沖縄本島の穴場スポット10選!秘境からパワースポットまで!

Pocket はてブ

夏の暑さが訪れ、海の季節がやってきましたね。海といえば沖縄ですよね!しかし夏のシーズン中はどこに行っても人が多く、のんびりできない。なんて人もいるのではないでしょうか?

そこで沖縄に在住したことのある私が、沖縄本島の穴場スポットを10選ご紹介したいと思います。ぜひ沖縄本島に行く際は立ち寄ってみてください!

*編集部追記
2016年7月に公開した記事に新たに3選加筆しました。(2017/8/24)
2016年7月時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

 

沖縄本島に行ってみての感想

私が沖縄本島に初めて訪れたのは2011年の5月でした。海の透明度の高さ、沖縄の方言、料理、沖縄独特の雰囲気など、沖縄の魅力にどっぷりハマり、2013年から毎年のように沖縄へ訪れています。恩納村という場所に4ヶ月ほど在住したこともあり、その時に沖縄本島の観光スポットを網羅しました。

夏の紫外線はとても強いですが、海に囲まれているので、海風が吹くととても気持ち良く、海独特の匂いがしないのが特徴です。沖縄本島のいいところはお金を使わずに自然でたくさん遊べるところ!休日は車を走らせ海や滝に行ったりと自然と戯れることが多かったです。沖縄本島を移動する際はレンタカーを利用して、海沿いをドライブするのがおすすめです!

 

沖縄本島のベストスポット

私がおすすめしたい場所は「備瀬ビーチ」です!美ら海水族館の近くにあるビーチですが、人があまりいないのでゆっくりとした時間を過ごしたい時におすすめの場所です。ぼーっと海を眺めて黄昏たり、夕日を眺めたりするのも良いでしょう。

ぜひ美ら海水族館と一緒に訪れてみてください!

 

*編集部追記(2017/08/24)
以下、観光スポットの一覧となっています。

 

備瀬のワルミ

S__17661973

沖縄本島北部、美ら海水族館の近くに、ガイドブックにも載らない穴場があるのを知っていますか?地図にも載っていなく、なかなか辿り着くことができない場所であることから、神に選ばれた人しか行けない場所と言われたりもしています。

 

まさに地元の人しか知らないような秘境であり、神秘的なパワースポットです。私も備瀬のワルミを最近知り、この間行ってきたばかりです。

とても分かりづらい場所にあり、秘境と言われている理由に納得できました。最近テレビで取り上げられたこともあり、知名度も少しずつ広がってきているみたいです。

S__17661991

その場所にいるだけで何か大きなパワーを手に入れたような感覚を持ち合わせるほど、存在感を放っている場所でした。わざと道を聞かないで、自分の足だけで辿り着いてみるのもいいかもしれませんね。

※2017年7月現在、立ち入り禁止となっています。立ち入り禁止が解除されるまでは立ち入らないように注意しましょう。

 

フクギ並木

トトロの世界へ迷い込んだ雰囲気を味わえる「フクギ並木」。たくさんの木に囲まれた中を散策することができます。インスタ映えする写真を撮りに行くのも良いでしょう。この場所では水牛に乗って観光することもできるので、興味がある人は水牛観光をしてみてはいかがでしょうか?

フクギ並木を抜けた先にある備瀬ビーチにも一緒に訪れてみてくださいね!

■詳細情報
・名称:フクギ並木
・住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬
・電話番号:0980-48-2371
・公式サイトURL:http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000363.aspx
・マップ:

 

備瀬ビーチ

P9093721

備瀬のフクギ並木を抜けて海沿いに出ると見えてくるのが備瀬ビーチです。私は沖縄本島で一番この場所が好きです!美ら海水族館の側にエメラルドビーチがありますが、その隣にあります。地元の人が多く、穴場のビーチです。映画のロケ地になったこともあり、海の透明感は抜群に良いです。

また、海の向こう側に伊江島を望むこともでき、夕方の時間帯はベスト夕陽スポットと言えます!伊江島に沈んでいく夕陽がとても綺麗で思わず時間を忘れてしまいます。

■詳細情報
・名称:備瀬ビーチ
・住所:沖縄県国頭郡本部町備瀬
・電話番号:0980-47-2700
・マップ:

 

大石林山

P8072480

沖縄本島最北端、辺戸岬の近くに大石林山があります。この辺りの山は安須杜(アシムイ)と呼ばれ、聖地としても知られています。

敷地内には「美ら海展望台コース」「亜熱帯自然林コース」「巨石・石林感動コース」「バリアフリーコース」の4つがあり、目的や滞在時間に応じて好きなコースを行くことができます。

 

大石林山内にある岩は、2億年前の石灰岩が雨水などによって侵食された熱帯カルスト地形です。とても歴史を感じられる場所であり、自然の力に驚かされることでしょう。

一番パワーが宿っていると言われているのが、「悟空岩」です。西遊記の孫悟空が生まれてきた岩山をイメージして、この名前が付いたそうです。圧倒的なスケールに圧巻されることでしょう。

■詳細情報
・名称:大石林山
・住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
・営業時間:4月〜9月 9:00〜17:00(18:00閉園)、10月〜3月 9:00〜16:00(17:30閉園)
・定休日:年中無休
・電話番号:0980-41-8117
・料金:大人 820円、小人 520円
・公式サイトURL:http://www.sekirinzan.com/
・マップ:

 

茅打ちバンタ

photo by pixta

辺戸岬に向う途中には「茅打ちバンタ」と呼ばれる絶景スポットがあります。美ら海水族館よりさらに奥にある場所のため、観光客もあまりおらず穴場となっています。高さ80mから望む景色はとても美しく、崖の上からでも海の底が見えるほど透明度が高いのが特徴です!

大石林山からも近いので一緒に観光してみるのもおすすめ。

■詳細情報
・名称:茅打ちバンタ
・住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真
・公式サイトURL:http://www.jalan.net/kankou/spt_47301ab2050141193/
・マップ:
1 2
Pocket はてブ

WRITER

RORO
RORO
日本一小さな県出身
旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。 帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は24…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

FEATURED特集

特集一覧へ

RANKINGカテゴリーランキング

5月のおすすめ