ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はキャビンアテンダントに航空会社に関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:キャビンアテンダント・Misu

Misu

高校の頃初めての海外がブラジルで、その時に優しい男性CAに出会いこの仕事に興味を持つ。就活で色々な航空会社のCAに応募するが、内定できず。GSにも興味があり、そこで内定をもらったので、関空と成田で計4年国際線のカウンターやゲートで勤務。その後バニラエアのCAに内定し、国内と国際線に2年ほど乗務する。

質問:各社ごとにCAさんのイメージってありますか?CAさんが勤めたい憧れの航空会社はありますか?

現在LCCを含めるとかなり多くの数の航空会社が存在します。そんな航空会社のCAさんには私たちの気づかない会社イメージがあるのでしょうか…?

そこで現役CAのMisuさんに、航空各社のイメージを聞いてみました!

回答:バニラエアは親しみやすさ重視です


Photo by unsplash

バニラは個々のキャラクターを重視している傾向があり、アナウンスを各々工夫したり、親しみやすさを出すため、髪型やメイクも割と自由。安全面のルールは厳しく決まっていますが、サービス面は基本的なルールに沿っていればOKです。

反対にJALは特に統一美を意識していて、髪型や化粧はほぼ統一されています。ANAはJALほど統一美に厳しくはありませんが、仕事内容を覚えるペースが早いので、たくさん勉強する必要があります。

憧れの航空会社はエミレーツやキャセイパシフィック航空で、多国籍のCAと一緒に乗務することができるからです。また、国籍問わず、世界各国の便に乗務できて、色々な国にステイできることが醍醐味だと思います。外資系は日系と比べてフレンドリーでルールも厳しすぎず、働きやすい環境となっています。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜CA編〜は「CAさんやパイロットも機内食を食べているんですか?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング