編集部

三重県うまれ、気づいたら住民票は茨城県。旅をこよなく愛し、放浪するあまり「どこにいるかわからない」と聞かれる始末。2023年にTABIPPOへジョイン。Instagramでは#miiitrip_〇〇というオリジナルハッシュタグで旅情報を発信中。さつまいもとカヌレ、きらきら光る水面が好き。

POOLO LIFE7th_05

現在、絶賛参加者募集中のPOOLO LIFE7期。
「旅と人生をつなぐ大人の学び」って書いてあるけれど、具体的にはどんなことを学ぶの?誰が講義をしてくれるんだろう?

そう気になっている方もいらっしゃるはず。この記事ではPOOLO LIFE7期のゲスト講師をご紹介していきますね!

でもその前に。少しだけPOOLOについての紹介です。

「旅をテーマに学ぶオンラインスクール」POOLO


POOLOは「旅をテーマに学ぶオンラインスクール」です。

公式サイトはこちら

POOLOを運営する会社TABIPPOのビジョンは「旅で世界を、もっと素敵に。」

そんなビジョンに共感し、国内外問わず、世界中を旅してきたTABIPPOのメンバーが思っていることがあります。

「旅は人を幸せにする、旅は人を強くさせる、旅は人を利他にする」

旅をする人が増えるだけではなく、その経験がどれだけ人生を豊かにしてくれたのかを、大切にしたい。

TABIPPO _thailand個性豊かすぎるTABIPPOメンバー

旅をすることで幸せになる人が増えること、これからの時代に社会で活躍する人材を育てること、そして利他の精神で社会に貢献する人を増やすこと。この3つを通して、TABIPPOは旅で人生が豊かになる仕組みを創りたいと考えています。

そして旅好きが大人になってからも学ぶ場所をつくりたいと思い、つくられたのがPOOLOなのです。

POOLOにある4つのコースのうち、ライフデザインについて学び・考え・アップデートを目指すのが今回募集しているPOOLO LIFE7期です。

【参加者ミッション】旅をテーマに学び、仲間との共創を通してライフデザインをアップデートをする

学びのフェーズ
POOLO LIFE7期では、8ヶ月間4つのフェーズ毎にテーマに沿った講義で学びを深めます。

そして最終目的は、各自のライフデザインをアップデートすること。

現状に悩みを抱えていたり、踏み出せなかったり、共創する仲間を探したかったり。そんな方々にぴったりです。

ライフデザインをアップデートするヒントがPOOLO LIFEの講義には詰まっています。

[Phase1:自分の強みを理解する]ゲスト発表!

それではお待たせしました、[phase1]で登壇していただくゲストの発表です。

合同会社tri 代表CEO 大久保圭祐さん

[Phase1]のテーマ「自分の強みを理解する」で登壇いただくのは合同会社tri 代表CEO 大久保圭祐さん。

大久保さんは2020年に“自分の強みを活かした自由な働き方をもっとたくさんの人に実現して欲しい”という想いから、会社員と並行しながらコーチとして活動を開始。

実績&人脈&集客ノウハウ全てゼロの状態からのスタートでしたが1年後には、「強み重視のキャリアの作り方」に関する相談が日本全国だけではなく、アメリカやインドネシアなど海外からも届くようになり、年間100人以上の悩みを解決するように。

SNS経由での強みの解説依頼も累計1,200名を超え、副業でのコーチ収入が月400万円に到達したという、驚異的な進撃をみせたコーチの一人です。

現在は2023年に法人化した合同会社triで代表CEOを務めながら“もっとシゴトを楽にする”をコンセプトに、個人及び法人向けに強みの活用&開発に特化したパーソナルコーチング、公開ワークショップ、企業研修を提供されています。

旅人とも親和性の高いコーチング。今回POOLO LIFE7期ではTHE COACH Academyへというコーチングスクールと業務提携をし、コーチング留学も可能になりました。コーチングが気になっている方、おすすめです。(詳しくはこちら

[Phase2:あたらしい旅から学ぶ]ゲスト発表!

poololife_7th_guest_part1

[Phase2]のテーマ「あたらしい旅から学ぶ」で登壇したいただくのは、ニュージーランドに在住し作家・森の生活者・環境保護アンバサダーの肩書きをもつ四角大輔さん、株式会社おてつたび 代表取締役の永岡里奈さん、そして駒沢女子大学の観光文化学類・教授である鮫島卓先生です。

作家/森の生活者/環境保護アンバサダー 四角大輔

POOLO LIFEの1期生たちの代からお世話になっている四角さん。

四角さんはニュージーランド湖畔の森で、サステナブルな自給自足ライフを営み、場所・時間・お金に縛られず、組織や制度に依存しない働き方を実現されています。

「グリーンピース・ジャパン」「フェアトレード・ジャパン」「Earth.Org」等の国際的な団体の日本初アンバサダーに抜擢され、環境省「森里川海」のアンバサダーを務める一方、『超ミニマル・ライフ』『超ミニマル主義』『人生やらなくていいリスト』『自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと』『モバイルボヘミアン 旅するように働き、生きるには』『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』など多数の名著を世に出し続けている作家でもあります。

今でこそ、ニュージランドでサステイナブルな生活を送っている四角さんですが、このライフスタイルにたどり着いた理由は?

ライフデザインのヒントが隠されているかもしれません。

株式会社おてつたび 代表取締役の永岡里奈さん

三重県尾鷲(おわせ)市出身の永岡さん。

三重県は南北に細長く、南部エリアにある永岡さんの出身地尾鷲は自然が豊かな一方、車がなくては行きにくい場所。そんな自分の出身地のような一見何もなさそうに見えてしまう地域に人がくる仕組みを創りたいと思い、永岡さんは2018年7月株式会社おてつたびを創業し『おてつたび』を運営しています。

地域の短期的・季節的な人手不足で困る事業者(宿泊施設や農家等)と、「知らない地域へ行きたい!」と思う地域外の若者をマッチングするwebプラットフォーム『おてつたび』。永岡さんが生み出した「お手伝い」×「旅」というあたらしい旅の形についてお話を伺います。

駒沢女子大学 観光文化学類 教授 鮫島卓先生

四角さんと同じく、POOLO LIFE1期の時から旅について講義をしてくださっている鮫島先生。POOLOでは「さめたく先生」の愛称で親しまれています。

鮫島先生の専門は観光経済学。最近はイタリアのアグリツーリズモ研究,変革的旅行経験の研究をされているそうです。

観光経済学については興味があったけれど、もうこの時点で「アグリツーリズモ研究?」「変革的旅行経験の研究??」となっている方。安心してください。POOLO LIFE7期の講義で質問してみましょう。

現在は観光経済学を専門とする鮫島先生、旅に目覚めたきっかけは釣りをしていた9歳のときだそうです。ヨットで世界一周中の豪州人に出会い旅に開眼されたそうです。以来70ヶ国訪問しているれっきとした旅人の一人でもあります。世界中を旅し、一時期は大手旅行会社HISに勤めるも、現在は研究者という一風変わった経歴の持ち主である鮫島先生の考える「あたらしい旅」について教えていただきましょう。

第2弾の発表お楽しみに!

今回は[Phase1][Phase2]のゲスト講師の発表でした。

気になるゲスト講師はいましたか?

現在、POOLO LIFE7期は2024年2月26日まで募集中です。

気になるけれど、もう少しきちんと説明を聞いてみたい方は、毎日個別相談会を実施しておりますので、お気軽にご相談ください。
個別相談会へ行ってみる

めちゃめちゃ気になった!参加したい!という方は下の青いボタンからPOOLO LIFEへお申し込みください。
申し込みはこちらから

皆様のこと、お待ちしています!

編集部

三重県うまれ、気づいたら住民票は茨城県。旅をこよなく愛し、放浪するあまり「どこにいるかわからない」と聞かれる始末。2023年にTABIPPOへジョイン。Instagramでは#miiitrip_〇〇というオリジナルハッシュタグで旅情報を発信中。さつまいもとカヌレ、きらきら光る水面が好き。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧