writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

「海外旅行に行ったはよいものの、写真を見返してみると自分が写っていなかった!」という経験はありませんか?

せっかく旅行に行くのですから、自分も思い出の一枚として残りたいですよね。そんなときは、ちょっと勇気を出して「写真を撮ってもらえますか?」と話しかけてみてはどうでしょう?

今回は、旅行先で写真を撮る際に使える英語のフレーズを、シーンに合わせて30選ご紹介いたします。

*編集部追記
2017年1月に公開した記事に新たに5選加筆しました。(2017/09/21)
2017年9月に公開した記事に新たに加筆しました。(2019/01/24)

 

海外先でのエピソード

海外先での写真に関して強烈に覚えているのがボスニア・ヘルツェゴビナです。私は在ボスニアアメリカ大使館の前で街並みを撮っていました。すると、警備員が近付き「NO PHOTO」だと言われ、パスポートの番号まで記録される事態に。

それ以上のトラブルには発展しませんでしたが、今でも猛反省しています。とにかく「NO PHOTO」と言われたら、おとなしく従うようにしましょう。最悪の場合、拘束される恐れがあります。

 

写真を撮って欲しい時に使えるフレーズ

shutterstock_159175196

 

店員や知らない人に丁寧に頼む時のフレーズ

Could you take a picture of us?
写真を撮って頂けますか?

Would you mind taking a picture of us?
私たちの写真を撮っていただけませんか?

 

フラッシュを使いたい時のフレーズ

Can I use a flash?
フラッシュを使用してもいいですか?

 

相手に細かい指示をする時のフレーズ

I need that building in the background.
あの建物が入るようにお願いします。

Would you please press the button for us?
このボタンを押していただけませんか?

Just press here.
ここを押してください。

Can you do it twice with this camera and this cell phone?
このカメラと携帯とで2回撮って頂けますか?

 

一緒に写真に写って欲しい時に使えるフレーズ

shutterstock_470871476

 

友人同士カジュアルに写真を撮るときのフレーズ

Let’s take a picture together.
一緒に写真撮ろうよ。

 

丁寧に頼む時のフレーズ

May I take a picture with you?
あなたと一緒に写真を撮ってもいいですか?

Would you be in a picture with me?
私と一緒に写真を撮りませんか?

 

撮る時の合図

I’m going to take a picture. Say Cheese.
撮りますよ、はい、チーズ。

 

もう一枚取りたい時のフレーズ

One more, please.
もう1枚よろしくお願いします。

 

写真の出来を伝える時のフレーズ

It Looks good.
(撮った写真をチェックしながら)良い感じですね。

 

写真を撮ってあげる際に使えるフレーズ

shutterstock_478355443

Would you like me to take a picture of you?
あなたの写真を撮りましょうか?

Would you like me to press the button for you?”
(シャッター)ボタンを押しましょうか?

Are you ready? On the count of three. One, two, three!
準備はいい?三つ数えたらね。いち、にい、さん!

Are you ready? Say cheese!
準備はいい?はい、チーズ!

Squeeze in!
もっとギュッと寄って!

Would you like to check the photo(s)?
写真を確認してもらっていいですか?

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事