editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

TABIPPO.NET編集部ライター / ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トップに。現在は複数メディアでフリーのライター兼編集者として活動中。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はキャビンアテンダントに機内の過ごし方に関する疑問を聞いてきました!

 

今回のプロフェッショナル:キャビンアテンダント・Misu

Misu

高校の頃初めての海外がブラジルで、その時に優しい男性CAに出会いこの仕事に興味を持つ。就活で色々な航空会社のCAに応募するが、内定できず。GSにも興味があり、そこで内定をもらったので、関空と成田で計4年国際線のカウンターやゲートで勤務。その後バニラエアのCAに内定し、国内と国際線に2年ほど乗務する。

 

質問:あまり知られていない機内サービスってあるの?

機内には夜食やクッキーがある機内や、最近知ったんだけどボードゲームを提供している機内もあるみたい!実はまだ知られていないサービスってあったりするの?

そこで現役CAのMisuさんに聞いてみました!

 

回答:色々なアイテムを工夫してお客様に楽しんでもらえるよう努めています

LCCなので機内には音楽プレーヤーや新聞、おもちゃなどは搭載していませんが、お子様向けに日本語や英語の絵本は搭載しています。

小さいお子様が搭乗していたら、客室乗務員が絵本を渡しにいったりします。CAによっては、紙コップでおもちゃを作ったり、紙にイラストをかいてお子様と遊ぶ人もいます。

他に、非売品のポストカードかあるので、誕生日や記念日のお客様にプレゼントすることがあります。CAが自ら持参している折り紙などで遊んだり、色々なアイテムを工夫して、お客様にどうすれば楽しんでもらえるか考えながら仕事をしています。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は、弁護士・キャビンアテンダント・医師・航空会社・旅行会社編で順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

TABIPPO.NET編集部ライター / ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トップに。現在は複数メディアでフリーのライター兼編集者として活動中。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事