ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

世界には日本国が国として承認している196ヶ国をはじめ、非承認の国を入れると300ヶ国以上あると言われています。せっかく地球に生まれたなら出来るだけ多くの国に行って、たくさんのものを見たい!

そんな思いで旅を続けていたら訪問カ国数が100を超えていた旅人たちに、旅中最も治安がよかった国・都市について聞いてきました!

質問:最も治安が良かったと感じた国・都市を教えてください。

日本は世界でもトップレベルで治安がいいと言われていますが、100ヶ国以上も訪れた旅人なら同じレベルで治安の良い国を実際に体験してるかも…。ぜひ教えて欲しい!そして次の旅先にしたい!

そこで実際に、これまで100ヶ国以上を旅した旅人たちに、これまで訪れた中で最も治安が良いと感じた国について聞いてきました!

旅丸sho

旅丸sho

バックパッカーで世界を5年間旅をしながら、“旅丸”“TABIMARU.com”という二つの旅ブログを運用するブロガー。現在は旅人育成企画“タビイク”を運営するBackpackers ProductionのCOO兼CFOとして会社経営をしている。雑誌や書籍への写真提供、エッセイの執筆、講演、ピースボートへの水先案内人としての乗船なども行い、2018年から外国人フリーランサーのコンサルも実施。特技はカニカマのビニールを早く剥く事。

100ヵ国以上旅をしてきましたが、大半の国が治安のいい国だと感じています。特にヨーロッパでは治安の悪い国の方が少ないかなと思っています。


photo by 旅丸sho
北欧は情勢も安定しており、治安が良い国だとご存知の方も多いかと思いますが、僕が長期滞在しているラトビアという国も非常に治安の良い国だと思います。僕は首都のリガに長期で滞在する事が多いのですが、観光地として知られている旧市街付近は特に治安が良いかと思います。

夜に一人でバーに行く事もできますし、大きな問題が起きた事もありません。比較的英語も通じやすい国ですので、困った事があればお店の人や警察に英語で尋ねる事もできます。


photo by 旅丸sho
ただ、これはラトビアだけでなく比較的治安が良い国ばかりのヨーロッパでも言える事ですが、スリや置き引きなどの事件は発生する事がよくありますので、最低限の注意は必要です。

アマゾニアン

アマゾニアン

大学時代からバックパッカーを始め、就職は蹴り29歳までバックパッカー。20代で102か国を渡航。10か月だけ日本で社会人(私にとっては日本でワーホリ)して、30歳の誕生日に独立しました。現在は旅する雑貨屋コパカバーナを経営、お店が波にのってから新しい国々を周りだし、40歳で国連加盟国193カ国にすべて渡航済み。日本最大の海外旅行オフ会の会長もしています。

日本では危ないと言われている国がけっこう旅行者にとっては治安が良いところたくさんあります。

一般的に治安が良いのと旅行者にとって治安が良いのは多少違いますが、独裁国家であるトルクメニスタンや北朝鮮などはツアーの車でしか移動できないので強盗などに遭う確率はほぼないでしょう。当時、独裁国家であったシリアなども警察がしっかりしているからか周辺国に比べてすこぶる治安は良かったです。

photo by アマゾニアン

なんだかんだと観光客にとって最も治安が良いとなると北朝鮮は気がします。北朝鮮などは治安維持に関しては世界一でしょうし、観光客と一般市民が接することもほぼないですし、ガイドさんたちが守ってくれます。

ホテルは中洲にあって私たちが勝手に外に出づらい場所ではありますが、逆に侵入も難しい場所です。一般市民レベルの治安でも、犯罪を犯したら罪は他国より厳しそうですよね。北朝鮮は一般的な考えではないかもしれませんが、一般論ですと犯罪心理を逆に取ればわかります。

ニウエ、ココス諸島、クック諸島など観光資源などでお金は不自由なく、島が小さく人も少ないので犯罪をしてもすぐに捕まりうる場所でしょう。ヨーロッパなどのほうがよっぽど治安が悪いと思います。

花田 塁

花田 塁

大学卒業後の2006年に、3ヶ月間タイの田舎にある孤児院施設でボランティアをしたのがきっかけです。異文化の中で生活する楽しさに加えて、子どもの発想の豊かさや支援の必要性に触れて、職業として深く関わりたいと思い、帰国後に学童保育士や特別支援学校の教師として勤務しました。一方でもっと違う世界を見てみたいという思いから、バックパッカーとして、2018年10月現在で訪問104カ国、世界3周目の途上です。

つい先月訪れたブータンです。

個人ではビザを取得できないのでグループツアーに参加して入国しました。外国人旅行者が制限されているため、ホテルや観光レストランといった場所以外はほとんど外国人を見かけません。

街中はゴやキラと呼ばれる日本の浴衣のような民族衣装を着ている人が多く、昔にタイムスリップしたような感覚を味わいました。歩いていても特に声を掛けられたり、危険な目にあったりということはなかったです。


photo by 花田 塁
「世界で一番幸せな国」という触れ込みの通り、人々もゆったりとしていて、犯罪も少なそうに感じました。

旅人マリーシャ

旅人マリーシャ

世界一周122ヵ国を周った旅人です。Sサイズモデル他様々な活動をしてきた中で、「ミステリーハンターになりたい」という夢が諦めきれず、自身で旅に出ました。初のバックパックの旅は2008年、世界一周は2014年に始めました。集英社のウェブサイト「週プレNEWS」で旅コラムを連載したり、TVやラジオ等各メディアで活動中です。

やはりハワイは治安が良いと思います。車上荒らしやビーチでの置き引きなどはありますが、基本的には安全です。あとアジアでは韓国も安全だと思いましたし、私的にはタイやラオスなど仏教の国は比較的穏やかな印象がありました。


photo by 旅人マリーシャ

もう少し旅っぽい感じの場所で言えば、カリブ海に浮かぶアルバ島は、高級リゾートという感じで治安が良かったように感じます。リゾートとなる場所はやはり豊かな人が集まるので治安が良いところが多いです。


photo by 旅人マリーシャ
逆に貧困街や、経済格差が目立つ国などは治安が悪いと感じました。治安の良さを判断する時には、女性や子供が普通に街を歩いているかとか、夜遅くでも人が多いか、店が開いているかなどを目安にしています。

河嶌佐登志

河嶌佐登志

大学生の時に深夜特急を読んで、バックパッカーになる。最初の旅で英語ができないことを痛感し、帰国後すぐに大学を休学。カナダに留学。旅行のために英語を覚える。大学を卒業後、安易な考えで旅行会社で働くが、まったく旅行ができず。現在は旅行に行きやすい外資に勤務。世界一周は計3周。好きな都市はケープタウン。

今までで、もっとも治安が良かったのは台湾の台北です。親日国でもあり、夜中にATMでお金を下ろした時も、全く危険を感じません。また道の迷ったり、困っていても誰かが助けてくれたりと、日本よりも親切に感じます。子供が夜中にレストランで食事をしたり、夜市でも遊んでいたりするので、全く危険を感じません。


photo by 河嶌佐登志

またタクシーで財布を落としたことがあり、警察署に行きました。当然、どのタクシーかもわからなかなったのですが、警察官の方がわざわざ街中にあるカメラを操作して乗車した時間・場所からタクシーを割り出してくれ、そのタクシー会社まで連絡してくれました。

もちろん無事に財布は1円も取られず戻ってきました。海外で財布が無事に戻ってきたのは初めてでした。

これで次に行く都市は決まり!


photo by shutterstock

旅初心者の方こそ、出来るだけ治安のいい国に行きたいもの。思い描いていた国や都市ではなく、ニュースやイメージとは違った国々が挙げられており、やっぱり実際に体験した旅人の意見は非常に貴重ですね。次に行く国は決まりましたか?

次の【100ヶ国以上を訪問した旅人に聞いてみた】は「本当は教えたくないお気に入りの絶景を教えてください」です。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング