ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は航空会社社員に航空券に関する疑問を聞いてきました!

質問:5年後の記念日に絶対旅行に行きたい! 何年も先の航空券って予約できますか?

「5年後もまたここに来たいなあ…」そう呟いた彼女のために、サプライズでもう航空券を取って温めておこう!…ってそもそも5年後の航空券の予約って出来るのかなあ?

そんな疑問を航空会社社員の方に質問してきました!

回答:残念ながら何年も後の航空券の予約はできません…


photo by unsplash

例えば、ANAは355日前の午前9時より、JALは330日前の午前10時より予約が可能になります。ほとんどの航空会社が1年弱前からの受付になり、何年も先の予約は承ることができません。

更に、全ての割引運賃が予約受付開始日と同時に設定されるわけではありませんので、お得に購入されたい方は必ずしも発売日と同時に予約するのが最善とは言えません。また、予約受付開始日に予約が可能なのは既にスケジュールが確定した便のみです。

それ以外の便は、スケジュール確定日が予約受付開始日になりますので前述の発売開始日より遅くなります。

最近では旅行会社がいち早くパッケージツアーの販売を開始しているケースもありますが、あくまでも旅行会社のリスクで受付をしています。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング