旅をテーマにした本

【本を片手に旅にでよう】旅をテーマにしたオススメの小説4選

旅をテーマにした本
Pocket はてブ

TABIPPOのsativus(草馬)です。今回ご紹介するのは作中に旅が登場する素敵な本達です。様々なジャンルの本を選びましたので、お気に入りの一冊が見つかれば嬉しいです。

 

空色ヒッチハイカー / 橋本紡

ヒッチハイクは、実行することだけが旅じゃない!主人公秋津彰二は兄の背中を追いかけて、車で旅に出ます。しかしその道中で一人のヒッチハイカーを拾ってしまったことから、彰二の旅はいろんな風に揺れ動くことになります。

いろんなヒッチハイカーをそれぞれの目的地に届けながら、少しずつ自分の目的地に近づいていく主人公の旅は、どこへたどり着くのか…ヒッチハイクをするのはちょっとという方、乗せるのも一興かもしれません。

 

旅をする木 / 星野 道夫

写真家星野道夫さんのエッセイ集です。彼がアラスカを旅する中で出会った人々、起こった出来事、ふと思い出したことなどが美しい文体で綴られていきます。アラスカという土地に恋した星野道夫さんの文章からは、その土地が持つ魅力が強烈に伝わってきます。

読んだらアラスカに行きたくなる、必読の書です。「旅をする木」とは何なのか、それはぜひ本を開いて確かめてみてください。

 

狼と香辛料 / 支倉 凍砂

ライトノベルだからといって侮る無かれ、「狼と香辛料」は一級のファンタジー作品です。行商人である主人公はひょんなことから古い狼の化身と出会い、長い旅をともにすることになります。

それは、彼女が数百年前に辿った道筋をたどりながら、どこにあるのかわからない故郷を探す旅なのです。あちらの街で古い伝承を聞き、こちらの街で地図を手に入れ…全十七巻に及ぶ彼らの旅はどこへ行き着くのでしょうか。

中世ヨーロッパが舞台であるからこそ、現代のそれとは全く違った旅の魅力を教えてくれます。

 

精霊の守り人 / 上橋菜穂子

アンデルセン童話賞を受賞した、上橋菜穂子の代表的ファンタジー作品です。物語のメインは旅ではありませんが、どんどん広がっていく世界は驚くほど綺麗に、みずみずしく作りこまれていて、まるで自分がその世界を旅しているかのような気分になります。

山岳地帯に住む人々、穀倉地帯に住む人々、穏やかな島で暮らす人々、はるかに広い平原からやってきた人々、色んな人がいるから面白い。メインのストーリーに加えて、世界中の人に会いたくなる、そんな作品です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか? いわゆる「旅に出たくなる小説!」とは少し違ったものを紹介してみました。読み応えのある作品も多いので、夜の読書にはぴったりかもしれません。今週末、さっそく図書館に寄ってみませんか?

Pocket はてブ

WRITER

池山草馬
TABIPPO2015福岡のスタッフ、似非関西人の池山草馬です。糸島に引っ越してきて以来その魅力に取りつかれ、毎日自転車で走り回る日々を過ごしています。趣味は読書。最近は一眼にも手を出しつつありま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅の書籍

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品