ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

こんにちは!フォトグラファーの上田です。旅行先でよく見かけたのが良いカメラを使っているのに全部オート撮影をしている人たち。カメラ任せでもそこそこきれいに撮れてしまうのでとっても楽チン。

けど、なんだか少しもったいない気がしませんか?カメラの知識を少し増やすだけでもっとカメラが楽しくなり、写真も素敵なものに変わりますよ!

今回は脱オート撮影に向けて、カメラに関する基礎知識を紹介したいと思います。

 

オートからマニュアル撮影に変えてみよう!

4357867126_92a351ff43_b

photo by Luke Hayfield Photography

露出?絞り?感度?シャッタースピード?ホワイトバランス?聞き慣れない単語を聞くと耳を閉じたくなりますよね。けど、大丈夫!カメラって意外と単純なんです。

 

まずはいつものオートからマニュアルにして色々設定を変えながらそれぞれの役割を体感して見てください。

とは言ってもむやみに設定をいじってもわけが分からないままになるので最初の一歩として、F値・シャッタースピード・ISO感度について説明したいと思います。

 

F値(絞り値)について

14498524184_489168e3e6_b

photo by Eric Prunier

F値とは絞り値とも呼ばれ、カメラを見てみるとF1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16、F22、F32のように設定されているものがあると思います。

F値を変えるとカメラの中にある絞りの開き具合が変わり、レンズを通る光の量が変わります。

 

F値を大きくするとレンズを通る光が少なくなり、小さくすると多くなります。例えば、F2からF2.8に変えるとレンズを通る光は半分に絞られて写真の明るさも半分になります。

ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧