ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

人を撮る時や、観光地で撮影の許可をもらいたい時に使えるフレーズ

shutterstock_128187503

photo by shutterstock

Do you mind if I take a picture of you?
あなたの写真を撮ってもいいですか?

Are we allowed to take pictures here?
ここで写真を撮ってもいいですか?

 

誰かの写真を撮ることを提案する時のフレーズ

Shall I take a picture for you?
あなたの写真を撮りましょうか?

May I take your picture?
あなたの写真を撮ってもいいですか?

 

撮影ルールを伝えられる時のフレーズ

Please get a permission when you take pictures.
写真を撮るときは許可を得てください。

No photos without permission!
許可なしに写真撮影をしてはいけません。

 

写真を撮っている際に、警官に呼びかけられた場合

photo by pixta

No PHOTO!
撮影はダメです!

 

言い訳をする時のフレーズ

I don’t take a photo of this building.
私はこのビルは撮っていません。

 

怒られて謝る時のフレーズ

I’m sorry for taking a photo.
写真を撮ってすみませんでした。

 

撮影許可が欲しい時のフレーズ

Can I take a photo hare?
ここで撮影してもいいですか?

 

写真をとってはいけない場所で使うフレーズ

Please don’t take a photo in front of embassy.
大使館の前で撮影してはいけません。

 

そもそも写真は「photo」?「picture」?

 

英語を使って楽しく写真撮影しよう!

日本とは違った、海外の素敵な景色。つい自分も含めて写真を撮りたくなってしまいますよね。そんなときは、「Would you 〜?”」や「Could you 〜?」などの丁寧な表現を使って写真撮影を頼んでみましょう。

また、美術館や博物館などの施設を訪れた際は、写真撮影できるかどうか訪ねるのも大事。勝手に撮って注意されないよう、今回ご紹介した英語を使って気持ちよく撮影しましょう。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング