パラオの観光スポットを良かった順で10ヶ所【高画質写真で紹介】
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

パラオの旅行メディアを立ち上げるための取材で10泊11日滞在しました。コロール島を中心に、北は絶景やシュノーケルのカヤンゲル、南は第二次大戦の戦跡が残るペリリュー島など幅の広い観光スポットがあるパラオですが、それでも10日の滞在はかなり長めです。

主要な観光スポットはほとんど訪れ、チャーターボートで通常のツアーでは訪れない島々まで足を伸ばしました。後ほど詳しくまとめますが、6人以上のグループならチャーターボートやチャーターカーで観光した方が自由度が高いし、気も使わないので楽しいです。

 

本記事ではパラオの観光スポットをオススメ順に紹介します。

・パラオを好きになる絶景
・パラオ旅行が思い出になるアクティビティ
・パラオの文化を感じる体験
などがあるスポットが上位になっています。

それでは、本題です。

 

カヤンゲル環礁

カヤンゲル環礁

カヤンゲル環礁

カヤンゲル環礁がパラオの観光スポットで最も美しく、ユニークでした。パラオ最北端に位置するため、パラオの中でも秘境扱いの場所ですが、パラオブルーの海に浮かぶ無人島や潮位が下がった時に現れるロングビーチが人気です。

ツアーによっては、カヤンゲル環礁へ向かう途中の漁礁で手釣りをして、釣れた魚でBBQをすることもできます。

 

灯台

灯台

灯台

日本統治時代の影響で今でも多くの日本語が残るパラオでは、灯台はTOUDAIと呼ばれ続けています。

空港のあるバベルダオブ島の北部には旧日本軍が建築した灯台跡があり、高地の少ないパラオでは貴重な遠景が見れる場所です。

 

エビールチャネル

エビールチャネル

エビールチャネル

カヤンゲル環礁に向かう途中にエビールチャネルというポイントがあります。パラオには他にもウーロンチャネルやジャーマンチャネルなどのチャネルがあり、チャネルとは水路のことを意味します。

水路状の地形には浅瀬や側面に多くのサンゴ礁が生まれ、魚も集まるのでシュノーケリングのベストスポットになります。

 

パラオ旅行中に4回ほどシュノーケリングをしましたが、エビールチャネルが最も海中が美しく、波も高くなかったので、良い経験ができました。

 

ロングビーチ(オモカン島)

ロングビーチ(オモカン島)

ロングビーチ(オモカン島)

パラオでロングビーチというと、オモカン島そばロックアイランド内にあるロングビーチを指します。カヤンゲル環礁のロングビーチのことを知っているのは、パラオ旅行経験者でも少数派です。

オモカン島ロングビーチは、カヤンゲルロングビーチよりも出現条件が難しいですが、潮位と天候がバッチリと噛み合うと水中から弧を描いてビーチが現れます。

 

ガラスマオの滝

ガラスマオの滝

ガラスマオの滝

海の観光スポットが多いパラオでは移動はボートですが、バベルダオブ島にあるガラスマオの滝はトレッキングが楽しめます。男性の足で片道30分ほどかかるので、なかなか歯ごたえのある道です。

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事