writer
かにゃ 「ガンクドラム」演奏家

日本で生まれた「ガンクドラム」演奏家として世界を癒し、夢や感動を与えたい!と思い立ち脱サラ。フィリピンを皮切りに現在オーストラリア滞在中。路上演奏・ライブ・ラジオ出演などで活動中。インスピレーションが降ってくる、夜眠れる様になるなど演奏には定評がありコアなファンが多い。


今話題のフィリピン留学。行くと決めたら、学校選びに迷う人もいるはず。私もその1人でした。なぜなら、学校によって様々な特色があるからです。日本人率が高かったり、少なかったり、韓国資本の学校だったり、ダイビングやサーフィンができる学校があったり。

その中で、他国留学ではあまり見ない、フィリピン留学独特の良く見かけるワードと言うと「スパルタ」という文字。結果的に私はその「スパルタ」な学校に5ヶ月間留学したのですが、今日はそのスパルタ学校とはどんな学校かをお話したいと思います。

 

1)平日は外出禁止!

10487029_663846063686150_236894546_n

photo by かにゃ

建物が学校と寮とセットになっていて、食堂、教室、寝所が一緒。同じ建物内で生活の全てが完結してしまうため、平日は授業と勉強に集中できるよう、外出禁止というルールになっています。

10634400_692688714135218_1072362788_n

photo by かにゃ

平日が缶詰な分、休日はマーケットに出掛けたり、先生たちと遊びに行ったり、マッサージに行ったり…。連休は旅行するなど、楽しみも沢山経験しました!

 

2)朝から晩までひたすら英語漬け。

10492132_663849277019162_8913403057119468245_n

photo by かにゃ

朝の8:20から授業が始まり、夕方5:00までの正規授業に加えて、朝のオプションクラスは7:00から。夜は最長22:30までに及びます。その後、毎日出される宿題をこなす毎日。正に、英語漬け。

1503685_725962350807854_1412038206_n

photo by かにゃ

Yogaのインストラクターの同僚と私の楽器演奏のコラボレーションイベントなどを開いて、みんなとリフレッシュをする工夫をしていました。

 

3)日本人同士も英語で会話必須

10723090_714348185302604_1848152014_n-2

 photo by かにゃ

私の学校は初級~中初級と中上級~上級orテストモジュール(TOEIC,TOEFL,IELTS等)の2つのキャンパスに分かれていたのですが、上級側のキャンパスでは、母国語禁止というルールが義務付けられていました。

食事をしていても、廊下を歩いていても、日本人同士であろうが英語のみでの会話をしなければいけません。監視も厳しく、ルールを破ると罰金ということになります。

 

部屋内部の監視はありませんでしたが、私は部屋でも極力英語で会話をしていました。その効果として、休日買い物に出掛けた際、久しぶりに日本語で喋ったら、日本語の発音をしにくい、喋り辛い、違和感があるという出来事がありました。

 

writer
かにゃ 「ガンクドラム」演奏家

日本で生まれた「ガンクドラム」演奏家として世界を癒し、夢や感動を与えたい!と思い立ち脱サラ。フィリピンを皮切りに現在オーストラリア滞在中。路上演奏・ライブ・ラジオ出演などで活動中。インスピレーションが降ってくる、夜眠れる様になるなど演奏には定評がありコアなファンが多い。


RELATED

関連記事