writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回はプロカメラマンにカメラに関する疑問を聞いてきました!

今回のプロフェッショナル:カメラマン・上田優紀さん

上田優紀

1988年和歌山県出身。写真家。京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業。大学卒業後、世界一周の旅へ出発。1年半かけて45カ国を旅周る旅から帰国した後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり世界中の極地を旅しながら撮影を行なっている。2017年CANON SHINES受賞。2018年12月よりキヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪にて個展を実施予定。

質問:彼女を世界一美しく撮影したいんだけど、コツは?

TwitterやInstagramでみる写真の中には、彼氏が彼女を写した幸せそうな写真が流れてくる…。今回カメラを買ったからぜひ彼女を撮りたいけど、美しい彼女を残したい!コツってあるの?

こんな疑問をカメラマンに、質問してきました。

回答:愛、です。


photo by unsplash

愛、です。

冗談ぽく聞こえるかもしれませんが、写真を撮る時に被写体をどれだけ想っているかというのはとても大切です。彼女の雰囲気や良いところを撮影したい、写真を見て喜んでもらいたい、そんな気持ちは間違いなく写真を美しくします。

 

あえて撮影のコツを言うなら、まずは光を意識すること。例えば、可愛い彼女であれば逆光を使うことで柔らかい雰囲気の写真を撮ることができます。その時はプラス補正やストロボを使って顔が黒く潰れないようにしましょう。

逆に陰影を意識し、コントラストの強い光を演出すれば彼女のかっこ良さを表現することができます。光をコントロールすることで彼女の雰囲気や魅力的なところを引き出してあげれば、あなたにしか撮れない世界一の写真になると思います。

一応、念の為に言っておきますが僕ははじめてカメラを買ってから彼女がいないので、もしかしたら違うかもしれません。

 

次回のプロフェッショナルに聞いてみよう〜カメラマン編〜は「iPhoneXか一眼レフのどちらかを買いたい。プロカメラマン的にどう思う?」。お楽しみに!

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

writer
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事