writer
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

こんにちは、トラベルライターのmaiです。若い旅人にとって、あまり身近ではないフェリーでの船旅。しかし、そこには未知の魅力が盛りだくさんでした!

フェリーでの船旅は、「自身の車やバイクを持っていきたい」「荷物が多くて交通手段に困る」「いつもと変わった旅行がしたい」という方におすすめです。飛行機、電車、ヒッチハイクなど色々な旅の仕方がありますが、たまには気分を変えて快適な船旅にチャレンジしてみませんか?

今回は体験談をもとに、太平洋フェリーの施設や若い人に向けた料金プランなどについて紹介していきます。

 

太平洋フェリーとは?

photo by pixta

太平洋フェリーは名古屋に本社を置く、巨大なクルーズ船の株式会社です。現在、苫小牧港〜仙台港〜名古屋港において「いしかり」「きそ」「きたかみ」という名前の3つのフェリーを運航しています。

なかでも「いしかり」は、1992年から27年間クルーズ専門誌にて「フェリー・オブ・ザ・イヤー」連続第1位を受賞しており、技術・芸術共に優れた評価がされています。

船内は豪華で大浴場もあり、ホスピタリティ溢れるイベントが目白押し。「船旅なんて高そう、つまらなさそう」という若い方でもしっかり楽しめるように、様々な料金プランから自分に合った旅の仕方を選ぶことができます。

 

太平洋フェリーの航路

photo by pixabay

太平洋フェリーの航路は3種類あります。

①苫小牧〜仙台 航路
②苫小牧〜仙台〜名古屋 航路
③仙台〜名古屋 航路

途中で仙台を挟む航路②では、仙台港にて一時下船ができます。時間は短く最大2時間20分程度ですが、リフレッシュできて気持ちいい!外の空気を吸いたい方は、下船してリフレッシュすることをおすすめします。

photo by mai

 

太平洋フェリーはこんなに素敵!楽しみ方5選

私は実際に、車持参で苫小牧港〜名古屋港の船旅40時間を過ごしました。具体的にどんな過ごし方をしたのか紹介していくので、旅の参考にしていただければと思います!

 

ふかふかのベッドと大浴場で体力回復!

photo by mai

フェリーは苫小牧港を19時に出発!当時住んでいた函館からの運転で疲れていたのもあり、乗船して真っ先に大浴場へ行きました。乗船後すぐだと人はまばらで、ほぼ貸切状態の中のんびり疲れをとることができました。

大浴場に入ると壁一面が窓で、大海原を見渡せて感動。海を眺めながらゆっくりできるので、旅のパワーをしっかり充電できます。部屋から見える太平洋の眺めに癒やされた後は、すぐに就寝。ふかふかのベッドでぐっすり眠ることができました。

 

仙台にて途中下車。気分転換を楽しもう

photo by pixta

苫小牧〜仙台〜名古屋航路では、最大2時間20分程度、途中の仙台港にて下船することができます。私が行ったときは、ほとんどの人が下船しリフレッシュして過ごしていました。

一時下船をする際は、船内にて手続きが必要となります。車・バイクを降ろすことはできず徒歩のみとなりますが、一時下船ができるのもフェリーならではの楽しみ方のひとつ。

シアターラウンジ「ミノコス」で本格的なショーと映画を楽しもう

photo by mai

毎夜無料で開催されている、シアターラウンジ「ミノコス」でのラウンジショー。夜の時間が手持ち無沙汰だったので、ショーと映画を観に行きました。

私が行った時は、沖縄出身の女性ボーカルの方が美しい歌声を披露してくれて感激しました!映画では昔ながらの短編集を上映していて、今では馴染みの俳優・女優の方が出ていて面白かったです。

 

太平洋フェリーのカフェでごはん。乗り合わせた人と楽しく過ごそう

photo by mai

フェリーからの朝日は格別!太平洋から昇る朝日は真っ赤でとても美しかったです。他にも朝日を楽しみにしていたお客さんがちらほらいて、皆で甲板にて堪能しました。

朝食は軽食が売っている「ヨットクラブ」で済ませました。レストランを利用されない方は、私のように「ヨットクラブ」を利用したり、乗船前にコンビニで軽食やカップラーメンを購入して持ち込んだりすると、さらに値段が安くなるかも。

photo by pixta

フェリーに戻ってしばらくするとお客さんが騒いでいて、何かと思ったら窓からイルカの群れがジャンプしてるのが見えました。「あれイルカだよね?」「見たよね?」と知らない人同士でわくわく。貴重で楽しい思い出を作ることができました。

 

狭い船旅ならではの体験・出会い

photo by pixta

「ヨットクラブ」にて朝食を食べた後散歩していたら、子連れのお母さんと仲良くなりました。話してみたら偶然同じ職種で意気投合。職場での色んな話を聞かせてもらったり、お子さんと一緒に遊ばせてもらったりして、楽しい時間を過ごしました。乗り合わせた人と楽しく過ごせるのもフェリーの醍醐味です。

 

太平洋フェリーの運賃

photo by pixta

「フェリーって高いんじゃないの?」と思う方も多いはず。太平洋フェリーではお得なプランがたくさん存在しているので、船旅を楽しめます。

早割:乗車日の28日前までの予約・購入で最大50%オフに。すでに日程が決まっている場合はこちらがおすすめです。

クルーズパック:レストランでのモーニングバイキング付きプラン。フェリーでのんびり朝食を食べて、ゆったり過ごしたい人にはこのパックがおすすめ。フェリーでのご飯はやっぱり高い!しかしパック利用なら、値段を気にすることなく朝の時間をのんびり楽しめます。

photo by pixta

マイカープラン:仙台↔名古屋間限定のお得なプランです。愛車を持って旅行をしたい方にぴったり。事前購入が必要・二輪車は適応外などの規約があるので、しっかり確認してから申し込みましょう。

片道フルパック:朝食以外もレストランを楽しみたいという方におすすめの、全食事がセットのフルパックです。

photo by pixta

その他割引:公式ホームページでは、上記以外の様々な割引を行っています。

・インターネット割引
・往復割引
・学生割引
・JAF会員割引
・身体障がい者割引/知的障がい者割引、精神障がい者/被救護者割引
・団体割引

また、今なら公式サイトにて「きそ就航15周年記念キャンペーン」や「春の学生応援割引キャンペーン」など、お得な割引プランを行っています(2020年1月21日現在)。自分にあったプランで、快適な船旅を楽しみましょう!

 

太平洋フェリーの部屋紹介

photo by mai

太平洋フェリーの客室は、ドミトリーからロイヤルスイートルームまで豊富な種類があります。私が泊まった部屋は、1等客室(和洋室)。船酔いが心配で広いベットで寝たかったことから、早割を使用して予約しました。

窓辺の和室で温かいお茶を飲んでのんびり景色を楽しんだ後、ふかふかのベットで船揺れを気にすることなく熟睡。それ以降も心配していた船酔いには1度もならず、リラックスして過ごせました。次の機会があったらまた和洋室の部屋に泊まりたいくらい、ゆったりできて快適でした。

 

他、太平洋フェリー客室の種類

photo by pixta

その他、太平洋フェリーの客室の種類を、「いしかり」の客室をベースに紹介していきます。

フェリー最大級の部屋・ロイヤルスイートルームでは、バスルームから太平洋を眺められます。また、レストラン食事券付きのスイートルーム・セミスイートルームもあるので、記念日などお祝いの日にもぴったり。

特等客席では洋室にソファーベットがあり、和室・洋室から選べます。1等客席の部屋は和室・洋室どちらもついた和洋室や、洋室・和室・バリアフリー対応洋室など、さまざまなタイプがあります。

photo by pixta

もっとリーズナブルに利用したい方に向けた、S寝台とB寝台というドミトリータイプの部屋も(女性専用客室あり)。S寝台は相部屋ですが、カーテンがあり個室のように利用できます。B寝台もドミトリータイプですが、上段と下段の入り口が分かれているので、S寝台に比べるとよりプライベートな空間を過ごせます。

2等和室は開けたオープンスペースで、皆で布団を並べてまったりくつろぐタイプの客室です。こちらも女性専用客室があるので、安心して過ごせます。

photo by pixta

せっかくの船旅なので少し奮発したい方も、料金プランや部屋をカスタマイズすると快適な船旅をお得に楽しめます!バリアフリー対応客室もあるので、希望する方は電話で予約をしておきましょう。

 

太平洋フェリーの船内設備

photo by mai

太平洋フェリーは設備が充実しているので、1日中いても正直全然飽きません!ここでは「いしかり」を例に、船内にあるレストランや様々な施設を紹介します。

 

シアターラウンジ「ミコノス」

毎夜20時に開演するシアターラウンジ。本格的なピアノ・エレクトーン・三味線の演奏や映画など、本格的なラウンジショーを楽しめます。公式サイトまたはフェリー内窓口にて、その日の開演時間を確認することができるのでチェックしておきましょう。

 

スタンド「ヨットクラブ」

朝8時から夜21:30〜22:00まで営業しており、軽食を販売しているヨットスタンド。窓から海を見ながら、のんびり一息つきたい時におすすめです。詳しい営業時間については航路で異なるため、ヨットスタンドにて確認しておきましょう。

主なメニューは朝10時までのモーニングセットが650円、数量限定の名古屋コーチンたまごかけご飯が550円、おにぎり210円、生ビール(中ジョッキ)が630円など。

 

展望大浴場

大きな窓から海を眺めて、のんびり入浴できる大浴場。これのためにフェリーに乗ると言っても過言ではない!と思うくらい素敵な大浴場でした。

入港の30分前まで入れるため利用可能時間が長く、朝一番に入るのもおすすめ。旅の疲れをのんびり癒やしてリラックスできます。サウナ・ジャグジーがあり、備え付けのリンスインシャンプーとボディソープもあります。

 

いつもと違う旅なら、太平洋フェリーがおすすめ

photo by mai

飛行機とも電車とも、全く違うフェリーの船旅。プランも楽しみ方も自分好みに選べてお得に楽しめました。また、目的地に行く間も誰かと交流したり施設でのんびり過ごせたりするため、移動時間も「1つの旅」として十分に楽しんで過ごせます。

船旅で出会った人と話をして旅先の情報を教えてもらう、なんてことも。太平洋フェリーにて「移動時間のワクワク」を感じることで「もっと色んな所に行ってみたい」「またフェリーでの船旅がしたい」と、そんな気持ちが生まれました。

たまにはいつもと違う船旅で、お得にのんびりリフレッシュするのもおすすめです!

writer
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

RELATED

関連記事