writer
奥山 舞 夢は古着屋のバイヤー

高校生の頃にダイビングのライセンスを取得したことをきっかけに沖縄にどっぷりハマり、高校卒業後は進学せずに沖縄へ。今年はラストティーンなのでたくさん旅に出ようと思います。将来の夢は古着屋のバイヤーになること。

奥武島(おうじま)(南城市)


奥武島は沖縄県南部の、南城市に位置します。本島とは橋で繋がっているため車でアクセスが可能です。奥武島の名物といえば沖縄天ぷらです。沖縄らしいもずくやアーサーの天ぷらが60円前後で食べられます。

地元民だけではなく、観光客も天ぷら目当てに来るほどなのです。島内だけでも店舗がいくつかあるので食べ比べしてみても良いですね。

また、天ぷら屋さんの前には多くの猫たちが天ぷらを求めてやってきます。猫好きにはたまりませんね。

 

北大東島(きただいとうじま)

Megumiさん(@ginnnnnnnichi)が投稿した写真

 

那覇空港からは飛行機が運行していて、だいたい1時間半前後でアクセスが可能です。また、フェリーでもアクセスすることが可能ですが15時間以上かかります。

時間はかかりますが、安く済ませたい場合はフェリーで行くことをオススメします。珊瑚礁が隆起して断崖絶壁となっています。また、港に船が着岸できないためクレーンによって荷物の積み下ろしをします。

ビーチはなく、海遊びなどは出来ません。サトウキビ畑などが有名です。レンタルサイクルで島内をのんびりサイクリングしてみてはどうでしょうか?

 

南大東島(みなみだいとうじま)

pixta_10875732_S

photo by PIXTA

星野洞(ほしのどう)という鍾乳洞が有名です。細長い鐘乳石をはじめとし、様々な形をした鐘乳石が見られます。北大東島と同じく、ビーチなどがありません。

ですが、南大東島には岩場の一部をくり抜いた海水プールがあります。プールと言ってもすぐ外は海なので波が高い時や、満潮時には遊泳は避けたほうがいいでしょう。

 

最後に

気になる離島は見つかりましたか?沖縄の海は海外に負けないくらいの青さと透明度を誇ります。同じ沖縄でも場所によって雰囲気なども異なります。
沖縄県庁は本島と橋で繋がっている島を離島と指定しておらず、県庁が定める離島の数は39島となっております。)

 

沖縄について調べている方に人気の商品はこちらです

writer
奥山 舞 夢は古着屋のバイヤー

高校生の頃にダイビングのライセンスを取得したことをきっかけに沖縄にどっぷりハマり、高校卒業後は進学せずに沖縄へ。今年はラストティーンなのでたくさん旅に出ようと思います。将来の夢は古着屋のバイヤーになること。

RELATED

関連記事