writer
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

こんにちは、トラベルライターのmaiです。宮古島といえば、美しい海とゆったりと流れる時間が魅力的。しかし、のんびり旅行をしたくても、長期で休みをとるのはなかなか難しいですよね。今回紹介するカフェは、プライベートビーチがついていたり周辺に観光施設があったり、短期滞在でもサクッとのんびり楽しめる場所ばかり。

1人でのんびりするのも、デートやカフェ好き女子にもぴったりの宮古島。美しいカフェでのんびり癒やされましょう!

 

海が見える絶景カフェ「OHAMAテラス」

photo by mai

宮古島でオーシャンビューを楽しめるカフェといえばOHAMAテラス。宮古島市内から車で30分ほどの離島・池間島にあるカフェです。

「池間ブルー」と呼ばれる美しい池間島の海を一望しながら、トロピカルジュースや宮古島マンゴーを使ったシャーベット、カレーセットなど豊富なメニューを楽しめます。

photo by mai

OHAMAテラスの一番の魅力は、目の前に広がる美しいオーシャンブルー!一面の海を眺めながら、ゆったりした自分だけの時間を過ごせます。自然の中に佇むOHAMAテラスは、美しい南国リゾートのよう。ハンモックやブランコに揺られながら、優雅な時間を楽しんでみてください。

また、OHAMAテラスの店員さんはとても気さくで優しい方。海の中から顔を出している亀がいることを教えてくれたり、またいつでも来てねと親切に声をかけてくれたりと、のんびり癒やしてもらいました。

 

OHAMAテラスのおすすめポイント

photo by pixta

OHAMAテラス近くの崖を降りていくと、隠れシュノーケルスポットがあります。レンタルショップは見なかったので、持参するかお店に確認してから訪れてみてください。青く美しい宮古島の海は、格別の美しさです!存分に堪能してください。

また、OHAMAテラスの近くには、宿泊施設のレストハウスOHAMAと、美しい夜景が楽しめる、今流行りのグランピング施設があります。トイレ・シャワー・洗面化粧室がついているので、池間島の海や夜空を満喫したい方は宿泊するのもおすすめです。

 

OHAMAテラスへのアクセス

photo by mai

OHAMAテラスがある場所は、宮古島の北に位置する池間島。宮古島から続く池間大橋を渡り、右折してすぐのところにあります。

途中で渡る池間大橋では、あたり一面に広がる美しい海を眺められるので、宮古島ドライブをのんびり楽しんでみてください。

■詳細情報
・名称:OHAMAテラス(オハマテラス)
・住所:〒906-0421 沖縄県宮古島市平良池間146
・地図:
・アクセス:宮古空港から車で約25分
・営業時間:10:00〜17:00
・定休日:不定休
・電話番号:098-885-2705
・公式サイトURL:http://rest-ohama.com/

 

農家のこだわりがいっぱい!「楽園の果実」

photo by mai

とてもかわいい沖縄の古民家の外観を持つ「楽園の果実」。屋根の上にはシーサーが乗っていて、辺りにはピンク色のブーゲンビリアが咲いています。自然が沢山あり、ゆったりした雰囲気に囲まれているので、見るだけで旅行気分を盛り上げてくれました。

「楽園の果実」という名前の通り、こちらのカフェで提供されるパフェは果物を丸々1個使用していて、生クリームやアイスもボリュームたっぷり。デザートやご飯のメニューも豊富で美味しいですし、南国の風景に囲まれた心地よい雰囲気と相まって、幸せな気分にしてくれます。

有機JAS認証農園を持っており、こだわりの食材で作られたデザートやご飯を楽しめます。宮古島ならではのメニューを味わうなら、外せないおすすめのお店です。

photo by mai

こだわりの食材を使用しているということもあり、デザートは美味しくてたまりませんでした!盛り付けもとても綺麗で、食欲をそそられます。メニューによってはお腹いっぱいになることも。せっかく楽園の果実に行くのなら、食事ではなくデザート、特に宮古島のマンゴーをメインに楽しんでみてください。

 

楽園の果実のおすすめポイント

photo by pixta

自家農園で自然の生態系を見守りながら、こだわりの食材を有機栽培しています。他にも宮古黒毛和牛や島野菜など、宮古島や来間島で採った旬の食材を使っており、南国のご飯を存分に味わえます。

おみやげ館やオンライン販売もあるので、宮古島ならではの食材をゆっくり見るのもおすすめ。アーウィンマンゴー、台農マンゴー、夏小紅マンゴー、キーツマンゴーなどさまざまなマンゴーから、ドラゴンフルーツなどのフルーツゼリーやフルーツジャム、パウンドケーキなどたくさんの種類から選べます。

 

楽園の果実へのアクセス

photo by pixta

宮古島から見て南西にある、来間島に位置するカフェ「楽園の果実」。宮古島から続く来間大橋を渡って右折し進んでいくと、可愛らしい沖縄の古民家が見えてきます。有名な与那覇前浜ビーチや竜宮展望台が近くにあるので、宮古島観光をするにもぴったりな立地です。

■詳細情報
・名称:楽園の果実 cafe &おみやげ館
・住所:〒906-0306 沖縄県宮古島市下地来間476-1
・地図:
・アクセス:宮古空港から車で50分、宮古島市街地から40分
・営業時間:11:00〜18:30(冬時間の11/1〜2月末は11:00〜18:00)
・定休日:火曜日(GWと年末年始は休まず営業)
・電話番号:0980-76-2991、050-5590-3600
・公式サイトURL:https://rakuen-kajitsu.jp/
writer
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

RELATED

関連記事