ライター
SATOMI オーロラガイド/南米大好き

初めての海外はオーストラリアへの家族旅行。初めての場所や人、景色や文化に触れる刺激がたまらなく好き!地球上の絶景に自分の足で立つ事、それぞれの場所での人との出会いが日々の活力です。カナディアンロッキーと南米大好き。スペイン語勉強中。現在はオーロラガイドとしてカナダのユーコン準州在住。

こんにちは。カナダのユーコン準州でオーロラガイドをしているSATOMIです。

国内・海外にかかわらず、旅行をするとしたら、なるべく長期間がいいという方が多いのではないでしょうか?特に一度も行ったことのない場所へ行くときは、できるだけじっくり見てまわりたいものですよね。

ただ、限られた旅行日数であればなかなかそうもいかず、行きたい場所を絞らなくてはならないもの。

photo by PIXTA
私も以前、オレゴン州のポートランドへ行った際、滞在時間が2日間しかありませんでした。

今回は、そんななかでも”急ぐことなくゆっくり”ポートランドの街の雰囲気を味わうことのできる旅程をご紹介します。

初めてのポートランドへ!

Photo by Shutterstock
まず私が出かけたのは9月末の秋の時期、もともとは同州ベンドという街にあるスミスロック州立公園に行く予定で、その前の2日間を使っての滞在でした。

飛行機でポートランド国際空港まで飛び、そこからゲストハウスまではバス移動、その他は街並みをじっくり楽しみたかったのですべて徒歩移動でした。

朝晩少し冷えるものの、日中は半袖でまったく問題ないちょうど過ごしやすい気候でした。

何食べる?グルメの宝庫フードカート

Photo by SATOMI
ポートランドへ来たら絶対に行こうと思っていたのが、フードカートがたくさん並ぶ「フードカート・ポッド」です。

特に、ポートランド州立大学や、Third Ave. Food Cart Pod、Fifth Ave. Food Cart Podのエリアにはポートランドを代表する人気フードカートが集まっています。タコサンド、麺類、ケバブ、スイーツ、ベジタリアンメニュー、ライスボウルなど3食すべてフードカートで購入したくなるほど魅力的!

ポッドはポートランド内にいくつか点在していますが、ダウンタウンや住宅街では、列ができている大人気フードカートも。

私は写真のケバブサンドを食べましたが、ボリューミーで、お肉とガーリックの効いたドレッシングとの相性が最高でした!

「SW Park Ave」散歩にぴったり!学生の街


Photo by SATOMI
私が特に気に入った場所のひとつが、ポートランド州立大学の周辺エリアです。学生が多く、ダウンタウンとはまた違った雰囲気を味わえました。

ポートランド州立大学の近くにあるSW Park Aveは街路樹に囲まれた大きな通りです。フードカートだけではなく、マーケットも開かれており、花や手作りアクセサリーを売っている人などさまざま。学生やお昼休憩の会社員たちで賑わいをみせていました。

カフェも多くあるので、コーヒーを片手に散歩するのもいいかもしれませんね◎

ふらりとショッピング♪おしゃれなお店がたくさん!


Photo by SATOMI
街を歩くと、おしゃれなお店がたくさん目に入ります。雑貨屋、古着屋、カフェ、本屋、ビンテージショップなどなど、どのお店も見て周るだけでもとても楽しかったです。

写真はかわいらしい雑貨屋さんで見つけたクラフトビール。

散歩の休憩を兼ねてカフェ兼本屋に立ち寄ったり、古着屋さんで普段はあまり着ないような服や鞄を物色したりして過ごしました。

ヴィンテージコーナーもあり、絶対に誰とも被らないような奇抜な服もたくさん♪ たった5ドルという激安価格で購入したスカートはお気に入りで、今でもよく履いています。

荷物を少なく持って行って、現地で思い出に何か購入するのもいいかもしれないですね!

住宅街でみる圧巻の紅葉!


Photo by SATOMI
訪れた季節は秋。住宅街を散歩すると、紅葉の美しさに圧倒されました。時期がちょうど良かったのもあり、メープルをはじめとする背の高い広葉樹が黄色や赤に染まった景色を堪能できました。

“観光スポット”以外にも、旅先の”普通の生活が見える場所”を見てまわるのは旅の醍醐味ですね!路地裏通りにある、ひょっとすると見逃してしまいそうなお店やカフェや景色を発見できるので、歩いてまわるのをおすすめします♪

多国籍交流のチャンス!短い滞在もホステルで楽しんで

Photo by SATOMI
宿泊したのは「HI Portland Hawthorne District – Hostel」。

このホステルは、町の中心部へと続くSE Hawthorne Blvd沿いに位置していて、周りにはお店がたくさん。バス停からは徒歩で数分の場所にあり、短い滞在期間でも街中と少し外れたよりローカルな雰囲気の両方を味わうことができました。

設備は、共同のキッチンとバスルーム。部屋はプライベートとドミトリータイプから選択可能です。

嬉しいことに朝食にはコーヒーや紅茶と合わせて、自由にパンケーキを焼くことができました。

photo by Unsplash

もっとも嬉しかったポイントは、コモンエリア(リビングのようなスペース)。

photo by Unsplash
これはホステルならではですが、いろいろな国や地域から来ている方と出会うチャンスなんです♪

わたしはこの交流を通じて、スキー用品の買い付けに来ている日本人の方に出会ったり、同室になったハワイ出身の方とごはんに行ったりと、他にも素敵な出会いをすることができました。

観光以外でも充実した時間を過ごすことができるので、短期間の旅行ではゲストハウスに泊まるのが個人的にはおすすめです。

■詳細情報
・名称:HI Portland Hawthorne District – Hostel
・住所:3031 SE Hawthorne Blvd, Portland, OR 97214, United States
・地図:
・電話番号:503-236-3380
・予約サイトURL:https://labanquise.com/en/

2日間でも満喫できるルートで大満足ステイに

今回はたったの2日間という短い滞在でしたが、意外とゆっくり楽しむことができ、いつかまた行きたいと思える滞在になりました。

短い期間しか休みがないけれど、せっかく行くならバタバタした旅行にはしたくないというときは、”絶対に行きたい場所”を1、2か所に絞って満喫するのがおすすめ。

私も、今回味わいきれなかった魅力は次回の楽しみに取っておこうと思います。

ライター
SATOMI オーロラガイド/南米大好き

初めての海外はオーストラリアへの家族旅行。初めての場所や人、景色や文化に触れる刺激がたまらなく好き!地球上の絶景に自分の足で立つ事、それぞれの場所での人との出会いが日々の活力です。カナディアンロッキーと南米大好き。スペイン語勉強中。現在はオーロラガイドとしてカナダのユーコン準州在住。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング