本当は教えたくないお気に入りの絶景を教えて!【100ヶ国以上を訪問した旅人に聞いてみた】

Pocket はてブ

世界には日本国が国として承認している196ヶ国をはじめ、非承認の国を入れると300ヶ国以上あると言われています。せっかく地球に生まれたなら出来るだけ多くの国に行って、たくさんのものを見たい!

そんな思いで旅を続けていたら訪問カ国数が100を超えていた旅人たちに、旅中で出会った本当は教えたくない絶景について聞いてきました!

 

質問:本当は教えたくないお気に入りの絶景を教えてください!

「絶景」という言葉が生まれてから、本屋もウェブサイトも絶景の写真で埋め尽くされるようになりました。確かにため息が出るほど美しい場所ばかりですが、100ヶ国以上も旅した旅人たちは、もっとすごい絶景を、本当は教えたくないけれど知ってるかも…。

そこで実際に、これまで100ヶ国以上を旅した旅人たちに、実際に訪れて本当は教えたくないお気に入りの絶景について聞いてきました!

 

旅丸sho

旅丸sho

バックパッカーで世界を5年間旅をしながら、“旅丸”“TABIMARU.com”という二つの旅ブログを運用するブロガー。現在は旅人育成企画“タビイク”を運営するBackpackers ProductionのCOO兼CFOとして会社経営をしている。雑誌や書籍への写真提供、エッセイの執筆、講演、ピースボートへの水先案内人としての乗船なども行い、2018年から外国人フリーランサーのコンサルも実施。特技はカニカマのビニールを早く剥く事。

 

イランのサルアガセイエッドです。

photo by 旅丸sho

イランのエスファハーンからローカルバスを4本乗り継いでたどり着ける、山奥にある階段状の集落なのですが、非常に絶景でした。当時、SNSでたまたま見つけた一枚の写真がきっかけで行く事にしたのですが、日本語でも英語でもガイドブックはもちろん、インターネットにもほとんど情報がなく、写真一枚を頼りに訪れる事ができました。

photo by 旅丸sho

観光客はもちろんまったくおらず、村の人たちは外国人を初めて見るような顔で僕を見ていましたが、非常に友好的で家に招き入れたりしてくれました。

日帰りする事が難しい場所にあり、どうしても宿泊をせざるを得ないのですが、もちろん宿のような施設もありません。ですが、バスの運転手の方が自分が寝泊まりしている場所に僕の宿泊場所も用意してくれ、しかも夜ご飯まで作ってくれました。

村の人たちが夜まで僕を見に来る為に宿泊場所まで来ていた事が印象的です。

 

アマゾニアン

アマゾニアン

大学時代からバックパッカーを始め、就職は蹴り29歳までバックパッカー。20代で102か国を渡航。10か月だけ日本で社会人(私にとっては日本でワーホリ)して、30歳の誕生日に独立しました。現在は旅する雑貨屋コパカバーナを経営、お店が波にのってから新しい国々を周りだし、40歳で国連加盟国193カ国にすべて渡航済み。日本最大の海外旅行オフ会の会長もしています。

 

リビアにあるローマ遺跡、レプティスマグナです。

photo by アマゾニアン

地中海沿いにたくさんのローマ遺跡が点在していますが、まず保存状態が他の国のローマ遺跡より断然良いです。他の国のものはだいたい柱しか残っていませんが、屋根にあたる横の柱(?)や床にあるモザイクなどがきれいに残っています。

photo by アマゾニアン

そしてそれだけではなく、地中海のコバルトブルーが重なり、絶景を生み出しております。そして観光客がとても少ないので遺跡をほとんど独り占めに近い形で観れるのもGOOD!もちろんガイドさんも独り占め、自分のペースで進められるので大満足でした。

 

花田 塁

花田 塁

大学卒業後の2006年に、3ヶ月間タイの田舎にある孤児院施設でボランティアをしたのがきっかけです。異文化の中で生活する楽しさに加えて、子どもの発想の豊かさや支援の必要性に触れて、職業として深く関わりたいと思い、帰国後に学童保育士や特別支援学校の教師として勤務しました。一方でもっと違う世界を見てみたいという思いから、バックパッカーとして、2018年10月現在で訪問104カ国、世界3周目の途上です。

 

2014年に訪れたタジキスタンのパミールハイウェイと、ワハン回廊です。

photo by 花田 塁

公共交通機関がないので、シルクロードを横断する中国のトラックをヒッチハイクして乗せてもらいました。7000メートル級の山々が連なる道を、トラックの助手席の少し高い位置から眺める景色は神々しく、澄みきった空がより近く感じました。

またワハン回廊では小さな川を隔ててアフガニスタンと国境を接しており、最近では暗いニュースの中でしか見ない国が、こんなにも近い所にあるんだと感慨深かったです。週に1度開かれるアフガンマーケットでは国境を越えてたくさんのアフガン人がやってきます。

photo by 花田 塁

深い彫りのある顔立ちの男たちがアフガンストールをたなびかせている姿を見て、心底格好いいなと憧れました。これらの地域は旅人もまだそれほど多くないためか、人々も素朴で優しいです。

街の近くで湧き出している天然の温泉を訪れた際、日本と同じく裸で入るのですが、地元のおじいちゃんと目が合い、お互いに背中を洗い合ったのはいい思い出です。

 

旅人マリーシャ

旅人マリーシャ

世界一周122ヵ国を周った旅人です。Sサイズモデル他様々な活動をしてきた中で、「ミステリーハンターになりたい」という夢が諦めきれず、自身で旅に出ました。初のバックパックの旅は2008年、世界一周は2014年に始めました。集英社のウェブサイト「週プレNEWS」で旅コラムを連載したり、TVやラジオ等各メディアで活動中です。

 

ギリシャのザキントス島にあるナヴァイオビーチです。

photo by 旅人マリーシャ

ジブリ映画「紅の豚」のモデル地と言われている有名な絶景ですが、あまり行っている人が多くないのでお気に入りです。崖から見える砂浜には難破船が佇み、まさにポルコのアジトそのもの。そして対岸の絶壁は鮭の切り身に似ているところがまたユニークです。

海の青いグラデーションがあまりにも美しく、ずっと見ていられます。崖の上から見る景色も最高ですが、実際にビーチまで行く事も可能。

photo by 旅人マリーシャ

普段はツアー船などが出て観光客で溢れているのですが、私はオフシーズンに行ったにも関わらず奇跡的に天候が良く、港のおじさんが船を出してくれてビーチ貸切り状態。絶景の中からさらに絶景を見る事ができて本当にラッキーでした。

 

河嶌佐登志

河嶌佐登志

大学生の時に深夜特急を読んで、バックパッカーになる。最初の旅で英語ができないことを痛感し、帰国後すぐに大学を休学。カナダに留学。旅行のために英語を覚える。大学を卒業後、安易な考えで旅行会社で働くが、まったく旅行ができず。現在は旅行に行きやすい外資に勤務。世界一周は計3周。好きな都市はケープタウン。

 

メキシコのチアパス州にあるパレンケ遺跡。

photo by 河嶌佐登志

もちろん世界遺産ですが、メキシコだとチチェン・イッツア遺跡やテオティワカン遺跡が有名のため、また若干行きづらい遺跡でもあります。ユタカン半島やグアテマラでもマヤ遺跡を見ましたが、パレンケ遺跡が個人的には一番好きです。実は2回も行っています。

メキシコシティからも夜行バスで14時間もかかりますが、必見の価値があるジャングルの中にあるマヤ遺跡です。特にお気に入りのスポットは宮殿の前にあるジャングルの上にある小山の頂上(遺跡もあります。)からの全体の遺跡の眺めです。

ジャングルと遺跡のコントラストとあまり人もいないので、遺跡に腰掛けてジャングルに囲まれた宮殿を望むのが1番の絶景です。

 

自分の目でお気に入りの絶景を見つけ出そう

photo by shutterstock

「絶景は写真で見るだけでいいや…」とついつい思いがち。でもその絶景にはそこでしか体験できない空気感や雰囲気、五感で味わうことができるのです。もしお気に入りの絶景を見つけたら、カメラのシャッターを切る前にしっかり目に焼き付けておいてください。その体験は、一生の宝物になるはず。

次の【100ヶ国以上を訪問した旅人に聞いてみた】は「人生の最期に訪れたい国・街はどこですか?」です。

Pocket はてブ

WRITER

桃(MOMO)
書き物が好きでヨーロッパをこよなく愛すフリーライター。旅と単焦点カメラと英語が趣味です。
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界・日本国内の旅行先・観光スポット

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品