writer
arukutabizukan あるく旅図鑑

学生時代にヒッチハイクなどで47都道府県を制覇。その後は、ゲストハウススタッフや旅ブロガーを務めたり、タージマハルで体調を崩して倒れて病院に運ばれたり、ハノイでおじさんに絡まれて風俗街に放り投げられたり…紆余曲折ありながらも現役バックパッカーを続行中。

近年、格安で短期間の語学留学のニーズが高まっており、特に、日本から距離が近くて英語が公用語のフィリピンでの留学が脚光を浴びています。

そこで、フィリピンの中でも人気を集めている「クラーク」で一ヶ月間語学留学した著者が、クラークがどのような地域かコンパクトに魅力や観光地をまとめてお届けします。

クラークとはどんな場所?

クラークは、フィリピンの首都マニラから車で2~3時間ほどでアクセスできる場所にあります。

最近ではクラーク国際空港の拡張に伴い、昨年には成田〜クラーク間の直行便が就航されるようになりました。そのため、所要時間は直行便を使って7時間ほど。

photo by tabizukan

クラークの平均気温は30度です。6月〜9月は雨季なので、かなりの雨が降ります。しかし、気温は年中通して安定しているため、少し蒸し暑く感じます。基本的には半袖で過ごすのがおすすめ。

基本的に快晴続きのクラークですが、雨季になると東南アジア特有のスコール(集中的に雨が降る)になることもあるので注意しましょう。

photo by tabizukan

クラークは、国を挙げて開発に尽力しているエリア。政府は、このエリアで140億ドルを掛けて新産業都市「ニュー・クラーク・シティー」づくりを進めており、市街地には写真のようなビルが林立しています。

また、国際空港の拡張やマニラ―クラーク間の高速鉄道建設、官公庁のサテライトオフィスの創設やスポーツ施設の建設など、クラーク地域のインフラ改善に取り組んでいます。このように、クラークでは急速に発展が進むアジアの都市の姿をリアルに肌で感じられます。

フィリピン留学でクラークが人気の理由

語学学校というと、大都市のマニラやリゾート地のセブ島が思い浮かびますが、クラークはなぜ語学学校が多いのでしょうか。その理由についてご紹介しま述べていきます。

本場のネイティブ英語を吸収できるところ

photo by shutterstock

クラークでは、欧米系の講師から本場のネイティブ英語を学べます。それには、クラーク特有の歴史的な背景があります。

クラークには数十年前まで、アメリカ空軍の大きな基地がありました。米軍の拠点として栄え、多い時には15,000人のアメリカ人が住んでいたとされています。そのアメリカ空軍の子孫たちが、クラークに点在しているのです。つまり、もともとネイティブの英語を話すという風土があったのです。

実際に、クラークの語学学校のほとんどは、彼らがネイティブ講師となって活躍しています。私の通っていた語学学校にもたくさんいましたし、ネイティブ講師から英語を教えてもたらいたいということが決め手で、クラークの語学学校にした人も多くいました。

高いお金を掛けて欧米に行かなくても、手軽にネイティブの英語を学べるという点で、クラークは語学学校に人気の場所なのです。

治安が良くて落ち着いた環境にあるところ

photo by shutterstock

東南アジアというと、治安が良くないイメージがありますが、クラークは非常に安全な場所であります。

特に、クラークは政府が開発を集中的に行っている経済特区で、税関・治安法令もフィリピン他地域と異なって非常に厳しいため、治安は大変良好です。区域内を出入りする人や車はゲートのセキュリティによって万全にチェックされており、先進国並みの治安です。特区外は、特区ほど綺麗で整備されてはいませんが、閑静な住宅が多く並ぶため、物騒な雰囲気はほとんどありません。

当時海外に慣れていなかった私は、できるだけ喧騒な雰囲気がなくて落ち着いてるところがいいと思い、クラークという地区を選びました。実際に一ヶ月滞在して危険な目にも遭うこともなく、問題なく過ごせました。

また、語学留学後はバックパックで東南アジアを一周したのですが、治安の良さという点では東南アジアにおいて五本指に入るほどの地域だと思っています。

レジャースポットやアクティビティなどがたくさんあるところ

photo by shutterstock

語学学校の醍醐味といえば、勉強はもちろん、やはりお休みの日のアクティビティでしょう。クラークは、ショッピングセンターやレジャー施設が非常に充実しており、遊びに飽きない場所です。

大型のショッピングモールや、ビーチリゾート、水族館、動物園、屋外プール、ゴルフ場、スーティングスポット、トレッキング、さらには温泉など、数え切れないほどのさまざまなアクティビティが存在します。

語学学校でできた友達といろんな場所に遊びにいきました。次の項目では、そのおすすめスポットを一部紹介します!

writer
arukutabizukan あるく旅図鑑

学生時代にヒッチハイクなどで47都道府県を制覇。その後は、ゲストハウススタッフや旅ブロガーを務めたり、タージマハルで体調を崩して倒れて病院に運ばれたり、ハノイでおじさんに絡まれて風俗街に放り投げられたり…紆余曲折ありながらも現役バックパッカーを続行中。

RELATED

関連記事