writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はプロカメラマンにカメラに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラマン・上田優紀さん

上田優紀

1988年和歌山県出身。写真家。京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業。大学卒業後、世界一周の旅へ出発。1年半かけて45カ国を旅周る旅から帰国した後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり世界中の極地を旅しながら撮影を行なっている。2017年CANON SHINES受賞。2018年12月よりキヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪にて個展を実施予定。

質問:予算15万円で一眼レフ初心者におすすめなカメラとレンズの組み合わせを教えて!

カメラってなかなか高くて手が出ない…でも一眼レフが欲しい!予算15万円で初心者でもプロっぽい写真が撮れるカメラってあるのかな?

そこでカメラマンに、質問してきました。

回答:キヤノンかニコンのレンズキットはいかがですか?


photo by unsplash

初心者のかた向けということなのでレンズキットのついた2機種、キヤノンの「EOS 80D EF18-135 IS USM レンズキット」かニコンの「D7500 18-140 VR レンズキット」はいかがでしょうか。

どちらも中級クラスのカメラで基本性能の高さに評判のあり、とてもコスパの良いカメラと言われています。

また、レンズキットはそれほど明るいレンズではありませんが、プロが使うレベルのレンズも装着できるので望遠や広角、もっと明るいレンズなどを追加していけば撮影がさらに楽しくなると思います。

ただ初めての一眼レフであれば、5万円程度でレンズキットも買えるキヤノンのEOS Kiss X9やニコンのD5600などのエントリー機からスタートして、写真にはまっていったら中級機、上級機とあげていく方がおすすめです。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜カメラマン編〜は「海外でカメラが急に故障した!現地で直せる?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事