writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

「もし1ヶ月休みができたら語学力を伸ばしたい」そう思っている方も多いのではないでしょうか。1〜2週間からの超短期留学も可能となった今、1ヶ月間の留学でもこれから英語力を磨く上で、大きな一歩となるでしょう。

今回は1ヶ月間を有意義に効率的にフィリピン留学にいきたいと思っているあなたに、費用はどれだけかかるのか、実際に英語力はどれだけ上がるのかをご紹介します。

フィリピン留学の費用:1ヶ月の「学費」について

フィリピン留学の1ヶ月の費用は、大体10万円〜15万円程度。なお、フィリピン留学では学費に滞在費や食費が含まれていることがほとんどです。

ホームステイなのか、寮なのか、食事は一日三食付いているのか、ランチは持参なのかなど、プランによって大きく異なりますので、しっかり確認した上で決めましょう。

学費はお得が希望な方におすすめの記事はこちらです
フィリピン留学経験者10人に「留学費用」を聞いてみた!

フィリピン留学の費用:1ヶ月の「滞在費用(食費/交通費/娯楽など)」について


Photo by shutterstock

フィリピン留学の滞在費用は、おおよそ2〜5万円が目安です。

フィリピンは日本よりもずっと物価が安く、食事は一食100円〜200円程度で食べることができるそうです。

そのため、1ヶ月にかかる費用を抑えることはもちろん可能ですが、特に週末に解放されて遊んでしまうと、費用がかさんでしまうので、飲み歩いたりパーティーへの参加はほどほどに。

フィリピン留学の費用:1ヶ月の「ビザ」について

日本人はフィリピン滞在が30日以内であれば、ビザは必要ありません。現地の入国審査を受けるだけで入国でき、留学することが可能になります。

しかし、一日でも過ぎてしまう場合はビザが必要となります。ビザに関しては留学先を申し込む際に、しっかりエージェントに確認しておきましょう。

フィリピン留学の費用:1ヶ月の「授業」について


Photo by shutterstock

フィリピン留学の最大の魅力はマンツーマンでしっかりとした授業が受けられること。もちろんコースや学校にもよりますが、他の国でマンツーマンの授業を受けるよりもずっと安いのです。

そのため、しっかり一人一人の英語力と向き合ってくれる先生が付いているので、他の国で1ヶ月留学するよりも、ずっと集中して英語学習に取り組むことができるでしょう。

1ヶ月でしっかり結果を残したい方は、サポートの充実や授業内容もしっかり確認してから決めることをオススメします。

フィリピン留学の費用:1ヶ月の「英語力」について


Photo by shutterstock

大前提として英語力には個人差があり、全く勉強せず渡航した場合、大体何言っているかわかるというレベルに達するまで、3ヶ月かかると言われています。

1ヶ月の滞在では、どれだけのスピードで現地の生活に適応できるかが、英語力を上げるカギとなってくるでしょう。一週間で慣れるのと二週間かかるのでは、大きな差が生まれます。しかし留学の1ヶ月は、これからもっと積極的に英語を学んでいく上で、大きな1ヶ月になるでしょう。

1ヶ月では、頭に浮かんだ文章を積極的に声に出すことができるレベルの方が多いそうです。もちろん失敗は恐れずに、どんどん話していくこと、文法を組み替える特訓をすることが大切です。

しっかり現地で何がしたいのかを逆算し戦略的に過ごすことをオススメします。文法は渡航前にしっかり復習しておきましょう。

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事