ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は航空会社社員に航空券に関する疑問を聞いてきました!

質問:航空会社の社員やその家族専用の割引があるって聞いたのですが、本当ですか?

実際に働くCAさんには割引や優待はありそうだけど、家族専用の割引ってあるのかな?どんな時に、どうやって使えるんだろう?

そんな疑問を、航空会社社員の方に質問してきました!

回答:家族割引、ありますよ!


photo by unsplash

航空会社によって優待搭乗制度、体験搭乗制度などの呼び方や福利厚生としての位置づけは異なりますが、通常よりも割引された航空券で搭乗できる制度があるのは事実です。

回数や使用可能な範囲は各航空会社によって異なりますが、割引率が高いものは大抵本人や一親等の親族のみが利用可能で、割引率が低いものは二親等の家族まで利用可能なケースが多いですね。

 

あくまでもお客様が最優先ですので、例え国際線でも当日に空席があった場合にのみ搭乗が可能で、一部の例外を除いて事前の予約はできないことになっています。

また、単なる福利厚生ではなく、自社便に搭乗することで得る気づきや改善点などを社内でフィードバックするシステムもあります。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜航空会社編〜は「同一のエアラインで乗り継ぎ時間が短すぎて飛行機に間に合わなかった…どうすれば良いですか?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング