海外でパスポートを紛失・盗難した時の対処法と予防策

Pocket はてブ

海外でパスポートを紛失したり盗難にあったり火事で焼けてしまったなどのトラブルに対処する方法をご案内します。まず第一に決してあわてないことです。冷静になって対処の手順を思い起こしてください。パスポートの再発行手順は大きく分けて三つです。

「紛失」「盗難」「消失」です。原因の違いによって手続きが変わることがあります。旅行先のお国柄によって届け出の手順が変わって来ます。できれば旅行前に届け手順を確認しておくことをお勧めします。

では、実際に何らかの事情でパスポートを失った場合の対処方法をご案内します。

 

転ばぬ先の杖、戸籍抄本を取得して海外旅行に出かけます

海外旅行先では何が起こっても不思議ではないです。高級ホテルでの盗難事件も多発しています。金品やパスポートを狙う泥棒も日本語の戸籍抄本がお金になるとは考えないはずです。事前に取得した戸籍抄本をトランクの片隅かバッグの底あたりに入れておくことをお勧めします。

英語版の本人証明書を作成してくれるツーリスト関連業者さんに代行をお願いすることも可能です。盗難・紛失時の本人証明書類となります。大使館での手続が驚くほどスムーズに進みます。

 

事前の準備で大事な点がもう少しあります

旅行先の大使館で手続きをすすめるには日本の外務省規格の顔写真が必要となります。海外では日本のように証明書写真を簡単に撮れる場所は少ないです。2枚、事前に用意をしておきます。免許書の写真やパスポートの写真をデジカメで撮っておきます。

USBフラッシュメモリーにコピーしておけば万全です。紛失や盗難は無いことが一番です。万が一に備えておけば思わぬトラブルが起きた時でも落ち着いて対応できます。パスポート番号も忘れずに控えておきます。

 

もし、パスポートを紛失(盗難)した時の対処方法です。

紛失、盗難の場合手順は同じです。地元の警察署で紛失届、盗難届を提出します。警察の発行する紛失(盗難)証明書を受け取ります。次に日本大使館へ行きます。慌てて最初に日本大使館に駆け込む人がいます。まず現地の警察署で紛失(盗難)証明書を取得します。

警察で紛失(盗難)証明書を取得する

一般的に、海外の警察は日本の警察のように親切ではありません。おまけに、やり取りは基本英語です。

「パスポートを紛失した」
「紛失したのか、それとも盗まれたのか?」
「いつ?」
「どこで?」
「パスポートの再発行に必要な紛失届の証明書を発行して欲しい」

命の次ぎに大事といわれるパスポートを紛失して、多少なりとも動揺していたとしても、気を落ち着かせて、順序立てて説明することが重要です。

友人や現地に信頼できる人間がいるようなら、一緒について行ってもらうことをおすすめします。

 

年末年始を除き土日、祭日も紛失手続きが可能です

紛失(盗難)証明書が入手できたら大使館に向かいます。パスポートの再発行は通常一週間程度かかります。

ここで重要なのが、「パスポートの再発行」と後述する「渡航書の申請」の二択です。パスポートの再発行は、新規発給申請と同じで以下の書類を用意する必要があります。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

allinone
IT関連のエンジニアをしています。海外赴任はアメリカとフランスに約2年滞在しました。海外赴任中に休日を利用して合衆国各地、カナダなど旅行しました。欧州は、イギリス、ドイツ、イタリアあたりまで足を延…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

トラブル

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品