ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

夏には沈まない太陽・白夜が、冬には日の昇らない厳しい寒さに閉ざされるノルウェー。今回は、世界遺産都市のベルゲンをはじめとした、荒らしくも雄大な自然に育まれたノルウェーの世界遺産をまとめました。ぜひ、旅行前の下調べに使ってください。

 

西ノルウェーフィヨルド群‐ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド

世界に類を見ない大規模なフィヨルドを持つノルウェー西海岸。中でも、スンニルヴス・フィヨルドからS字型に伸びるガイランゲル・フィヨルドと、ソグネ・フィヨルドの中で奥まったところにあるネーロイ・フィヨルドはその見所の多さと美しさから世界遺産に指定されています。

侵食された氷河が魅せる自然の神秘には誰もが息を呑むことでしょう。

西ノルウェーフィヨルド群‐ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド

photo by Karen Blaha

西ノルウェーフィヨルド群‐ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド

photo by Andrés Nieto Porras

西ノルウェーフィヨルド群‐ガイランゲルフィヨルドとネーロイフィヨルド

photo by Kamil Porembiński

 

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ノルウェー内)

ドイツ系ロシア人の天文学者であるフリードリヒを中心に、ノルウェーにある世界最北の町ハンメルフェストから国会の伊豆参るまでの間を計測するために設置された三角観測地点群です。

約40年もの歳月をかけて設置され、最初はスウェーデンとノルウェーにまたがっているだけだったものが、現在は10カ国にもまたがっています。科学史においての価値を評価され、世界文化遺産に登録されました。

シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群(ノルウェー内)

photo by shutterstock

 

ヴェガオヤン-ヴェガ群島

ノルウェー西海岸の沖合いに浮かぶヴェガ島を中心とした約6500もの島々です。1500年以上、人々は漁業と農業を営みながら自然と共存してきました。

9世紀以降は防寒衣料の原料となるケワタガモが巣に敷く羽毛の採取が主な収入源となり、その伝統的産業は現在にも続いています。2004年に世界文化遺産として登録されました。

ヴェガオヤン-ヴェガ群島

photo by yousearch.co

 

レーロース鉱山都市

1644年から333年間にわたって銅が採掘されていた鉱山都市レーロースには、鉱山労働者の住居や石造りの教会などが当時の状態のまま保存されています。

町のシンボルとなっているのは鐘楼にハンマーが描かれた白い聖堂。鉱山街の飾りという別名を持ち、元々は木造の建物でしたが現在は建て直されて石造になっています。

レーロース鉱山都市

photo by Randi Hausken

レーロース鉱山都市

photo by Aslak Raanes

レーロース鉱山都市

photo by Lars Geithe

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング