws-y-coed.co.uk/feature_pages/item/1067/Swallow_Falls_Betws_y_Coed.html
ライター
KAWAHATA KANA ワーホリック女子

英語力ゼロからのフィリピン留学。そのまま運と勢いに任せてオーストラリア、カナダ、イギリスの3カ国でワーホリ生活を経験。気づけば海外生活は5年、渡航国数30ヵ国以上。ヨーロッパの魅力にどハマりしたワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子です。 海がすき!旅行が好き!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。 トラベルライターとしてSNSなどを活用して、心ときめくおすすめスポットを紹介しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング