アンドラ公国 アンドラ・ラ・ベリャ
ライター
SHIHO トラベルライター

旅と猫をこよなく愛し、訪問国は70ヶ国以上。猫が多い町では観光せずに猫を追いかけ回しがち。未承認国家や小国、奇祭や廃墟などマニアックな場所を好むため、写真映えする女子旅にやや憧れを抱いている。

歴史ある伝統的な民家とピレネー山脈の豊かな風景

アンドラ 観光

photo by SHIHO

教会に限らず、アンドラ公国の古い建物の屋根には、魚の鱗のような形の平べったい珍しい瓦が使われています。この瓦は山から産出される「粘板岩」という岩が使われているそうです。

アンドラ 観光

photo by SHIHO

聖ミケル教会へ向かう途中では、緑が茂る丘に草を喰む馬、石造りの伝統的な住居、と日本とはまた違った田舎の風景も見ることができ、あらためてヨーロッパの山に来ているということが実感できます。

 

海外のゲレンデでスノーボード!

アンドラ公国では冬にはスキー、スノーボードのアクティビティを楽しめます。私はカニーリョ村と、スルデウ(ソルデュ)村の2ヶ所で、海外では初めてのスノーボードを体験しました。

 

カリーニョのゲレンデ

アンドラ公国 カニーリョ ゲレンデ

カニーリョのゲレンデ photo by SHIHO

どちらのゲレンデもシステムは日本と同じで、ウェアから板までレンタルできます。リフト券も1日券や半日券があり、リフトの最終運行時間さえ気をつけておけば、特に困ることはないでしょう。

海外のゲレンデで滑っているというだけで楽しくなるので、冬にこの国に行くのであればぜひチャレンジしてみてください。冬に行けない方も、夏は緑豊かな風景を見ながらのトレッキングも楽しめるそうですよ。

アンドラ公国 カニーリョ ゲレンデ

カリーニョのゲレンデ photo by SHIHO

ゲレンデで食事をしていると、突如踊りだす人々が。最初は3人くらいだったのですが、どんどん周りの観光客を取り込み、最終的には20人くらいが輪になり歌い、踊っていました。さすが海外!

■カリーニョのゲレンデ
・名称:Grandvalira Estació de Ski Canillo
・住所:canillo
・地図:

・アクセス:アンドラ・ラ・ベリャからバスで約30分。「115 El Moli」で下車。
・公式サイトURL:https://ww2.grandvalira.com/

 

スルデウのゲレンデ

アンドラ公国 スルデウ ゲレンデ

スルデウのゲレ食 photo by SHIHO

ゲレンデレストランでの食事メニューにも驚かされました。こちらはスペインの国民食、パエリア!まさかの大きさに思わず笑ってしまいます。

直径2メートルくらいある大きな鉄板で作られるパエリアは、調理している人も力を使います。クワのような鉄製の大きなフライ返しで一生懸命混ぜていました。

■スルデウのゲレンデ
・名称:Grandvalira Estació de Ski Soldeu
・住所:Soldeu
・地図:

・アクセス:アンドラ・ラ・ベリャからバスで約50分、カリーニョからは約15分。観光案内所が町の中心になるので、そこで下車すればOK
・公式サイトURL:https://ww2.grandvalira.com/

 

スルデウのかわいいカフェ、Delbosc Coffee Shop

アンドラ公国 スルデウ 観光

スレデウのゲレ食 photo by SHIHO

スルデウ村には小さな個人経営のかわいいカフェもありました。スキー、スノーボードで疲れた後にはぜひここで甘いスイーツを頂きましょう。

■詳細情報
・名称:Delbosc Coffee Shop
・住所:Plaça del Piol, AD100 Soldeu
・地図:

・アクセス:スルデウ中心部から徒歩数分
・営業時間:8時~18時

 

カリーニョ村の絶景「ミラドール・ロックデルケール」

アンドラ公国 カニーリョ 観光

photo by SHIHO

ゲレンデのあるカニーリョ村で、スキーを楽しむ合間に行っておきたい観光スポットが「ミラドール・ロックデルケール」。丘の上にある展望台では、遠くに広がるピレネー山脈と、カリーニョ村の田園風景を一望できます。

アンドラ公国 カニーリョ 観光

photo by SHIHO

景色が眺められる歩道は、桟橋のように地面から空中へと飛び出しています。橋の数ヶ所はガラス張りになっていて、その上に立つと宙に浮いているようなヒヤッと感。

アンドラ公国 カニーリョ 観光

photo by SHIHO

展望台の先にある銅像は、芸術家ミゲル・アンヘル・ゴンザレス氏の作品です。

私が行ったのは雪が少し残る3月でしたが、緑が広がる春から夏にかけての時期がおすすめ。逆に雪が積もっている冬場だと、ここへ行く山道が通行止めになると案内所の方が教えてくれました。

中心部からミラドール・ロックデルケールに行く途中には、教会も見ることができるので、ぜひ立ち寄りましょう。

アンドラ公国 カニーリョ 観光

photo by SHIHO

山の中にそびえ立つ、伝統的な石造りの教会。

アンドラ公国 カニーリョ 観光

photo by SHIHO

内部に入ることもできました。

アンドラ公国 カニーリョ 観光

photo by SHIHO

掠れた壁画もステンドグラスも雰囲気があって美しかったです。

■詳細情報
・名称:ミラドール・ロックデルケール(Mirador Roc Del Quer)
・住所:canillo
・地図:

・アクセス:アンドラ・ラ・ベリャからバスで約30分。「115 El Moli」で下車。バスは20分間隔である。
・料金:無料
・所要時間:カリーニョ中心部から片道約1時間
・オススメの時期:春~夏
・公式サイトURL:https://visitandorra.com/en/

 

アンドラ公国の詳細情報

アンドラ公国 カウチサーフィン

カウチサーフィンのホストと photo by SHIHO

アンドラ公国はビザは不要、通貨はユーロ、バスなどの交通機関も発達しているので他のヨーロッパ圏と同じ感覚で旅行できます。

 

アンドラ公国へのアクセス

アンドラ公国に空港はありません。

フランスのトゥールーズ(Toulouse)からアンドラ公国の首都までは、バスで約3時間。その他の場所から出るバスもアンドラバス公式ホームページから確認、予約可能です。

 

アンドラ公国のホテル事情

冬はスキーやスノーボード、夏は避暑地として訪れる観光客が多いので、ホテルはたくさんあります。安めのゲストハウスは少ないので、入国前に予約しておいた方がいいでしょう。

また、私が行った冬場だとスキーやスノボのために部屋を借りている外国人の方が、カウチサーフィンのホストとして登録していたので、カウチサーフィンで泊まることも可能でした。

 

素通りはもったいない!絶景が詰まってる「アンドラ公国」

アンドラ公国 観光

ゲレンデのゴンドラから photo by SHIHO

こんなに魅力たっぷりのアンドラ公国、素通りするのは非常にもったいないとは思いませんか?

フランスやスペインに旅行予定がある方だけでなく、アンドラ公国だけの目的でも行って損はない国だと思います。ピレネー山脈の雄大な自然に包まれる、のどかで癒やされる風景があなたを待っていることでしょう。

ライター
SHIHO トラベルライター

旅と猫をこよなく愛し、訪問国は70ヶ国以上。猫が多い町では観光せずに猫を追いかけ回しがち。未承認国家や小国、奇祭や廃墟などマニアックな場所を好むため、写真映えする女子旅にやや憧れを抱いている。

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集

RANKING

人気記事ランキング

EVENT

イベント一覧