ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は航空会社社員に航空券に関する疑問を聞いてきました!

質問:海外の空港だと、航空会社のカウンター周りにキャンセル待ちの人がいる光景を見たことがあります。あれってどういう状況の人たちですか?

飛行機の搭乗を待っている途中、多くの外国人のが何やらカウンター周りに集まっている…。どうやらキャンセル待ちをしているみたいだけど、今どんな状況なんだろう。チケットが取れなかったら乗れないのかな?

そんな疑問を、今回現役航空会社社員の方に質問してきました!

回答:国内線として利用する、現地の人の可能性大です


photo by unsplash
国内線として利用している現地の方という可能性があります。

日本国内でも、オープンチケットや別便予約済チケット(変更可)をお持ちであれば、ゲート傍にある国内線の空席待ちカウンターでお目当ての便をお待ちいただくことができる空港はございます。

 

その他、海外の空港で考えらえるケースとしては、キャンセル待ち目的ではなくゲートコントロールになった座席番号を確認する目的かと思われます。

何らかの事情でチェックイン時に座席番号が振りだせなかったため、搭乗ゲート傍で名前を呼ばれる(モニターに表示される)ことで座席番号がわかることがあります。その確認でカウンター周りに人が集まっているのではないでしょうか。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜航空会社編〜は「航空会社のセールってどういうタイミングで開催されるの?」。お楽しみに!

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング