スピードが速すぎて、聞き取れない
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

会話をしている中で、相手の言ったことが聞き取れないときがありますよね。単純にぼうっとしている時に話しかけられたり、周囲がざわついている場所にいたり。

電話だと電波の調子が良くないということもあります。本日は、そんな「聞き取れずに、困った!」時の役立つ表現をご紹介します。

*編集部追記
2015年11月に公開された記事に、新たに20フレーズ追記しました。
2017年4月に更新された記事に、新たに5フレーズを追記しました。
2017年9月公開の記事に新たに加筆しました。(2019/3/12)

 

海外で実際に使った時のエピソード

相手の話が聞き取れなかった、または聞こえなかった時、聞き返すのはよくあることです。一般的に学校で習うのは「Pardon?」ですが、その他にも色々な言い方があります。

例えば上げ調子での「Sorry?」や、「Can you say that again?」などは会話の中でよく使われるフレーズです。また周囲が騒がしい場合は「I’m sorry, it is a bit noisy here.」や「Could you speak a bit louder, please?」などと言い、相手に声を大きくしてもらうよう頼むこともあります。

また相手の言った意味自体が分からなかったら「I didn’t catch that.」や「Sorry, I don’t understand what you mean.」と言い、もう一度分かりやすく言い直してもらうことも多いです。

これらのフレーズは非常によく使うものなので、ぜひ覚えて会話の中で活用していきましょう。

 

「Pardon?」の由来・意味

そもそも「Pardon?」はラテン語が語源となっており、Par=徹底的に、Don=与えるという意味になります。これがフランス語や英語で「寛容」や「許す」という意味に進化しました。

一般的にネイティブの人が使う「Pardon me」という言葉は「Excuse me」と同じ意味になり、「失礼します」や、話を聞き返す際には「もう一度いいですか?」といった意味合いになるのです。

 

いつでも使える万能表現

聞き返す

●Pardon?
●I beg your pardon?
●Sorry? ※上げ調子で読みます
●Sorry, could you say that again, please?
●I’m sorry, I missed that.
●I’m sorry, what was that?
●Excuse me? ※上げ調子で読みます
●Sorry, could you repeat that again, please?
●One more time, please?
●Sorry, I didn’t quite catch that.
●Sorry, I can’t hear you.
●Would you mind repeating that?
●Huh?
●What’s that?
●Can you say that again?
●What did you just say?
●Can you repeat that?
●I didn’t hear you.
●I didn’t catch what you said.

 

周囲が騒がしくて聞こえない

周囲がうるさい

●I’m sorry, it is a bit noisy here.
●Could you speak a bit louder, please?
●Would you mind saying that again?
●I can hardly hear you.
●I’m having problems hearing you.
●There is a lot of noise.

 

電話で

電話で聞き返す

●Sorry, it’s not a very good connection.
●I’m sorry, it’s a bit of a bad line.
●We have bad reception.

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング