writer
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

こんにちは!薬剤師ライターのmaiです。最近人気のフィリピン語学留学ですが、日常英語だけではなく医療英語も学べる学校があることを知っていますか?

世界一周経験者やバックパッカー達と出会う中で、「看護師など医療系の割合がとても多いな」と日々感じています。そんな旅好き医療従事者にぴったりの医療英語学校「HLCA」について、実際の体験談を元に紹介していきます。

 

留学リピート率15%!一般英語も医療英語も学べるHLCAの紹介

photo by pixta

セブ市内にある、医療英語学校「HLCA」。数多くの看護師、医師、理学療法士、助産師、薬剤師など、さまざまな医療従事者が学んだ医療英語学校です。初心者向けのコースから、海外での就職を視野に入れたレベルの高いコースまであり、自分に合ったカリキュラムを選択できます。

 

15〜20名の少人数制

photo by mai

HLCAは生徒数が15〜20名程度で、少人数で授業を行っています。マンツーマンレッスンかつ少人数なので、生徒一人ひとりに合った課題・授業内容を希望しやすく、自分好みにカスタマイズ可能です。

実際に、「初めは医療英語多めでカリキュラムを組んでいたけれど、途中で医療英語よりも日常英語の比重を増やしたい」とプランを変更した生徒もいました。

photo by mai

また、医療英語の中にはさまざまな科目があるので、途中で「やっぱりこの科目を習いたい」など考えが変わる人もちらほら。そんな場合も、途中で変更可能です(別途料金が必要な科目もあります。また、変更後差額により安くなった場合返金はされないので注意してください)。

HLCAは受付・授業スペース・会議室・休憩ラウンジが、同じ空間にまとまっています。日本人インターンの方が常に受付にいてくれるので、授業内容や日常生活など、困ったことがあればすぐに相談できます。

「やっぱりこの科目を学びたい」「もっと授業のペースを早めたい(遅くしたい)」など、実際に行ってみないと分からないことも、しっかり対応してもらえました。

 

事前希望によりランチ付きも可能(有料)

photo by mai

HLCAでの留学プランは、ランチ付きかランチ無しかを選択できます。ランチは日本食でお味噌汁付き。量は多めなので、十分お腹いっぱいになります。

ただ、入学前に「ランチ無し」を選択した場合、現地に行ってから「ランチ付き」への変更はできません。また、ランチ無しへの変更でも差額は返金されないので注意しておきましょう。

ランチ付きを選択した生徒たちは、フィリピンの講師とおかずを交換したり、ランチタイムを楽しく過ごしていました。留学が初めての方・日本食を定期的に食べたい方は、「ランチ付き」を選択しておくことをおすすめします。

photo by mai

私は現地の環境やフィリピン料理も楽しみたいと思っていたので、ランチ無しのプランで入学。しかし、HLCAは課題の量が多い日もあり、ランチタイムの空き時間で課題をする生徒もちらほらいました。

そんな生徒たちを見て、私も隙間時間を利用したい!と考え、お昼ごはんを食べに行く生活から毎日自分でお弁当を持参する生活に変更しました。皆と一緒に休憩スペースでぱぱっとお昼ごはんを食べた後、集まって課題をこなし授業に参加。これにより勉強と休憩のメリハリをつけて過ごすことができました!

自分がフィリピン留学を、どんな風に過ごしたいかで状況が変わると思うので、自身のスタイルを考慮して選択を行いましょう。

 

フレンドリーで賢い医療英語の先生達は全員が医療資格保有者!

photo by mai

HLCAにいるフィリピン人の先生たちは、一般英語を教える方と医療英語を教える方でざっくりと分かれています。

医療英語を教える先生たちは、全員医療従事者の資格を持っています。私が滞在した時は、看護師・理学療法士・薬剤師など、様々な資格を持つ先生たちが教えてくれていました。自身と同じ資格を持つ人に教えてもらうと、実践的な内容や細かい範囲についても詳しく質問できて、とても理解しやすかったです。

そして、フィリピン人は本当にフレンドリーな人ばかり。わからない内容について根気よく教えてくれたり、「ちょっと疲れたでしょ?」と自前のお菓子をプレゼントしてくれたり。

生徒によって、この授業は簡単かな?難しいかな?ということも判断して授業ペースを変更してくれますし、授業内容の相談にも乗ってくれます。マンツーマン授業ですが、科目毎に先生が変わったり、授業内で人形を使用した実践授業もあるので、気分転換しながら学べます。

 

HLCAの立地

photo by pixta

HLCAは、フィリピン・セブの中でも大きい「ITパーク」の中の、オフィスビル11階にあります。

ITパークは、フィリピン政府が安全対策をしている経済特区であり、外資系の企業や飲食店、ナイトマーケットも入っています。緑豊かで、休憩時間や授業後に散歩するのもとても気持ちよく、リラックスして過ごせてとても便利!

フィリピン留学の語学学校のほとんどは、「外に出る時は危ないので注意するように」と言われる場所にあります。もちろん、注意は必要ですが、初めてフィリピン留学する方や「授業後にカフェに行って気分転換したい」などと考える方には、安心して過ごせるぴったりの立地です。

■詳細情報
・名称:KREDO IT ABROAD INC. HLCA
・住所:IT Park Campus Park Centrale Building 11th floor , Cebu IT Park, Apas Cebu City, Philippines 6000
・地図:
・アクセス:マクタン・セブ空港からバスで20〜30分、タクシーで30〜40分
・営業時間:8:00〜17:00
・定休日:土曜日、日曜日
・電話番号:050-5534-5127
・公式サイトURL:https://hlca-english.com/

 

近くのカフェ・コンビニ

photo by mai

ITパークの中は、ファーストフード店、カフェ、バーやコンビニなど飲食店が充実しています。フィリピンの有名ファーストフード店「ジョリビー」から、日本食料理店まで選び放題。

カフェも多いので、ITパークの中だけでもさまざまな種類の食事を十分楽しめます!

 

同じビルにあるIT英語留学学校「Kredo」の生徒とも交流!

photo by mai

HLCAと同じビルには、セブ島で唯一のIT×英語留学学校「Kredo」が入っています。シェアハウスでの滞在を選ぶと、Kredoの学生の方と一緒に生活することとなり、色んな人・他職種の人と交流できる機会にも恵まれます。

シェアハウスは男女別ですが隣接しているので、皆で予定を合わせて食事したり観光したり。医療従事者と関われるだけでなく、違う専門分野の学生とも交流できたことは大きな刺激になりました!

writer
mai 薬剤師/トラベルライター

海外・国内ノマドワーカー。 働き方・生き方を考え直して薬剤師→フリーランスへ。 海外10カ国、国内では沖縄から北海道など様々な土地で派遣薬剤師・ライター・ブロガー・ディレクター等を行う。大好きな旅をしながら働いています。

RELATED

関連記事