ライター
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

芸能人御用達?まるで森の中「Cafeカラカラ」

photo by mai

まるで森の中にあるような、自然が詰まったカフェ・レストラン。店内はインテリアや植物がいっぱいで、都会にはない独特の雰囲気に魅了される人が後を絶ちません。気さくなご夫婦が経営していて、外観も内装もすべて手作りとのことでした。

2003年にオーナーさんが一から作り上げたCafeカラカラ。「ジャニーズや有名アーティストなど芸能人も昔来たことがあるんだよ!」など話題も豊富で、楽しい時間を過ごさせてもらいました。

photo by mai

一番の見どころは、自然をふんだんに使った外観と内装。店内には熱帯魚が泳ぐ水槽もあり、散策してみるのもおすすめです。椅子やテーブルも流木などから造られているので、自然好きにはたまりません!

photo by mai

Cafeカラカラのトイレに入ると、おすすめの夕日スポットやドライブコースが書かれた地図が置いてありました。現地の人におすすめの観光場所を教えてもらえるのは、かなり嬉しい!店主さんに聞くと、より詳しく教えてもらえます。

 

Cafeカラカラのおすすめポイント

photo by mai

Cafeカラカラのおすすめは、1番人気メニューの「宮古島カレー」です。この形、なんだか見たことはありませんか?白いご飯は宮古島、フライは池間島・来間島・伊良部島、赤い福神漬はCafeカラカラを表しています。

カフェにはテラス席や屋上の席もあるので、南国の風を感じたり夕日を眺めたり、宮古島の自然を感じながら過ごしてみてください。

 

Cafeカラカラへのアクセス

photo by mai

Cafeカラカラは、宮古島市内から池間島に向かう途中の県道83号線沿いを車で走っていくと、右手に見えてきます。通りかかると手作りの看板があり、目を引くので分かりやすい!

■詳細情報
・名称:Cafeカラカラ(Cafe Karakara)
・住所:〒906-0004 沖縄県宮古島市平良大浦130-32
・地図:
・アクセス:宮古空港から車で20分
・営業時間:11:30〜20:00
・定休日:火曜日
・電話番号:0980-73-8385
・公式サイトURL:http://www.miyakojima-karakara.com/

 

自然の恵みを食べよう「Cafe COMO」

photo by mai

全長は3540mあり、無料で渡れる橋の中では日本一長い「伊良部大橋」。Cafe COMOは橋を渡った先の伊良部島にあり、真っ白な外観が海に映える美しいカフェです。宮古島や伊良部島の島野菜をふんだんに使ったメニューは、どれも色とりどり鮮やかでとても美味しかったです!

photo by mai

Cafe COMOの店内は、海が見渡せるように窓は全面ガラス張りです。美しい宮古ブルーを眺めながら、美味しい島野菜を味わって癒やされる時間を過ごしてみてください。

 

Cafe COMOのおすすめポイント

photo by mai

Cafe COMOでは、宮古島と伊良部島の島野菜をたっぷり使用しています。私はタコライスを食べたのですが、ゴーヤなど宮古島ならではの新鮮な食材が使われていて、とても美味しかったです。

photo by pixta

Cafe COMOの食器は、約6,600年前に作られた、沖縄伝統工芸の焼き物「やちむん」が使われています。ぽってりした可愛らしいやちむんでご飯を食べると、沖縄らしさが倍増。お土産でも人気のやちむんを使用できる機会はなかなかないので、嬉しいポイントでした。

 

Cafe COMOへのアクセス

photo by pixta

Cafe COMOは、宮古島から伊良部大橋を渡った後、左手に進むと左手の海側にあります。伊良部大橋の絶景ドライブを楽しんだ後、ご飯をゆっくり味わってみてください。

■詳細情報
・名称:cafe & yado como
・住所: 〒906-0503 沖縄県宮古島市伊良部伊良部758-7
・地図:
・アクセス:宮古空港から車で20分
・営業時間:ランチタイムは11:00〜15:00(ラストオーダーは14:30)、カフェタイムは15:00〜17:00(ラストオーダーは16:30)
・定休日:火曜日
・電話番号:0980-78-4980
・公式サイトURL:https://www.cafecomo.net/

 

有名写真スポット「AOSORA PARLOR」

photo by mai

小さな黄色いコンテナと、虹色の看板が可愛いテイクアウト専門スムージーショップ。夏の暑い日差しの中、ビタミンいっぱいの冷たいスムージーは、宮古島ドライブにぴったりです!

契約農家さんから直接仕入れたマンゴーや、石垣島産パイナップル、山原シークァーサー、紅芋など、沖縄の食材を使った鮮やかなスムージーを楽しんでみてください。

photo by mai

AOSORA PARLORは人気店。夏は待ち時間が長い時もあるため、早めの時間に行くのがおすすめです。待ち時間が長くても、隣には「美ぎ島雑貨がじゅまる」と「琉球ザッカ青空」という南国・沖縄ならではの雑貨屋さんもあるので、ぜひ散策してみてください。

他にも、庭にあるハンモックでのんびり過ごしたり写真映えスポットで楽しんだり、AOSORA PARLORの雰囲気を楽しむお客さんで溢れていました。

 

AOSORA PARLORのおすすめポイント

オーダーを受けてからスムージーを作るので、提供されるのは出来たて。自然由来の素材を使うことを大事にしており、スーパーフードは有機JASや米国USDAの認証を得たものを採用しています。

一番人気は、宮古島産マンゴースムージー。宮古島のアップルマンゴーを契約農家さんから仕入れた後、1番の食べごろになる時期まで追熟させてから、丁寧に加工しています。

 

AOSORA PARLORのアクセス

photo by pixta

AOSORA PALORは、宮古島市内から来間大橋を渡って右折すると右手にあります。近くには他のカフェや観光地もあるので、お昼前など早めに行って散策してみるのも楽しそう。

■詳細情報
・名称:AOSORA PARLOR(あおそらパーラー)
・住所:〒906-0000 沖縄県宮古島市下地来間104-1
・地図:
・アクセス:宮古空港から車で15分
・営業時間:10:00〜18:00(冬季営業時間あり)
・定休日:不定休
・電話番号:0980-76-3900
・公式サイトURL:http://aosoragr.com/aosoraparlor.html

 

美しい宮古島のカフェで、癒やされる時間を過ごそう

photo by pixta

宮古島旅行では、なんと言っても白い砂浜とコバルトブルーの美しい海に癒やされます。そんな宮古島ならではのご飯やフルーツを楽しめるカフェ5つを紹介しました。

宮古島は意外と広いですが車があればサクッと回れるので、ぜひレンタカーを借りてドライブしてみてください。宮古島から離島にかかる橋を渡ると、見渡す限りの海や宮古島の自然の美しさに圧倒されるはず。

気になるカフェに足を運んで、美しい自然と島の暖かさに癒やされましょう。

ライター
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング