ライター
池田 明日翔 ディズニーと空港を愛するバックパッカー

明治大学経営学部/TABIPPO2016大阪スタッフ/TABIPPO2017東京スタッフ/ディズニーと空港を愛する女子大生バックパッカー/フィリピン留学を2回経験。

 

▶︎20:00~22:00までの2時間は義務自習時間として、学内に滞在しなければなりません。

この時間の間は学内で大きな声で話したりせず、お部屋、自習室、テラスカフェ等で、過ごします。多くの生徒はこの時間に宿題やその日の復習をしたり、次の日の単語テストの勉強をします。

 

授業内容

IMG_3931

photo by Asuka Ikeda

IDEA CEBUでは一般英語コースが4種類あり、様々なニーズに対応してコースが選べます。私は大学受験前ということもあり、短期間でTOEICの点数をあげたかったので7コマ中6コマがTOEICクラスのコースでした。

TOEICの授業ではスコア900点以上の先生がマンツーマンで問題一つ一つのポイントや解き方のコツを教えてくれて、毎日模擬テストを受け実践していきます。また、IDEA CEBUではSpeakingやListeningなどの普通の授業に加え、YOGAやDANCEといったアクティビティを通して楽しみながら英語を学ぶ「アクティビティクラス」があります。

 

放課後・休日の過ごし方

IMG_7347

photo by Asuka Ikeda

【平日】
授業後にも義務自習時間があったため自由時間は少なかったですが、夕食後にみんなで大量にマンゴーを買ってマンゴーパーティーをしたり、先生達と一緒にトランプをするなどして過ごしていました。

 

【休日】
留学期間が3週間と短かったので毎週末どこかに出かけていました。シュノーケリングをしたり、地元の人が通うマーケットに行ったり、スラム街やゴミ山を見学するスタディーツアーに参加しました。

フィリピンにはきれいなビーチや観光スポットが盛りだくさんです!

 

最後に「たった3週間でも英語力は伸びる!」

IMG_3879 2

photo by Asuka Ikeda

私は3週間で留学前に比べ120点ほどスコアアップしました!しっかり準備をし、やる気さえあればたった3週間でも成長します!また、語学学校には高校生から社会人まで幅広い年代の人が集まります。

私は、空手の世界チャンピオンや世界一周中の看護師さん、小学校の校長先生など普段の生活では出会うことのできない人と共に勉強し、共に生活しました。短期間で効率良く英語を身に付けたい人、世界一周前に話せるようになりたい人にぜひオススメです!

ライター
池田 明日翔 ディズニーと空港を愛するバックパッカー

明治大学経営学部/TABIPPO2016大阪スタッフ/TABIPPO2017東京スタッフ/ディズニーと空港を愛する女子大生バックパッカー/フィリピン留学を2回経験。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング