沖縄旅行でおすすめの観光スポット15選

Pocket はてブ

沖縄県は、日本で唯一の亜熱帯地域として、特有の自然環境に恵まれた場所。そんな沖縄には、日本の他の場所では味わうことのできない魅力がたくさんあります。

青い海や美しい空、沖縄古来の独自の文化や歴史など、その魅力は多種多様!沖縄を初めて訪れる人にも、そうでない人にもオススメしたい!沖縄で訪れるべき観光スポットを紹介します。

*編集部追記
2016年5月の記事に観光スポットを追記しました(2019/01/09)

 

美ら海水族館

Kawasedaさん(@kawaseda)が投稿した写真 – 2016 5月 23 12:20午前 PDT

巨大なアクリルパネルを通して、海の生物の優雅な姿を楽しむことができる『美ら海水族館』。恋人と、家族と、様々なシチュエーションで訪れたい観光スポットです。

直接生き物に触れられる水槽もあるそうです。

■詳細情報
・名称:美ら海水族館
・住所:沖縄県国頭郡本部町石川424
・アクセス:那覇空港から車で約2時間
・営業時間:8:30〜18:30(10月~2月) / 8:30〜20:00(3月~9月)
・定休日:12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
・電話番号:0980-48-3748
・料金:大人1,850円 / 高校生1,230円 / 小・中学生610円
・公式サイトURL:https://churaumi.okinawa

 

慶良間諸島

『ケラマブルー』と呼ばれる、美しく青い海が魅力的な『慶良間諸島』。那覇から海上を西に30〜40km行った所に、大小20あまりの島々があります。

世界でも有数の透明度を誇る海は、世界中の観光客を惹きつけ、毎年数多くの人々が訪れています。

■詳細情報
・名称:慶良間諸島
・住所:沖縄本島南部の那覇市から西に約40km
・アクセス:那覇市からフェリー
・公式サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/慶良間諸島

 

斎場御嶽

世界遺産に登録された沖縄のパワースポットです。現在でも、「聖なる空間」として称えられているそうです。

■詳細情報
・名称:斎場御嶽
・住所:沖縄県南城市知念字久手堅
・アクセス:那覇空港から車で40分
・営業時間:9:00~18:00(3月〜10月)/ 9:00~17:30(11月〜2月)
・定休日:6月5日(日)~6月7日(火)/ 10月31(月)~11月2日(水)
・電話番号:098-949-1899
・料金:大人300円 / 小人150円
・公式サイトURL:http://www.city.nanjo.okinawa.jp/tourism/2011/11/sefa.html

 

ひめゆりの塔

@ryuji_kが投稿した写真 – 2016 2月 6 8:59午後 PST

沖縄で行われた戦争の実態を伝え、平和を祈るために建てられた『ひめゆりの塔』。沖縄戦で亡くなったひめゆり学徒・教師の鎮魂のための慰霊碑として、 ひめゆり同窓会によって設立されました。

■詳細情報
・名称:ひめゆりの塔
・住所:沖縄県糸満市伊原671−1
・アクセス:那覇バスターミナルより路線バスで「ひめゆりの塔前」下車。
・営業時間:9時~17時30分(入館は17時まで)
・定休日:年中無休
・電話番号:098-997-2100
・料金:大人310円 / 高校生210円 / 小・中学生110円
・公式サイトURL:http://www.odnsym.com/spot/himeyuri.html

 

サンセットビーチ

北谷町・美浜アメリカンヴィレッジの横にある『サンセットビーチ』。その名の通り、美しい夕日を見ながら、素敵な時間を過ごすことができます。

■詳細情報
・名称:北谷公園サンセットビーチ
・住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜2丁目
・アクセス:那覇空港から国道58号線を北上→「美浜」交差点を左折。車で約40分。
・電話番号:098-936-0077
・公式サイトURL:http://www.uminikansya.com

 

美浜アメリカンビレッジ

『美浜アメリカンビレッジ』は、グルメ・ショッピング・映画館・宿泊施設など、なんでも揃う総合アミューズメント施設です。

町並みや建物のデザインもアメリカ西海岸の雰囲気が溢れていて、日本でありながら日本ではないような感じを受けます。

昼夜を問わず観光客や地元の人達で賑わっています。

■詳細情報
・名称:美浜アメリカンビレッジ
・住所:沖縄県中頭郡北谷町15−69
・アクセス:那覇空港から国道58号線を北上して車で約35分。
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・電話番号:098-926-5678
・料金:入場料無料
・公式サイトURL:http://www.okinawa-americanvillage.com

 

前浜ビーチ

宮古島を代表する『前浜ビーチ』は、海岸沿いに7キロもの砂浜が続いています。特に朝と夕方の景色が美しいといいます。

■詳細情報
・名称:前浜ビーチ
・住所:沖縄県宮古島市 下地与那覇
・アクセス:平良市外から車で約20分
・電話番号:0980-72-3751
・公式サイトURL:https://ja.wikipedia.org/wiki/与那覇前浜

 

おきなわワールド

国内でも有数の規模を誇る鍾乳洞・玉泉洞や、ハブショー、演武など、様々なエンターテインメントを楽しめるテーマパークです。

沖縄特有の古い赤瓦の民家を再現した町並みも楽しめますよ。

■詳細情報
・名称:おきなわワールド
・住所:沖縄県南城市玉城前川1336
・営業時間:9:00〜18:00(最終受付17:00)
・定休日:年中無休
・電話番号:098-949-7421
・料金:大人1,650円 / 小人830円
・公式サイトURL:http://www.gyokusendo.co.jp/okinawaworld/

 

古宇利島

えりさん(@sakueri_0510)が投稿した写真 – 2016 5月 24 6:25午後 PDT

古宇利島は、青い空と美しいビーチが魅力的な島です。

恋島(くいじま)が島名の由来ともいわれ、「アダムとイブ」に似た人類発祥の伝説があり、縁結び・恋の島としても人気です。

■詳細情報
・名称:古宇利島
・住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利 古宇利島
・アクセス:沖縄自動車道許田ICより30分。
・営業時間:24時間
・定休日:年中無休
・料金:入場料無料
・公式サイトURL:http://kourijima.info

 

 

今帰仁城跡

@smachan13が投稿した写真 – 2015 10月 18 7:41午後 PDT

沖縄最大級の城跡(グスク)として、世界遺産にも登録されている人気の観光スポットです。なんと結婚式をあげることもできるそう!

■詳細情報
・名称:今帰仁城
・住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今泊5101
・アクセス:那覇市から北へ約85km / バスの場合:本部循環線今帰仁村字今泊今帰仁城跡入口下車徒歩15分
・営業時間:午前8時00分~午後6時
・定休日:年中無休
・電話番号:0980-56-4400
・料金:無料
・公式サイトURL:http://nakijinjo.jp

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

沖縄観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品