ライター
Yu 元パティシエ&日本語教師

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数28ヵ国。現在ポルトガル領のアゾレス諸島に在住。

こんにちは。現在ポルトガル在住で、元パティシエのYuです。私は甘いものが大好きで、旅好きと甘いもの好きがあいまって、旅行に行くとその国ならではのスイーツを食べまくります。

今まで28ヵ国を旅し、日本でも圧倒的人気のフランス菓子、バームクーヘンやシュトーレンで有名なドイツ菓子、日本に出店しては話題になるアメリカのスイーツなど、さまざまな国のお菓子を食べてきましたが、個人的に感動するほどの美味しさだったのが、ポルトガルのお菓子!

そこで今回は、あまり日本ではメジャーではないけれど、とっても美味しいポルトガルのスイーツについて紹介します。

パステル・デ・ナタ


photo by Yu

まず紹介するのは、パイ生地の中にカスタードクリームをたっぷり詰めて焼き上げた、ポルトガル人が大好きな国民的お菓子「パステル・デ・ナタ」。サクサクのパイ生地と、濃厚で絶妙な甘さのクリームの組み合わせが抜群なんです!

日本で一時期大ブームになった「エッグタルト」は、実は、ここポルトガルが発祥なんです。日本のエッグタルトはその名の通りベースがタルト生地のものが多かったですが、こちらは必ずパイ生地。個人的にはパイ生地のほうが食べ応えも軽く、何個でもいけてしまう美味しさでした。

ポルトガル中どこででも見かけるお菓子なので、いろいろなお店で食べ比べするのも楽しいですよ。

おすすめのお店「Manteigaria」


photo by Yu

こちらはポルトとリスボンに数店舗展開するパステル・デ・ナタの専門店。国内外さまざまなメディアで「ポルトガルでナンバーワンのパステル・デ・ナタ」とか「ポルトガルに行ったら必ず行くべきペイストリー」などと紹介されています。


photo by Yu

店内のカウンター奥のキッチンで、パイ生地やカスタードクリームを職人さんたちが作っているのが眺められます。

細かく焼き上がりの時間を分けていることで、常にパイ生地がサクサクの焼き上がりに近い状態で味わえるのも魅力の一つ。タイミングが合えば、焼き立てホカホカの温かいパステル・デ・ナタも味わえ、それはもう、悶絶物の美味しさなんです。


photo by Yu

私はシンプルに何もかけずに食べるのが好きですが、シナモンや砂糖をたっぷり振りかけて食べるのがポルトガル流。また違った美味しさなので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Manteigaria
・住所:Rua dos Clérigos nº37, 4050-205 Porto
・地図:
・アクセス:ポルトのサン・ベント駅より徒歩3分
・営業時間:8:00~0:00
・定休日:なし
・電話番号:22 208 2582
・公式サイトURL:https://www.instagram.com/manteigaria.oficial/

ケイジャーダ

photo by Yu

ケイジャーダとは、フレッシュチーズを使ったポルトガル版チーズタルト。パリッとした薄い生地に、チーズを使ったしっとりとしたフィリングを流し込んで焼き上げており、地域ごとに異なる味のケイジャーダがあります。

また、店によってはオレンジ味、ココナッツ味、パッションフルーツ味など、さまざまなバリエーションが。毎日ケイジャーダを食べ続けても、毎日新しい味に出会えると言っても過言ではないほど、種類が豊富なのも特徴です。

おすすめのお店「Cafe Arcada」

photo by Yu

ポルトガル各地を旅する中で、さまざまなケイジャーダを食べましたが、一番のおすすめは、ポルトガル中部エヴォラという都市にある「Cafe Arcada」のケイジャーダ・デ・エヴォラ。その名も「エヴォラのチーズタルト」です。

創業70年を超える、老舗カフェのショーケースには、このケイジャーダが山盛り陳列されていて、見た目からしてとても美味しそう。

photo by Yu

生地は薄くパリッとしていて、中はもっちり、しっとり。甘すぎず、ほのかにチーズの風味を感じられ、ホッとするような美味しさでした。

■詳細情報
・名称:Cafe Arcada
・住所:Praça do Giraldo 7, 7000-508 Évora
・地図:
・電話番号:21 425 9350
・公式サイトURL:https://www.facebook.com/Cafe.Arcada.Evora

ボーロ・レイ(Bolo Rei)


Photo by Shutterstuck
「ボーロ・レイ(Bolo Rei)」とは、ポルトガルでクリスマスから新年の時期に食べられる、ドライフルーツとナッツがたっぷり入った焼き菓子です。その歴史は200年前にも遡るんだとか。11月に入ると、街中のケーキ屋さんで徐々にこのボーロ・レイを見かけるようになり、一気にクリスマス気分が高まります。

ポルトガルでは、クリスマスといえばこのケーキで「このケーキ無くしてクリスマスは迎えられない」と言われるほど、ポルトガル人に愛されているケーキなんです。

私は、もともとドライフルーツやナッツを使った焼き菓子が好きなので、冬になると近所のケーキ屋さんでボーロ・レイを買い、3時のおやつにして毎日食べていました。

おすすめのお店「Cafetaria Picasso」


photo by Yu

高級ショップが立ち並ぶ、リスボンのリベルダーデ大通りから、横道に入ったところにある「Cafetaria Picasso」。リベルダーデ通り沿いには、高級感溢れる最先端のカフェが立ち並ぶのですが、こちらのお店は近場で仕事をする人たちが集う、とても庶民的なカフェです。


photo by Yu

たまたま車を停めたところの近くにあり、休憩がてら入ったのですが、大きなショーケースにはずらりとケーキやパンが並び、圧巻の一言。ふとショーケースの横を見ると、たくさんのボーロ・レイが!着席して注文したケーキがどれも美味しかったので、試しに購入してみたところ、これがとても美味しかったのです。

冬場にリスボンを訪れる際には、ショッピングのついでに、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:Cafetaria Picasso
・住所:R. Barata Salgueiro 31, 1250-096 Lisboa
・地図:
・営業時間:平日は7:00~19:30、土曜日は7:00~13:00
・定休日:日曜日
・電話番号:21 355 6625
ライター
Yu 元パティシエ&日本語教師

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数28ヵ国。現在ポルトガル領のアゾレス諸島に在住。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング