writer
かにゃ 「ガンクドラム」演奏家

日本で生まれた「ガンクドラム」演奏家として世界を癒し、夢や感動を与えたい!と思い立ち脱サラ。フィリピンを皮切りに現在オーストラリア滞在中。路上演奏・ライブ・ラジオ出演などで活動中。インスピレーションが降ってくる、夜眠れる様になるなど演奏には定評がありコアなファンが多い。


【おまけ1】1:1のマンツーマンの授業が多い。

10748868_733934573343965_1643173741_n

photo by かにゃ

この項目に関しては、スパルタとは関係がないかもしれないのですが、フィリピン留学は1:1のマンツーマン授業が多いというメリットがあります。私は1日6時間以上1:1の授業があったため、先生とは仲良くなり、お互いの会話を楽しみながら英語を学ぶ事ができました。

授業によっては1時間のプレゼンテーションを作ってくるものや、毎日喉が枯れるまで発音練習の訓練と音読という授業もありました。

 

【おまけ2】細分化されたレベル別クラス。

また、私が通っていた学校は初心者から上級までの10段階レベルに加え2,3段階分かれたクラスがある大規模学校だったため、自身の成長を毎月感じることができました。睡眠時間を削ってまで頑張っている人は2段階スキップして飛躍的に語学力がレベルアップしていた事例もありました。

 

まとめ

10807034_733934940010595_61676751_n

photo by かにゃ

このようにドドMで短期間で英語を伸ばしたい!本気で英語を習得したい!真剣に学びたいという方にオススメなのが「フィリピンスパルタ留学」です。来ている人も比較的意識の高い、目的のある方が多かったです。

私はフィリピン留学をして本当に良かったと思います。厳しい環境だったからこそ、留学中はなかなか上達しない自分を責めてしまったり、泣きたくなる時も沢山ありました。しかし、そんな時に支えてくれる仲間と先生がいました。あの時、頑張ったからこそ、その後海外で会話ができる相手が増え、出会いとチャンスが広がり今があるのだと思います。

 

是非あなたも時間をつくってみては如何でしょうか。留学時の記録を残してますので、よろしければご覧ください。

著者(かにゃ)のBlog[カテゴリ:フィリピン留学]はこちら

 

TABIPPO×SchoolWith 共同「旅人応援プラン」始めました!

海外旅行の際の不安の 1 つに「言葉の壁」があると思います。世界への旅をスタートさせるその前に英語を習得しませんか?

「英語を話せなくても旅はできる」これは事実ですが、「英語を話せた方がより楽しく、かつ深い旅ができる」TABIPPO と SchoolWith はただ旅をするだけではなく、その旅で皆さんにより良い経験をしてもらうためのツールとして英語を話せるようになることをおすすめしています。

詳細はこちら→TABIPPO×SchoolWith 共同「旅人応援プラン」

writer
かにゃ 「ガンクドラム」演奏家

日本で生まれた「ガンクドラム」演奏家として世界を癒し、夢や感動を与えたい!と思い立ち脱サラ。フィリピンを皮切りに現在オーストラリア滞在中。路上演奏・ライブ・ラジオ出演などで活動中。インスピレーションが降ってくる、夜眠れる様になるなど演奏には定評がありコアなファンが多い。


RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集