ライター
arukutabizukan あるく旅図鑑

学生時代にヒッチハイクなどで47都道府県を制覇。その後は、ゲストハウススタッフや旅ブロガーを務めたり、タージマハルで体調を崩して倒れて病院に運ばれたり、ハノイでおじさんに絡まれて風俗街に放り投げられたり…紆余曲折ありながらも現役バックパッカーを続行中。

クラークで遊ぶ!人気レジャースポットを紹介

最後に遊ぶところが盛りだくさんのクラークで、私が実際に行ったおすすめの観光地について紹介します。

ナヨンフィリピーノ

photo by tabizukan

「ナヨン」とは、フィリピンのタガログ語で「村」を意味します。少数民族の生活を体験できるコーナーや初代の大統領、フィリピン革命の英雄の家が立ち並ぶエリアなどがあり、フィリピンの文化や歴史を体で感じられます。

そのなかでも、民族舞踊やモダンダンスを1時間ほど披露するダンスショーは目玉。実際に舞台に立ってダンスの体験もできます。

■詳細情報
・名称:ナヨンフィリピーノ
・住所:Clark Freeport, Mabalacat, Pampanga
・地図:
・アクセス:クラーク国際空港からクラークループバスで10分ほど
・営業時間:8:00-17:00
・定休日:博物館のみ月曜、ダンスショーは月曜、火曜定休
・電話番号:+63 45 499 3239
・料金:150ペソ(320円)
・所要時間:2時間

SANDBOX

photo by tabizukan

photo by tabizukan

クラークにある「自然」がテーマの遊園地。 ベルトを装着して壁を這いつくばるように登って、頂上を目指すWALL CLIMBINGや、高い所からそのまま直下して飛び降りるRAPPEL FALLなど、さまざまなアトラクションを体験できます。

■詳細情報
・名称:SANDBOX
・住所:Alviera Subdivision, Sapang UWAK Rd, Porac, Pampanga, フィリピン
・地図:
・アクセス:クラーク国際空港からジプニーで30分ほど
・営業時間:9時00分~17時00分
・定休日:月曜日
・電話番号:+63 45 432 0014
・料金:450ペソ〜750ペソ(プランによって変わる)
・所要時間:1時間〜2時間

SKYRANCH


photo by tabizukan

先ほど紹介した「sandbox」はクラーク郊外にあり、自然を楽しみながら遊ぶのですが、SKYRANCHは都会型の遊園地。観覧車のほか、ジェットコースターやスペースシャトルなど絶叫系のアトラクションから、メリーゴーランドやコーヒーカップなどもあります。

■詳細情報
・名称:SKYRANCH
・住所:Sky Ranch Pampanga, Jose Abad Santos Avenue, San Fernando, Pampanga, フィリピン
・地図:
・アクセス:SM City Pampangaの隣
・営業時間:平日15時00分~0時00分、休日12時00分~0時00分
・定休日:なし
・電話番号:+63 45 963 7681
・料金:100ペソ、150ペソ(200円〜300円ほど)
・所要時間:1時間

ナイトマーケット

photo by tabizukan

3階建ての中型ショッピングモール「ネポモール」の前に、ナイトマーケットが広がっています。ここでは、道の両側に屋台がたくさん連なっています。焼き鳥やドリアンなどの食べ物のほか、衣類やバックなどいろんな生活用品がズラリと並んでおり、日本では見られないような異色の光景が広がっています。

■詳細情報
・名称:ナイトマーケット
・住所:Saint Joseph Street, Angeles, 2009 Pampanga, フィリピン
・地図:
・アクセス:ネポモールの前
・所要時間:30分〜1時間

SMモール

photo by tabizukan

クラークにあるたくさんの大きなショッピングモールの中でも、最も規模が大きい「SMモール」。フィリピンの全域に展開している大型ショッピングモールです。携帯電話ショップや薬局、スーパーマーケットなど、何から何まで揃っています。

店内には、スターバックスやユニクロ、H&Mなど日本でもお馴染みのお店がズラリと並んでおり、フィリピンの発展ぶりを実感できます。

photo by tabizukan

日本食レストラン。 見た目はあまり違和感がないが、味噌汁がかなり甘いです。290ペソ(600円)とフィリピンの物価水準では、少し高めの設定です。

■詳細情報
・名称:SMモール
・住所:Manuel A. Roxas Hwy, Clark Freeport, Angeles, Pampanga, フィリピン
・地図:
・アクセス:クラーク国際空港からクラークループバスで20分ほど
・営業時間:11時00分~21時00分
・定休日:なし
・電話番号:+63 45 499 0198
・所要時間:2〜3時間

フィリピン留学はぜひクラークへ

photo by shutterstock

クラークは勉強しやすい環境で本場の英語を学べるほか、アクティビティスポットもたくさんあります。また、留学してみて、英語力の上達はもちろんのことですが、ネイティブの英語に馴染んだため、以前と比べて海外のバックパックなどで外国人とコミュニケーションが取りやすくなったと実感しています。

フィリピンの語学留学はセブの印象が強いですが、ぜひ今回紹介したクラークも選択肢の一つとして考えてみてください。

ライター
arukutabizukan あるく旅図鑑

学生時代にヒッチハイクなどで47都道府県を制覇。その後は、ゲストハウススタッフや旅ブロガーを務めたり、タージマハルで体調を崩して倒れて病院に運ばれたり、ハノイでおじさんに絡まれて風俗街に放り投げられたり…紆余曲折ありながらも現役バックパッカーを続行中。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング